どんぐり日記
3MX94
2016-01-14 (木) | 編集
2016年1月13日(小3, どんぐり歴4年0ヶ月)
(3MX94, わからん帳行き)

朝太郎は、朝のコーヒーを飲んでいる時に、ふとアメを食べたくなり
200秒で11個のアメ玉を作る事ができる
自動アメ玉製造機を発明しました。
それでは、この製造機が2時間で作る事ができるアメ玉の数と、
その数の百の位の数字を十の位にして、十の位の数字を一の位にして、
一の位の数字を百の位にした数の差は幾つになるでしょう。

3MX94s.jpg

長い棒線に200秒ずつ記入して1時間まで書きました。
その上から300秒(5分)きざみで60分であることを確認しているようです。
この絵図から1時間では200秒のラインが18個あることがわかりました。
2時間は2倍なので18×2。
ところがこれをを暗算していて、うっかりしたのかよくわからないのですが、
36なのに28とミスしました

2時間で28(←計算ミスですが)だからと、11(アメ玉)×28をしようとします。
が、かける数が2ケタの掛け算はまだ習っていません。
そこでどうしたかというと、28を14と14に分解、さらに7のかたまり4つに分解しました。
(この部分↓)
3MX94z.jpg
そして、
11X7=77
77X4=308
としました。
この数字を使って差を求めました。

解答までの道筋はできているし計算の工夫もできていただけに、
暗算での計算ミスがもったいなかったです。
通しの時に自分で確認もしているのに、見落としています。
ちょっとこういううっかりミスが続いていますね・・・。
次回、丁寧に考えることを伝えることにします。
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記