どんぐり日記
燻製作り
2017-11-01 (水) | 編集
週末は台風のおかげで予定していた里山キャンプが2つなくなってしまいました
その代わり、燻製作りだけやりました。
作り方は、段ボールに以下のようにバーベキュー用の串を刺して網を載せるだけ。

fc2blog_20171101114648a71.jpg

2段作って下の段にカシューナッツを、上の段にチーズをのせて完成!
超簡単!

fc2blog_20171101111835c25.jpg

燻製用の箱は2つ作って、りんごの木のチップとナラ材のチップをそれぞれ燻しました。
30分後、蓋を開けてみると・・・・
めっちゃおいしそう!!

fc2blog_2017110111191491f.jpg

娘はナラ材のチップで燻した方があっさりしていて好きとのことです。
私はりんごチップの方が濃厚な味がして好きだったかも。
カシューナッツは、燻しただけでこんなに味が深くなるんだ!という感じで最高においしかった・・・。
こちらはナラ材の方が合うかも?
ダッチオーブンでも燻製はできるんですが、結構鍋に匂いがつくらしいので
段ボールの方がいいなと思いました。
あまりにも簡単すぎたので、今度家でスモークサーモンをやってみたいと思います。
6MX02
2017-10-26 (木) | 編集
2017年10月25日(小5, どんぐり歴5年9ヶ月)
(6MX02, 正解)

モグモグは地底散歩をしていた時に、原子力発電の燃料になるウランを見つけたので、
電力会社に売ることにしました。
8億円で売ろうとしたのですが、高くても売れるかなと思って
最初の値段の2割増しの値段を定価として付けました。
ところが売れないので、定価の3割引で売りました。
では、売った値段を求めてみましょう。

6MX02s.jpg

さらっと正解してしまったのですが、考えたことを全て絵図化できてません
本人はこれでも絵図化したつもりのようですが、これはいけませんね・・・。
計算式を見るときちんとできているので、頭の中で展開が見えてしまったのかなと思います。
どんぐり卒業までは丁寧に絵図化するよう、次回の注意点とします。

問題を選ぶ時に、「ウランってキュリー夫人の?何色なんだろう?」と言ってました。
モグモグは地下を掘っている途中で見つけた金貨などの宝物を地下の倉庫にしまい、ドアに鍵をかけているのだそうです。

モグモグが9億6千万を提示したときは、電力会社が首を振ってバツを、
6億7千2百万を提示した時は、マルのポーズをしているのが笑えます(笑)

6MX02z.jpg
6MX51
2017-10-24 (火) | 編集
2017年10月23日(小5, どんぐり歴5年9ヶ月)
(6MX51, 正解)

ウナギダ小学校では、みんなで夏休みに北極へ修学旅行に行きます。
この小学校の生徒は50%が女の子です。
今度の修学旅行には女の子の90%、男の子の80%が参加します。
今回の修学旅行に参加しない男の子が10人だとすると、
参加する生徒は男の子何人、女の子何人でしょう。

6MX51s.jpg

文章をそのまま、イメージした通り素直に絵にしたら答えが見えた、という感じです。
すぐにできて、今日もとても楽しそうにやってました。
まだ割合も百分率も習っていませんが、このタイプの問題が好きみたいです。

問題選びの時に、「えっ、夏休みに北極って・・・(汗)」と言っていたので、
終わってからなぜそんなことを言ったのか聞いてみたんです。すると、
暑い夏に寒い寒い北極に行くなんて、分厚い服を持っていかなきゃいけないじゃないかー!
と思ったからだそうです(笑)

それで、北極に分厚い服を持っていかなくて済むような設定、つまり
ウナギダ小学校の生徒は、寒い星のウナギダ星に住んでいるウナギダ星人ということにしています。
普段から寒さに慣れているので、北極に行っても薄着で済むのだそうです(笑)

左上のホッキョクグマは下の大きな流氷の一部(右上の欠けている部分)が割れて
流されてしまい困っているのだと言ってました。
他にも大きな氷の一部が欠けて水が噴き出していたりと場面設定が細かいです(^^;;;
6MX12
2017-10-21 (土) | 編集
2017年10月20日(小5, どんぐり歴5年9ヶ月)
(6MX12, 正解)

ダンゴムシ男君のクラス36人のうち、昨日は25%の人が欠席していたそうですが、
今日は昨日欠席した人の3分の1が良くなって出て来ました。
今日の出席人数は何人でしょう。

6MX12s.jpg

「ダンゴムシ男君のクラス36人のうち」の文だけで20分くらいかけて左ページのイラストを描きました。
そして何度も「楽しい~」といいながら問題を解いていました。
割合は未習事項でしたが、すぐにできました。
昨日の欠席人数は「今まで(のどんぐり問題)で100の1/4は25、ってわかってたから36人の1/4だと思った」
そうです。
問題終了後には、色塗りを楽しみました。

作品には登場人物一人一人の大きさや顔の表情、
そしてそれぞれの様子までもが細部にわたって描かれています。
まつ毛があるのが女の子だそうです。
5MX55
2017-10-18 (水) | 編集
2017年10月14,16,17日(小5, どんぐり歴5年9ヶ月)
(5MX55, 正解)

ここは何でも屋さんです。ここでは、お星様がよく売れます。
値段は、赤いお星様3個と黄色いお星様7個で480円、
赤いお星様5個と黄色いお星様5個で400円です。
では、赤いお星様6個と黄色いお星様2個だと代金は幾らでしょう。
同じ色のお星様は大きさが違っていても値段は同じです。

