どんぐり日記
1MX62(わからん帳問題)
2016-04-07 (木) | 編集
2016年4月6日(小4, どんぐり歴4年3ヶ月)
1MX62, 正解 (わからん帳問題)

朝早く目覚めたハム次郎は、どういうわけか、突然、もっと筋肉を付けようと思い、
どうしたら筋肉が付くのかを色々調べました。
その結果、筋肉豆腐の半分が蛋白質で、その蛋白質の半分が筋肉になることをつきとめました。
では、100gの筋肉を付けるには筋肉豆腐を何グラム食べるとよいでしょう。

1MX62s.jpg

なぜかスッキリしない筋肉豆腐問題。
今回は「100gの筋肉」が筋肉豆腐の中の筋肉の部分だ、とはっきり分かっていました。
今までそこがずっとわからなかったんです。
考え方ですが、

豆腐100gのとき→筋肉は1/4で25g
豆腐200gのとき→筋肉50g
豆腐300gのとき→筋肉75g
豆腐400gのとき→筋肉100g

としています。
200g以降は豆腐の1/4という考え方ではなく、豆腐100gにつき筋肉25gを増やしていったそうです。
要は 等差で考えた(?)ということなのかな。

番号違いの同じ問題の前回も同じような考え方をしているんです。
もちろん、これはこれでいいと思います。
でも私にとっては100x4という考え方ではなかったのが少し気になっています。

これまでに例えばこの問題で逆算はできているのに、なぜこの問題はこういう考え方をするのか。
こういったところになんだか筋肉豆腐問題の奥深さを感じます。

ハム次郎といえば、ハム。
ハムといえば豚肉。
豚肉といえばブタ。
だからハム次郎はブタさんなのだそうです(笑)
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記