どんぐり日記
視考力
2013-09-18 (水) | 編集
娘は学校で17+2や18-4などの、繰り上がり、繰り下がりのない足し算引き算を習っています。
学校では20個のブロックを並べて数えているらしいのですが、どう考えたってデンタ君の方がわかりやすい、と娘がいいます。

今、指での体感計算がほぼできるようになったので、デンタ君2号をつかって1日1~2題のみ、丁寧にやらせています。5本の指の感覚がだいぶつかめてきているようです。

昨日、娘がこんなことを言いました。
娘「6+6は12だよ」
私「なんでわかるの」
娘「だって5のかたまり2つで10、のこり1が2つで全部で12でしょ」

まだ習っていない繰り上がりのたしざん。こんなことまでわかるようになるのね。。。
それより、きちんとデンタ君で考えていることがわかって一安心です。

ちなみに我が家のデンタ君2号は、紙に描いたデンタ君2号の絵を透明なクリアファイルで挟んだものです。どんぐりをされている方のブログを参考に作りました。
ホワイトボード用マーカーを使えば、デンタ君の指に色を塗ったり消したりもできる優れもの(?)です。
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記