どんぐり日記
お米最終章。
2016-11-22 (火) | 編集
5月に田植えをし、先月刈り取りをした稲。
里山の谷間のような場所に田んぼがあることと無農薬のため、通常の1/3~1/4ほどの収穫量でした。
一番娘が楽しくやっていたのは刈り取り作業。
こういう時娘は、黙ってもくもくとやっています(笑) 
どんぐり問題をするときにいつも欲しい。この集中力・・・。

fc2blog_20161121171755534.jpg

麻ひもでまとめて縛って、はさがけしました。
はさがけの台は、里山に生えている竹を切って、自分達で作ったものです。
これで約二週間乾燥させました。

fc2blog_20161121171908cc8.jpg

今回は、乾燥させた稲の半分を残しておいてもらったので、足踏み脱穀機で脱穀します。
1人が踏む役、1人が苗を持つ役と分担すれば簡単なのですが、
そこは昔の人の苦労も知るために1人ずつやりました。
この前蕎麦の実を脱穀した足踏み脱穀機とは違うもので、
「こっちのほうが踏むのが重かった!」と言っていた娘です。
足踏み脱穀機だと小さいのでどこでもできるという面ではメリットですね。
残ったモミは手で取りました(これが大変な作業でした)。

さて、別に既に脱穀&精米してもらっていた米を使っていよいよ料理作りです!
今回のメニューは、里山で収穫した米を使ったご飯と鍋、それから五平餅。

fc2blog_201611211712499b2.jpg

五平餅は、秋田に住む方から教わった作り方なのだそうです。
炊いたご飯に塩、片栗粉を入れて交替でついて。。。

fc2blog_20161121171341e0d.jpg

つくのも丸めるのも、子供にとっては最高に楽しい遊びの時間。

fc2blog_20161121173223fd4.jpg

いろんな具材が入っているのと、大量にダッチオーブンで煮ているので
めちゃめちゃ美味しかったです~。

fc2blog_20161121171457802.jpg

五平餅、娘がかなり気に入った様子でたくさん食べてました。
ご飯も、自分達で作ったと思うだけでもうおいしい。なんというか、幸せな気分。

食後は里山の柿を自分達で収穫して、デザートに食べました。
田植えから収穫までの作業を、メインの部分だけですが一通り、昔の方法で経験できたことは
娘だけでなく私にとってもとても有意義なものとなりました。
きっとこういう苦労した経験は娘の中に染みついていることと思います。

fc2blog_2016112117155111d.jpg
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記