どんぐり日記
4MX56
2016-10-18 (火) | 編集
2016年10月15,16日(小4, どんぐり歴4年9ヶ月)
(4MX56, 正解)

売虎君の時計は3分間で針が1周回るウルトラ時計です。
では、この時計の針が20度進む毎にスペシウム光線を3回発射するならば、
3分間ではスペシウム光線を何回発射することが出来るでしょうか。

4MX56-1s.jpg

4MX56-2s.jpg

これまで娘が自由に問題を選んでいたのですが、難しい問題にもチャレンジしてほしくて
娘と話し合い、週に1回はくじ引きで問題を決めることにしました。
今回はそのくじ引きで決めた問題です。

(普通の時計でいう)1分の所が6度であることまではすぐに出来ました。
1分を6つに分割し、1つ一つ数えて20(度)になったときマル(光線)を3つ書くという地道な作戦に出ました。
長い試行錯誤ののちに、時計の針が2を指す時、つまり60度のときに光線が9回になることを発見しました。
きりがよいのであとは数えずに、時計の針を2ずつすすめ、マルを9こずつ描いて
光線9回が6かたまりで54回と答えました。
画像2枚目時計の中の茶色の線で書いたものが正しいとのことです。

これは2日に分けてやってます。途中ため息を何度もついて3回も休憩しましたが、
最後まであきらめず、粘り強くできました。
「最初、数え間違いをしていた」のだそうです。

私が思考の後追いをしていると、「あっ、1分が6度っていうことは10秒は1度か!」
と独り言を言っていました。

塾などで教えてもらっている子がこのような娘の考え方を見たら、何と遠回りした考え方だ
と思うことでしょう。
でもこういう自分の力だけで考えた遠回りした考えこそが思考回路を作っていくのです。
今回の作品でも娘は自分で色々なことを発見しています。忍耐力もついてきました。
私はとてもよかったと思いました。
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記