どんぐり日記
たぬきのぽんた
2014-11-13 (木) | 編集
先日どんぐり問題をする前に、娘が書いていたお話。
道徳の授業ででてきた登場人物・ぽんたを主人公にして、自分なりのお話を作ったようです。
「出来たよ~」と、娘が読み聞かせしてくれました^^

親ばかですが、ちょっと素敵なお話になっていたので載せてみました。
(画像が見にくいので以下に文章を転記しました)



だい: たぬきのぽんた
さく・え: 娘

ぽんたには、友だちがいます。
うさぎのミーと、くまのクーと、ねこのネミーです。
でも、今日ちょっとしたことがおきたのです。

「サッカーが 一ばんいいぽん。」
「モデルさんごっこがいいぴょん。」
「ふたりともわかってないね~。一ばんは、さかなこうかんニャ。」
「そうそう。さかなこうかんくま。」

でも三人のそうだんがまとまって、ぽんたは

「どうせサッカーができないからだろ」

と、言ってかえってしまいました。

つぎのあさ、ぽんたは、あやまろうとしてちかずいても、みんなはにげていってしまいます。
でも、ぽんたは、ゆうきをだして、こう言いました。

「あのさ、きのうはごめんね。こんどは、みんなの言っていたあそびをしようよ。」

それをきいて、みんなはこたえました。

「今どはサッカーをしようよ」

と言いました。
ぽんたはうちからボールをもってきて、たのしくあそびました。

ponta0.jpg





いつもA4のコピー用紙に書いているので、もうちょっとちゃんとしたスケッチブックなど用意してあげたほうがいいかな・・・。
原稿用紙だと楽しくできないかしら、と思ったり、色々考えています。
それにしても、娘らしい作品だなと思います。
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記