どんぐり日記
4MX66
2016-06-27 (月) | 編集
2016年6月23日(小4, どんぐり歴4年5ヶ月)
(4MX66, 正解)

売虎君が使っている時計は、3分で長い針が1周りするウルトラ時計です。
売虎君のお昼ご飯はいつもウルトラ饅頭です。売虎君はいつも長い針が
30度進むごとにウルトラ饅頭を2個ずつ食べます。
今日は、お昼ご飯に2分15秒をかけて饅頭を食べました。
今日の売虎君のお昼ご飯は何個のウルトラ饅頭だったでしょう。

4MX66s.jpg

これはすぐにできました。
3分で長針が1周するということは、半分の1分30秒で半周する。
1分30秒を3つに分けると30秒、30秒、30秒になるから、時計の針が2進むと30秒、1つ進むと15秒とわかる。
そのため、針が9の時に2分15秒だとわかった。
時計の針が1のところが30度。あとは饅頭の絵を時計に描きこんで答えを求めました。

3分時計なので、あえて時計には12や1などの数字を描きこまなかったそうです。
時計の針が1を指すときに角度が30度だというのは、もう最初からわかっていたそうです。これまで何度かウルトラ時計問題をやっていたからだと思います。針が3の時に90度だから3で割って30度、という考え方をしています。
売虎くんはトラのようで、手に鎖でつけているのがウルトラ時計だそうです。
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記