どんぐり日記
2MX36
2014-10-08 (水) | 編集
正解(2Mx36 ,どんぐり歴2年9ヶ月)
2014年10月7日(小2)

今回の問題は驚かされることが・・・
まずは、娘の解き方から説明します。

2MX36a.jpg

1. うまか棒をまずか棒の3倍の大きさに描く。
 色を塗ったりして見えにくくなってしまいましたが、うまか棒に「う」、まずか棒に「ま」と書いています。
 木のイラストのすぐ下にまずか棒を描いてしまったので、少しややこしい絵になっています。

2. うまか棒、まずか棒に半分の線を引いて、それぞれの下半分に「たべた」、上半分に「のこり」と書く。

3. 残りの長さが200cmなので、200をまず50, 50, 50, 50に分けてみたそうです。
 (以下は問題の後で、娘が不要な紙に下の図を描きながら説明してくれた内容です。)
 50, 50, 50, 50と描いて、「50」の一つを四角で囲み、これを1倍とすると、残り50が3つでちょうど3倍になった。
うまか棒はまずか棒の3倍だから、まずか棒の残りが50cm、うまか棒の残りが150cmとわかり、数字を記入した。
(↓これを頭の中でしていたようです。ここをノートに書いてほしい
2MX36memo.jpg
 「なんだ簡単じゃ~ん」という声が聞こえてきました。 

4. うまか棒の「たべた」の部分にも150cmと記入、筆算して300cmと答えた。


これなんですが、解き方の 3. で「うまか棒はまずか棒の3倍だから~」と言っています。
これは、それぞれ半分ずつ食べた残りの比も3:1であることを理解しているのか、それとも問題文に「3倍」と書いてたから単に3倍にしただけなのか、、、どっちなんだろう?と気になっていました。

それで夜、寝る時に口頭でこんな質問をしてみました。

「白いチョコレートと黒いチョコレートがあります。
白いチョコは黒いチョコの3倍の長さがあります。
今日、白いチョコと黒いチョコのちょうど半分ずつを食べました。
今、残った白いチョコは残りの黒いチョコの何倍の長さでしょう。」

娘 「3倍」 (即答)

なんでわかったの?

娘 「だってちょうど半分ずつ食べたんでしょ?どっちかだけたくさん食べたんじゃないでしょ?
   どっちも半分ずつ。だから残りの長さも3倍」

ちゃんとわかっているようですね・・・(驚)

一年生のときに1MXで同じ問題をしています。この頃も正解していますが、この時よりも進化しました。
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記