どんぐり日記
路線変更。
2014-11-19 (水) | 編集
以前私がエクセルで作った三角計算のカード、一通り36個を終えてみたのですが、”頭の中でイメージする”という点においては今一つだったような・・・
思い切ってこれをやめて、やり方を変えることにしました。

まだ娘はほとんどのマスをイメージ化できていない印象を受けますが、できていると思われるものも、いくつかあるんです。
先日ピックアップしてみたところ、それが

 2・2・4
 2・5・10
 3・3・9
 4・4・16
 5・5・25
 6・6・36
 9・9・81

の7つ。
これらにほぼ共通しているのは、印象に残りやすいマスである、ということ。
特に、この中でも2・2・4と9・9・81は早くイメージ化できていたように思います。
視算表の最初と最後にあるから特に印象に残りやすかったのかもしれません。

という訳で、こんな風にしてみることにしました。(過去ログも参考にしました)
fc2blog_201411190754189e9.jpg

3・4・12の場合、上の空欄のますの中に、
 左側に一人分の宝(3個)の絵を描く。
 右側に人数(4人)を描く。
 上側に全部の宝(12個)を描く。

(お宝はビー玉だそうです)
36種類一通り終わったら下のますを使って、3と4が表すものが逆になるようにして絵に描いてもらうことにしました。
さらに、「12個の宝を一人分3個にして配ると4人に配れる」「12個の宝を4人で分けると一人分は3個」とわかるように、3こづつお宝を囲ってもらい、それを指さししながら人に移動したり・・ということもしてみました。
(もちろん割り算は教えませんが)
娘に聞いたところ、やはり以前のカードよりこちらのやり方のほうが印象に残りやすいとのこと。

最初は以下の写真のように線をつなげたりもしたのですが、数が多いとごちゃごちゃしてわかりにくい(色を変えたりなどの努力はしてみたのですが・・・)
ですので、線でつながず、指でたどることにしました。

fc2blog_20141119075457a72.jpg

一日1マスのみ。
あとは三角視算表で元の位置を確認。
トイレに貼ってある三角視算表を見て、トイレに行くたび確認。

これでしばらく様子を見たいと思います!!!
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記