どんぐり日記
3MX82
2016-05-09 (月) | 編集
2016年4月27日(小4, どんぐり歴4年3ヶ月)
(3MX82, 正解)

朝早く目覚めたハム太郎は、どういうわけか、突然もっと筋肉を付けようと思い、
どうしたら筋肉が付くのかを色々と調べました。
その結果、筋肉豆腐の半分が蛋白質で、その蛋白質の半分の半分が筋肉になることをつきとめました。
では、100gの筋肉を付けるには筋肉豆腐を何グラム食べるとよいでしょう。

3MX82s_20160508112334e7e.jpg

不思議な不思議な筋肉豆腐問題。
これまでも類題で正解はしていたのですが、逆算で答えを出したことがありませんでした。
ところが今回は当然のように逆算で答えを出しました。

色々考えていたのですが、この問題の類題の前回の作品をよく見ると、
最後、筋肉豆腐400gのとき→筋肉100gと出し、そこで絵の中の筋肉の部分に「100g」と書き込んでいるんです。
これが視覚的にわかりやすくなっているので、もしかしたらこの絵を描いたことで脳がその後思考回路を整頓しておいてくれて、今回の結果に繋がったのかな?と考えています。
(違うかもしれませんが・・・)

これまでなぜ逆算で答えを出さないのだろうか、とずっとすっきりしない気持ちでいたのですが、
その私の考え自体が間違いですね。
答え方は一つではないし、こういう遠回りが思考回路を作っていくのですから。

自由な発想で子供が”独自”に進化していく過程を見せてもらっていく中で、
子供はみな天才であること、そして教えないことがどれだけ重要であるかということに気がつかされる毎日です。

朝が早いからか、布団から出たばかりで眠そうにしているハム太郎、
まだ布団で眠っている弟のハム次郎、そして窓の外には登り始めた太陽の絵が描かれています。

オリジナリティ溢れる、素晴らしい作品に出会えるよう、
これからも子供の邪魔をせずに見守っていきたいと思います。
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記