どんぐり日記
3MX05
2015-09-22 (火) | 編集
2015年9月21日(小3, どんぐり歴3年8ヶ月)
(3MX05, 正解)

(金曜日に途中で終わった問題の続きをやると思いきや・・・
「違う問題にしたい」とのことで、そちらはまた後日ということになり、この日は3MX05を選びました)

午前11時59分28秒にカタツムリのムーリー君が、いつもの様に学校に向かって歩き始めました。
学校までの距離は丁度100mです。
ムーリー君はいつも10mを5分15秒で歩きます。
では、ムーリー君が学校に着くのは何時何分何秒ですか。

3MX05s.jpg

絵図を描いて、まず分を先に合計する。左に50分と書く。
59分+50分=109分の筆算。
109分は何時間何分か調べるために、10の塊10個と、9を1個に分解。
60を囲って1時間49分とわかる。

次に秒を合計。150秒。
28秒+150秒=178秒の筆算。
178秒を細かく分解。60ずつ囲って1分、1分、58秒と上に書く。
178秒→2分58秒と書く。

そして、ここで
「あれ~何をしようとしてたんだっけ~?」の声が
どうやら何をしようとしたのかわからなくなったみたいです
(複雑な上に、あっちこっちに筆算や絵図があったりしてるからでしょうね)

ここで休憩したいとのことで10分休憩。

この後、もう一度、分の計算から振り返ることにしたようです。
右ページに午前11時59分28秒と書く。
分を足した結果が1時間49分だったことを思い出し、分を49分と書く。
1時間繰り上げて午後12時49分28秒と書く。
秒を足した結果が2分58秒だったので58秒をまず書き、2分足して午後12時51分58秒と答えました。

2年生の時に、これと同じ問題をしています。思考の後追いをしてみたらよくわかっていたのですが、ケアレスミスがありわからん帳に入っています。

今回、秒は絵図を見ながら30-60-90-120-150と指さしで頭の中で計算していたり、
左の時計の秒針が間違っていたり(あとで気がつき右の時計は書き直していますが)、
やっぱり危ない場面がありました。
でも今回は落ち着いて振り返ることができたことがよかったと思います。

丁寧にやってるのですが、こういう、うっかりがある娘。
日常生活でもうっかりした所がよくあるんですよね・・・。
こういうところも直していけるように、私もがんばります。
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記