どんぐり日記
4MX57
2016-04-22 (金) | 編集
2016年4月21日(小4, どんぐり歴4年3ヶ月)
(4MX57, 正解)

ハムラビ小学校では、毎日楔形文字の書取練習が100字宿題になっています。
宿題は1週間分をまとめて月曜日に出します。
今週は、まだ5分の3しか書いていないとすると、
今週中に書かなければいけない楔形文字の残りは何字でしょう。

4MX57s.jpg

「楔形文字」がわからないということで、簡単に説明しました。
この問題はなんだかあっという間にできてしまいました。
問題後に作品を見るとこんな筆算が・・。
 ↓
4x10=40
40x7=280

?????
40X7はともかくとして、4X10ってなんだそりゃ??
しかも筆算はたったのこれだけ。
これ、私と全然違う考え方をしていたから最初は全くの謎で・・・


さて、その謎を解き明かしてみると、以下の通りとなります。
娘は3/5を、まさかの指を使って考えていました

まず縦10x横10の、100マスある紙の絵を描く。
この紙の縦1行は10マス。
10ということは指10本が使える→両手の指を広げる。
まず、片手を見ると指は5本。
3/5は指5本のうち3本。
今度は両手を合わせて、右手の甲を正面に向ける。
(こうして見ると左右の指が重なって5本に見えて考えやすいから)
(重ねた指の)10本では親指、人差し指、中指の計6本が3/5だ。
だから10マスの3/5は6マス分だとわかった。

さきほど描いた紙1日分の絵の縦6X横10マス分を赤で囲む(100の3/5)。
残りの部分は縦4x横10=40文字。
一週間分だから40x7=280。
だから280文字と答えた。

だそうです。
この変わった解き方(私にとっては)、そして何も教えていないのに
3/5=6/10だということも指で理解していたのにはちょっと驚きです。
指って、こんなことにも使えるんですね~。
そういえば、2年生の時にもよく似た感じで指を使って答えを出したことがありました。
その時の記事→2MX28

くるるさんが、ブログ
「教えないでいると子供は独自に進化していきます」
という記事を書いていらっしゃいましたが、本当にその通りで、
これこそがどんぐりの醍醐味なのだなあと感じます。
いかに教えないことが大切か、改めて実感できる作品となりました^^

ハムラビ小学校の生徒は、ハムちゃんとラビットくん、お肉くんだそうです。
先生はハムとラビットが合体したハムラビ先生とのことです(笑)
楔形文字の書取練習が大変そうですね^^;
100マスが100個になっていないところがあります
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記