どんぐり日記
2MX76
2014-10-30 (木) | 編集
わからん帳行き(2Mx76 ,どんぐり歴2年9ヶ月)
2014年10月28日(小2)

ここまで順調に絵図で考えられていたどんぐり。
ところが、ついに学校の悪影響を受けていると思われる出来事が・・。

2MX76.jpg

1. カブト君2分10本、カメ君4分8本、タツノオトシゴ君2分で6本の絵はOK。
これらの絵図の横なんですが、なんと10x2=20、8x4=32、6x2=12というおかしな計算式が書いてあり、二重線で消されてありました
問題の後で娘に聞いたところ、書いたすぐ後に間違えた、と思って消したそうです。
・・・が、消したとはいえ、こんな式がでてきたことにとても複雑な気持ちでした。

2. カブト君は2分で10本、1本が200ml 。
200ml が10本で何mlになるか考えようとしたが、200で計算は難しかったので、わかりやすくと思って200を一旦2として計算したそうです。
それで2(分)の下に20、4(分)の下に40・・・と書いていって10分で100と書きました。
(20分なのですが、「10分」と間違えていたようです)

3. カメ君、タツノオトシゴ君も同じようなやり方をしています。
そして、それぞれ10分で出した数字を合計。
60+40+100=200(60が160に見えますが繰り上がりの1を大きく書いてしまったのだそうです)とし、
答え200mlと書きました。(2を200mlに戻すことを忘れていたようです)

4. 自分で確認していてここで「20分」で飲む総量だったことに気がつき、200を2倍して400本と書きました(なぜか単位が”本”になっています)。
ところがここで、「考えたことを絵にするのを忘れた~」と言って、泣き出しました。
これはいつものパターンで、「せっかくここまで描いたのに~」となったのでしょう
1回休憩してお風呂のあとにする、と言ったのででここで一旦終わりました。



お風呂の後、その考えたことを絵にするのかと思いきや、なぜかまた最初から描き始めました。

2MX76-2.jpg

5. 今度はカブト君2(分)→10(本)、4(分)→20(本)、6(分)→30(本)と地道に書いていきます。
10分50本まで書いたところで、「20分はこの10分の本数(50本)を倍にすればいいんだ!」とひらめいたそうで50+50=100としました。

6. カメ君も同様の方法でやります。
ところがカメ君の場合は20分で40本が出たのに、先ほどのカブト君と同じやり方と思ったのか、これを倍にしてしまい80本になってしまいました。

7. タツノオトシゴ君は2分につき6本ずつ足していって、8分を24本と書くところを14本と記載ミスし、次の10分が20本になってしまいました。これも20分は10分の2倍だからと本数を倍にして20+20=40と出します。

8. 牛乳一本200mlだということをすっかり忘れていたようで、それぞれで出した本数を合計して220mlと答えました。



1で書かれてあったおかしな掛け算の式ですが、本人が間違いに気づいて消したとはいえ、学校の悪影響を受けているのだろうな・・・、と思いました。

学校では、九九漬けの毎日です。
算数の宿題プリントは、同じ段ばかりの計算30問と、文章題4~5問が出ています。(全てマシーンの仕事)
この文章題なのですが、例えば
「ジュースを6本ずつ入れたはこが、6はこあります。みんなで何本になるでしょう」
のようなものばかりで、
これ、わざわざ問題文の「6本」「6はこ」にマルをつけ、「何本になるでしょう」に波線を引いてから、計算式を書かなければならないのです
(こんなことを沢山やらせているからイメージで考えず数字しか見ないようになるのでは!?)

ですから、学校でどんなことをやっているのかだいたい想像はついてしまいます。
この辺の学校の悪影響が避けられていないように思いました。

家での対策として、九九の練習はこれまで以上に三角視算表でゆっくり、できるだけ最小限にしようと思います。
九九テストは1段10秒といいながら、先生はストップウォッチで計っているわけではなく適当だそうです。
相当遅い場合や途中に止まった場合を除いてスムーズに正確にさえ言えればどうやら合格のようで、家では正確にゆっくり言うだけの練習にしています。
それと娘には、”絵図を描いて絵図で考えて答えを出す。答えが見えたらその過程を筆算で書く”ということをもう一度じっくり話してみることにしました。

それにしても、こんなことは初めての経験でした。
今後が心配で、この日はほとんど眠れなかった私(涙)。

Gフォレストの金森先生がブログで、学校の弊害で悩んでいらっしゃるどんぐりママさんにこんなコメントをされていました。
金森先生のブログより引用させていただきました)

まあ小6で卒業するまで、ずっと順調にいかなくて当たり前ですよ。
山あり谷あり、それでも高い山に楽しそうに登っていきますよ♪


そうでした。悩んでいても仕方ないのですよね。順調に行かなくて当たり前。
この言葉に私も元気をいただきました(^_^)
コメント:
この記事へのコメント:
Aliceさん こんにちは♪
丁度1年前、娘が九九を始めたころ、どんぐり問題がさっぱりという時期がありました。
糸山先生に「何かありましたか?」と聞かれるまで呑気な私は深く考えることなく過ごし、九九の弊害だと気が付きあわてたことを思い出します。
Aliceさんはしっかり子どもを見ていてさすがですね(*^_^*)

3年生になって余りのある割り算で同じようなことがあり、(九九の時ほどではありませんでした)これからもこうして学校の影響を受けるのだろうなと思っています。
困ったものですね(^_^;)
2014/11/01(土) 08:16 | URL | みなみのまま #G/VuW49.[編集]
Re: みなみのままさんへ
みなみのままさん、こんにちは♪
みなみのままさんのお子さんもそんな時期がありましたか・・・
割り算でも確かに影響でそうですよね。

娘の場合は、結構わかりやすい形で現れたので、すぐに気が付きました。
学校の影響を避けるのって難しいですね・・。
ほんと困ったものです。

でもみなみのままさんをはじめ、皆さんこういうことも乗り越えていらっしゃるのですよね。
私もこんなことで落ち込んでいないで、家庭でのリセットを頑張らなければ!と思いました。

色々な日々の思いを吐き出せたり、こうやってどんぐりママさんと思いを共感させていただいたり、ブログをやってて本当によかったと思います^^
いつもありがとうございます^^
2014/11/01(土) 20:31 | URL | Alice #-[編集]
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記