どんぐり日記
5MX00
2016-07-04 (月) | 編集
2016年7月2日(小4, どんぐり歴4年6ヶ月)
(5MX00, 正解)

ムーリー君は1時間で20cm進み、ローリー君は2時間で50cm進みます。
ムーリー君は5m離れたお店へ、ローリー君は6m離れたお店へそれぞれお使いに行きます。
では、どちらがどれくらい速く帰ってくるでしょうか。

5MX00s.jpg

ムーリー君は1m進むとき5時間かかる。
5mは5(時間)X5(m)=25時間。
ローリー君は1m進むとき4時間かかる。
6mは4(時間)X6(m)=24時間。
往復なので
25+25=50、24+24=48
50-48=2 

としました。

このところずっと、娘は絵図→計算式のところを悩んでいます。
絵図、筆算、答えはOKなのですが、この日のように計算式をどう書いたらいいかわからないときがあるそうです。
計算式に書かれていたのは
25+25=50
24+24=48
50-48=2
だけでした。

25時間は5x5=25の筆算があるので、ここを計算式にするように声掛けすればいいと思うのですが、
1m進んだ時の”5時間”が問題です。
これは問題文にはない数字なので、計算式にする必要があると思うのです。
ですが娘はこの5時間は、絵図にして指差しで数えて出しているんです。
ですので、ここをどう計算式にすればいいのかわからないそうです。

私もここはどのように声掛けしてあげればいいのか、それともこれを計算式にして添えてあげるといいのか
悩んでいたのですが、よくわからなかったのと余計なことをしていたらダメだと思って結局何も言いませんでした。(娘の絵図を計算式にするとすると、20X5=100、 1(時間) X 5=5(時間)となるのでしょうか?)

問題文を選ぶとき、文章を読みながら、「えっ、遅っ!」と言ってました(笑)
ムーリー君とローリー君の家は、八百屋さんです。
魚屋さんに行く道中に泥があって、車がその上を通ったのでタイヤの跡が道路に残っているのだそうです。
ムーリー君たちの、買いものリストのメモがいいですね^^



******
追記:添削例を検索していて気が付きました。計算式ではなく、
20cm→1時間
100cm(1m)→5時間
とすればいいようですね。
これは添削として問題後に、何も言わずに娘の絵図をこのように算数の言葉に表現してあげるといいのかな?
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記