どんぐり日記
5MX95
2017-06-21 (水) | 編集
2017年6月19日(小5, どんぐり歴5年5ヶ月)
(5MX95, 正解) 

河童のアッパ君とガッパ君は、毎日雨の滴を赤池と青池と白池に集めています。
アッパ君は集めた雨の滴の4割を赤池に、5割を青池に、残りを白池に集めます。
ガッパ君は滴の2割を赤池に、3割を青池に、残りを白池に集めます。
今日、赤池に集まった滴はガッパ君の滴がアッパ君の滴の2倍だったそうです。
では、今日ガッパ君が白池に集めた滴はアッパ君が青池に集めた滴の何倍だったでしょうか。

5MX95s.jpg

アッパ君、ガッパ君は最初にそれぞれ10ずつ滴を描き、
それを各池に問題文通りに振り分けました。(ガッパ君ははじめ白抜きの滴で振り分けています)
赤池の滴は、ガッパ君がアッパ君の2倍。
絵を見て、ガッパ君の滴1つ(白抜きの滴)につき4倍すれば、
合計がアッパ君の2倍になることがわかった。
なので青、白池も、滴1つにつきそれぞれ4倍の滴(中に色を塗っている方)に描きかえました。
最後にアッパ君の青池の滴とガッパ君の白池の滴(黒塗りの滴)の数を
それぞれ数えて20÷5として答えを求めました。

これなんですが、実は私は赤池ならガッパ君の滴2つ分を4倍したんです。つまり
赤池なら2x4=8。
青池3x4=12、
白池5x4=20

ところが娘は、滴1つにつき4倍と考えています。娘の思考は
赤池(1x4)+(1x4)=8、
青池(1x4)+(1x4)+(1x4)=12
白池(1x4)+(1x4)+(1x4)+(1x4)+(1x4)=20
だったんです。
これは面白い考え方だなと思いました。

今回、もくもくとやっていた、という感じです。
1回鉛筆が止まっている場面があったけれど、その時も絵をじっと見て考えていました。
楽しく・・とまではいかなかったような気がするのですが、
特に悩むこともなく集中して考えられていたと思います。

問題終了後はいつものように色塗りと絵を少し追加。
ここはとっても楽しそうでした。
「河童はひょうたんを持ってるんだよね~」
「ハスの花はいつ咲くんだったっけ?」
と言いながら、河童の手にひょうたんの絵を加えたり、蓮の花を書き加えたりしていました。

後で娘にこの問題難しかったか聞いたら
「ふつう。」
だそうです^ ^;
ただ、「おもしろそうだなと思ってこの問題を選んだ」と言ってました。
何割は未習事項だったけれど、理解していました。

糸山先生のブログでこの5MX95についての記事がありました→健全な教育
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記