5MX55s.jpg

5MX55-2s.jpg

最初はいつものように、黄星の一部を赤星2つ分欠けさせて考えてました。
赤2つ分が欠けた黄星2つで80円(黄星2つは赤星2つより80円高い)までわかりました。
ところが、今までの問題だったら2種類の片方だけは違いが1つ分なのに、
今回はどちらも違いが2つ分ずつになので、
ここでわかりにくくなったのだと思います。(※一部記載が間違えていたので文を書きなおしました)
考え方を変えて、赤3+黄7を2倍にして考えたりもしています。

色々と悩んでいましたが最後急にひらめいたらしく、
「赤いお星様5個と黄色いお星様5個で400円」の絵図を並べて絵図化しました。(下写真)
すると赤1+黄1=80円がわかる。

5MX55-z.jpg

この80円を赤3+黄7の絵図に当てはめると黄1つは60円。
ひらめいてから10分ほどで答えが出ました。
問題後に「最初からこれで考えたらよかったのに、わざわざ難しい考え方をしていたんだよー。」
と言ってました(笑)

遠回りしてしまいましたがその分、いろいろ考えたことで思考回路も増えて
かえってよかったのではないかと思っています。
「もうちょっと頑張ってみる」と言って粘り強く考えていたところもよかったです。
5MX38
2017-10-11 (水) | 編集
2017年10月10日(小5, どんぐり歴5年9ヶ月)
(5MX38, 正解)

ヒカルぴょんの家のチェリーちゃんが今日はカレーを作ります。
1本109gの人参21本、1個129gのジャガ芋17個、お肉2kg300g、
カレールー600g、水6kgで5時間かけてジックリ作ります。
12分で9gの水が蒸発すると考えて、出来上がりのカレーの重さを求めましょう。

5MX38s.jpg

丁寧に考えて解くことができました。

問題中にこんなことを言ってました。
問題文の”人参21本”の所を聞いたときに、
「21本!?だいぶ使うな~」

”5時間かけてジックリ作ります”のところでは、
「だいぶ入れないといけないのに、そんな大きい鍋ないよ」

本当はもっと大きく鍋を描きたかったのだけれど、あまり大きく描くと
他のことを書くスペースが足りなくなってしまうので小さく描いたのだそうです。

単位換算表を書くとき、いつもノートのギリギリ左端を”キロ”にしていたのだけど、
更に上の位があった時に書けないときがあったから、今回は最初から左端を一つあけておいたのだそうです。
するとちょうどそこを使うことになったから空けておいてよかった、と言ってました(笑)

ヒカルぴょんもチェリーちゃんも、うさぎをイメージしたとのこと。
今回、計算式は思考の流れがわかるように考えて書けていたのがよかったと思います。
「9gの水が蒸発する絵」もわかりやすく描けました。
5MX92
2017-10-06 (金) | 編集
2017年10月4日(小5, どんぐり歴5年9ヶ月)
(5MX92, わからん帳行き)

赤亀親子3匹と白亀親子3匹が亀丸フード食べ競争をしました。
赤亀のお父さんは子亀の3倍、お母さんはお父さんの3/4倍食べました。
一方、白亀のお父さんは子亀の5/2倍、お母さんはお父さんの4/5倍食べました。
また、赤子亀は白子亀の7/8倍を食べました。
では、赤亀のお父さんは、白亀のお母さんの何倍の亀丸フードを食べたのでしょうか。

5MX92s.jpg

正しい答えを出したのですが、最後に確認したときにミスをしてしまいました。
ですが、内容は非常によかったと思います。
見たことのないオリジナル筆算が登場しました(笑)

赤子:
赤父:●●●
赤母:●●+0.25のカケラの絵図 (3÷4=0.75, 0.75x3=2.25)

白子:
白父: (←白子の1/2が5個の絵図)
白母:○○

赤子はこの絵図のままを8分割し、うち7つに赤の斜線。7/8とメモ。
赤父は3つ。だから21/8とわかる。
白子の が8/8。白母は○○なので16/8。

次に21/8÷16/8をしようとします。
でもまだ分数の割り算は習っていません。
そこでどうしたかというと、オリジナル筆算でこれを計算するという作戦に出ました(笑)
 ↓↓↓
5MX92zs.jpg
<この筆算の解説>
 21/8の中に16/8は1つなので、まず1をたてる。
 21/8-16/8=5/8
 1の横に小数点をつける。
 位が一つ下がるので5/8の分子5の横に0をつけ、50/8にする。次は3を立てて48/8を引く、、、
 という流れで解いています。
 こんな分数の筆算ですが、ちゃんとできていて驚きました(笑)

この計算途中で結局21÷16をしているな、ということに気が付いたのか(?)
右ページ上に21÷16の筆算をして1.3125と正しく答えを出しました。

ここで疲れたらしく、最後通しと答えを書くのを残して1時間ほど休憩。
が、この後見るからにやる気をなくしていたのに、あともう少しだから、と私がやらせてしまったんです(←これがいけませんでしたね)。
そのためか、何をやっていたのかわからなくなってしまったようで、筆算をバツしたりしておかしな答えになってしまいました。

でも、白子を基準にした思考の過程や、きちんと絵図で考えられていること、
分数同士の割り算を筆算で計算するというオリジナルの工夫、どれも内容はよかったと思いました。
最後の詰めが甘くなってしまったのは、私の失敗だと思っています。
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記