どんぐり日記
2MX79
2014-10-19 (日) | 編集
正解(2Mx79 ,どんぐり歴2年9ヶ月)
2014年10月13日、14日、18日(小2)

今日の記事は長いです
今回は、娘に足りない思考の忍耐力をつけてもらおうと、私なりに考えて、娘には難しいけど忍耐強く頑張ったらできるかな?という問題ばかりの束にしてみました。
娘は2MX79を選び、トータル3日かかりました。

1日目(10/13)
2MX79-1.jpg

1. 「だんご虫のお母さんが1440円で」→約20分かけて1ページ目に絵を描く。(絵に夢中で「1440円」を書くのをすっかり忘れていたようです)

2. 子だんご虫3匹と、お菓子8こずつを描く。
 (最後の一行を聞いた時に、お母さんのお金を忘れたとのことで、もう一度1行目を読みました。ところが聞き間違えたのか(?)なぜか1430円と書いていたようです)

3. 2ページ目右上に1000円札1枚、100円玉4枚、10円玉3枚の絵を描く。

4. 100円玉を1個ずつ10円に両替して3匹に振り分けています。

5. 「はぁ~いつまでたっても終わりが見えない~」と言いだして、集中力が切れてきたのと、一時間経過したのでここで一旦終了し、続きは後日することにしました。



2日目(10/14)
2MX79-2.jpg
1. 3ページ目にまた新しく描き始めました。
この時に、昨日1430円と間違って書いていたことに気が付いて、昨日の1ページ目の数字を書き直したようです。

2. 上に1000円札1枚、100円玉4枚、10円玉4枚を描く。
昨日10円ずつ振り分けていって終わりが見えなかったからか(笑)、今度は以下のように数のまとまりを多くして、3匹に振り分ける工夫をしました。

 a. 10円玉4つのうち3つを移動。→3匹のダンゴ虫の下に10, 10, 10と描く。
 b. 100円玉4つのうち3つを移動→100, 100, 100
 c. 1000円札を100円10個に両替し、そのうち3つを移動→100, 100, 100
 d. cの残りの100円のうち3個×2セット分を移動→200, 200, 200
 e. bの残りの100円玉1個を50円玉2つに両替し、さらに10円玉10個に両替して30円ずつ振りわけようとする。ところが、10円余ってしまい悩む(笑)
 f. cの残りの100円玉1個をさらに50円2つに両替し、その2つ分と、eの50円玉2つのうち1つを移動→50, 50, 50
 g. 残りが50円玉1つと10円玉1つで60円。10円ずつ2回に振り分ける。→10, 10, 10を2回描く。
これでちょうど1440円になったことを確認。 「うっしっしー!」という声が聞こえてきました^^;

3. しばらくして、「あれーぜんぶ試したのにー。」と言い出して^^;、集中力が切れてきた様子だったので、ここで終了することにしました。この日は40分考えました。




3日目(10/18)
2MX79-3.jpg

また新しい紙に最初から描きはじめました。
(10/14の絵が正しく描けていたので、その絵を使うかと思ったのですが・・・)

1. 1440円のお金の絵を描き、10/14と同様の方法でお金を3匹に振り分けていく。
ただし、今回は前回よりもさらに細かいお金で振り分けました。

2. 子ダンゴ虫1匹分のお金を数えて480(円)と記入。

3. この後長~~~い間考えていましたが、この480円を8つに分けようとします。
 ところが間違って486と書いてしまいました。2つ(243、243)に分けたところで次がわからなくなったみたいで、バツしてこの方法をやめたようです。

4. 一番左の子ダンゴ虫の100円玉をすべて50円に両替する。
このお金の絵を見て指差ししながら、まずはお菓子1個を30円と仮定して下の10円玉から数えていった。
(以下のようにしたそうです)
 ・下から6つ分の10円でお菓子2個もらえる。
 ・下から7つ目と一番上の10円玉で20円。さらに、50円玉から10円をもらって計30円。これでお菓子は合計3個。
 ・先ほどの50円玉は残り40円になっているので、それと下の50円玉を足して90円。3×3=9だから90円でお菓子が3個もらえるとわかった。これでお菓子は合計6個。
 ・お金がまだ100円以上残っているのでお菓子が8個以上になることがわかり、やり直す。

5. 上記のような方法で、絵を指さししながら40円、50円、60円と試していくと、60円で8個ぴったりになった。(「はっ!!」と嬉しそうな声が聞こえました)笑

6. 今考えたことを絵に描いて確認。60円分(50円と10円)を同じ一つの色で囲む。
60円ごとに全て色を変えて囲んだら、ちょうど色が8種類(お菓子8個分)になった。

7. 答えを60円と記入。

この日は、途中「あーもう頭の中がごちゃごちゃ~」などと言ったので、二回も休憩を挟み、1時間考えました。
娘の場合、こうなった時は続きを無理やりやらせるよりは、1度休憩を挟むか、日を変えてするほうが落ち着いてできるようです。

(3 )の過程は、最初の数字を間違えてはいましたが、まさに割り算の考え方をしていますね・・。
(4 )の過程では、習ったばかりの3の段の掛け算で一部考えていました。
お菓子1個を60円で考えたところは絵に描けていましたが、(4 )の考える過程も絵に描いてほしかったところです。

全体の感想として、娘の思考の忍耐力はまだまだといったところですが、急にも無理なので六年生までにつけられるようになればいいなと思います。
ただ本人も、3日間あきらめずに頑張った!という爽快感(?)みたいなものは感じたようで、忍耐強く考える大切さをまたじっくり話しておきました。

絵の方は、セミのお菓子屋さんとカタツムリのおみくじ屋さんの前をダンゴ虫家族が歩いています。
ヘビさんがスピード違反をして鳥のおまわりさんに注意されています。
車は、ぞくぞく村の”雨ぼうず・ぴっちゃん”が運転しており、ぴっちゃんが乾かないように、くも助が雨のシャワーを降らしているそうです(笑)
コックさんは従業員がどこかへ行ってしまったので、道路に探しにきたのだそうです。
コメント:
この記事へのコメント:
素晴らしいですね~
いつも拝見させていただいております。娘さん、本当に素晴らしいですね♪
まだ小2でここまでの忍耐力と賢さ。どんぐり問題終了まで後4年以上もあるのに。そして問題文からのイメージがまたまた良いですね~。とてもよく味わっているのでしょうね^^見ているこちらまでワクワクします♪
2014/10/19(日) 22:47 | URL | love #mQop/nM.[編集]
Re: Loveさんへ
Loveさん、コメントありがとうございます^^

娘はケアレスミスが多いし、まだまだ問題点もありますが、ここ最近になって思考回路も少しずつ育ってきているのかな、と思えることもでてきました。

娘のイメージ力は私はかないませんv-356
絵を描いている時の娘は楽しそうで、「頭の中からイメージが湧いて出てくる」のだと言っていました。

これらは全てどんぐり倶楽部のおかげです!
どんぐり問題には種も仕掛けもあるようですが、一体どんな仕掛けになっているんでしょうか~??

私もloveさんのブログ、いつも拝見させていただいています。
loveさんのどんぐり倶楽部の進め方がとっても理想的で、楽しくどんぐり問題をやっているミッコロちゃんの姿が浮かんでくるんですよね^^
私も娘の年中時代、こんな風にできていればなぁ~、なんてつい思ってしまいます。

これからも、色々参考にさせてください♪
今後ともよろしくお願いします^^
2014/10/20(月) 16:49 | URL | Alice #-[編集]
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記