どんぐり日記
絵コンテ読解・ニャーゴ(2)
2014-10-06 (月) | 編集
「ニャーゴ」
(宮西 達也 さく)

しばらくして、三びきが気がつくと、みんないなくなっていました。

「あれれ、だれもいないよ。」
「それじゃあ、ぼくたちはももをとりに行こうか。」
「うん、行こう行こう。」

子ねずみたちが歩きだしたそのときです。

ニャーゴ

三びきの前に、ひげをぴんとさせた大きなねこが、手をふり上げて立っていました。
三びきは、かたまってひそひそ声で話しはじめました。

「びっくりしたね。」
「このおじさんだれだあ。」
「きゅうに出てきて、ニャーゴだって。」


nya-go_2014100609172997e.jpg

久しぶりの絵コンテ読解です。
「ねこが怖くないのかな」と独り言を言いながら絵を描いていました。

教室の中にねこが来るかもしれないので、他の生徒達は椅子と机を持って外に避難しましたが、先生の話を聞いていなかった3匹のねずみたちだけが教室に残っています。
ねこはカバンの中に「おいしくたべるほうほう」というタイトルの本とお皿とナイフを入れているようです(→ちょっと怖い・・・)

3匹のねずみたちが授業中に紙飛行機を飛ばして遊んでいたようで、教室の床に落ちています。
学校の窓から、外にある桃の木が見えますね。
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記