どんぐり日記
パターン学習の行く末。
2015-11-24 (火) | 編集
「7と9(きゃく)が多いな・・・」

「答えを書いてない人もいるやん」

テストを集めるとき、ある問題をチェックしながら担任がつぶやいた言葉。

この前、算数テストの最後の欄にあったこの問題です↓
(これはおまけのような問題でテストの点数には関係ありません)

test1_20151119105104e83.jpg
(※担任の花丸に特徴があるので、赤シートで花丸の一部を隠させてもらってます

子供たちの出来が悪かったからか、テスト後すぐに先生が解説されたそうです。
答えが判明するまでの間、

「え~わからん!こんなの習ってないし!」

「こんなの最高に簡単やろ!9に決まってる!」(←○文を習っている○君)

などのクラスメートの声が飛び交っていたそうです。
学校でやらされる文章題のパターンって、決まっているんです。
こうやって少しでもパターンが違う問題が出ると、こんなことになるのですね・・・。

解説後、担任がこんなことを言ったそうです。

「まあ、これは難しかったからしょうがない。」

いやいやいやいや・・・

そろそろ目を覚ましてほしいのですが・・・。
でも、”難しかったからしょうがない”という考えでは、永遠に気が付かないかもしれませんね。
コメント:
この記事へのコメント:
こんにちは。
難しいから仕方ない…なんですね。
で、結局どんぐりで賢くなっている子どもには「地頭が良い」と締めくくられちゃうのかな…。
パターン学習の弊害、本当に気付かないとまずいですね…。
2015/11/25(水) 15:30 | URL | かりんとう #uB41JtlU[編集]
Re: かりんとうさんへ
かりんとうさん、こんばんは♩

学校の先生はこのことになぜ気がつかないのか、ずっと不思議に思っていたのですが、担任のこの一言で、謎が解けました。

パターン学習ってほんと怖いですね…
早く気がついてほしいけど、これだと多分無理ですね(泣)
2015/11/25(水) 22:14 | URL | Alice #s6Dtjf4U[編集]
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記