どんぐり日記
里山キャンプ・田植え
2016-05-29 (日) | 編集
この間の里山は田植えでした^^

私も娘も田植えは初めての経験でした。
里山らしく、昔ながらの手で植える方法でやります。

一番驚いたのは、苗床ではなく、直播きだったこと!
今は機械で植えるため苗床にモミを蒔きますが、里山では直播きです。



田んぼの両サイドで、植えるポイントとなる目印のついているロープをおじさんが垂らしてくれるので、
それを目安に植えていきました。
私たちを含め、ほとんどの参加者が裸足で参加しました。

裸足で入ると、泥土の感触がそのまま足に伝わってきます。
一度足で踏んだところは泥土が深く沈むので、なるべく植えるポイントは踏まないようにすること、
踏んでしまったところは泥土をかぶせて苗を植えること、
植える間隔が狭すぎても広すぎてもダメなこと、
苗の持ち方、植えるときの手の感触、
農家の人にとっては当たり前のことばかりでしょうが、私たちにとっては全てが新鮮な体験でした。

植えている途中、クモやカエルやアメンボに出会い、子供たちは大喜びです。

taue.jpg

植えている方向から見るとバラバラと見えていたのですが、横から見るとこのとおり。
手で植えたとは思えないほど、まっすぐです!!



田植えで泥だらけになった後は、そのまますぐ近くの小川に行って川遊び。
自然に汚れは取れました(笑)

苗はできるだけ無農薬で育てていくそうです。その代わり、収穫量は農薬を使う場合よりは減るだろうとのこと。
しばらくおじさん達が管理してくれます。
無事に成長していってくれるでしょうか。
今から刈り取りがとっても楽しみです!
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記