どんぐり日記
2014年を振り返って。
2014-12-21 (日) | 編集
2014年もいよいよあとわずか。
今年もあっという間に過ぎ去ってしまったような…

去年、2014年の決意として挙げた
「日常生活で怒らない、命令口調を使わない」

ですが、
「怒る」ことはほとんどなくなり、命令口調はこれまでの半分くらいにはなったと自分では思います。

一番大きかったのは、やはり1年生の時に、ピアノを辞めたことでしょう。
私が怒っていたのはほとんどがこのことだったような…。

あれほどピアノを辞めたくない、と言っていた娘でしたが、辞めてみると、一切ピアノを弾かなくなりました。
ピアノは好きではなかったんでしょうね。
遊ぶ時間も増えてのびのびとしてきたようにも思います。

一番スッキリしたのは私だったのかもしれません。もうこれからは練習させなくていいんだ、と思ったら心の中のつかえがとれたような、そんな気持ちになったことだけは間違いありません。
この心の余裕が子育てに対してもプラスに働いたようにも感じました。


来年の目標は、

「娘が行動するより先回りして口出ししない」

です。
娘はゆっくりさんなので、朝の準備でも食事でも全てがゆ~っくり。とにかく時間がかかります。朝の時間がない時は、私がつい口出ししてしまうんですよ…。
環境設定も見直して、口出しをなんとか我慢しようと思います。

来年も、頑張ります。
コメント:
この記事へのコメント:
いっしょー
あははー、一緒です(^_^;)
どんぐり育てなおしでまず手を付けたのが、当時行く・行かないで毎回バトルだったスイミングでした。
その後の気持ちはAliceさんと一緒!!あーこんなにスッキリするならなんでもっと早く辞めなかったんだろうと思いました。
習い事って最初は好きなら・・・とか楽しいなら・・・でスタートするんですが、やっぱり月謝やら先生への気遣い、勘違いの根性なし理論(?)とか結局大人の事情で苦しくなるんですよね。
習い事整理はやってびっくりのおススメ子育て法?だと思います。
2014/12/22(月) 14:01 | URL | acorn #-[編集]
Re:acornさんへ
acornさんもそんなことがあったのですね〜。
そうそう、結局は大人の事情で、っていうの、わかります〜!

私はピアノのレッスンが近づいてくるたびに心のつかえが大きくなっていました。
娘がピアノを辞めたくなかったのは、可愛いドレスを着て発表会に出たい、ただそれだけの理由でした。練習は好きではなかったんです。要は子供がしたくないことを無視してやらせていたんですね。危うく感情破壊を招くところでした。
これも今だから言えることかな〜と思います^_^
2014/12/22(月) 18:58 | URL | Alice #-[編集]
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記