どんぐり日記
3MX50
2016-02-12 (金) | 編集
2016年1月23日、2月2日、10日(小3, どんぐり歴4年1ヶ月)
(3MX50, わからん帳行き)

赤蛇君と青蛇君が、直径1kmの円形をした運動場を2周します。
赤蛇君は1周目を30秒ごとに100m進み、2周目は50秒ごとに150m進みます。
一方、青蛇君は2周とも40秒ごとに120m進みます。
では二人がゴールする時間差はどれくらいになりますか。
円形運動場の1周の距離は直径×3で計算できることにします。
※(本当は×3.14で~す)


この問題は3日に分けてやりました。
1日目
3MX50-1s_20160212104636a1e.jpg

2日目&3日目
3MX50-2s_2016021210463927a.jpg

3日目
3MX50-3s_20160212104652057.jpg

この問題を選んだのはいいのだけれど、思ったより難しかったようで
1日目はやる気が途中でなくなり途中終了。
2日目は1時間ほど考えて、続きは今度やるということで3日目に続きをしました。

この問題は複雑で日を空けると前にどこまで計算したのか、何をやっていたのか
わかりにくかったようです。
3日目は、2日目に描いた絵図の隣に絵図を描きなおしたり、横に筆算を書いたり、
ごちゃごちゃになってしまいました。
また、最初に赤蛇と青蛇の時間と距離の関係を絵図ではなく表にしてしまっています。

1周が3km、2周で6kmはわかっているようです。
赤蛇君1周目180秒→600m
2周目300秒→900m
ここまでの合計480秒→1500m

青蛇君480秒→1440m

までの思考の後追いが出来たのですが、この後どうしたのかはまだ解析中です

色々と工夫の跡は見られるのですが、最後の方は写真2枚目に書かれているように
絵図ではなく筆算に走ってしまっていて、1周目なのか秒なのかmなのかわからなくなって
この辺でミスしたのだと思います。
現在学校では3ケタ×2ケタの筆算ばかりをやっているので、その辺も影響してるのかな・・・。

もう少し、絵図を整理して描くこと、丁寧に計算することも課題です。
最後まで頑張ったけれど、思考の忍耐力もまだまだだなと思いました。
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記