どんぐり日記
夏休み終盤。
2014-08-25 (月) | 編集
夏休みの宿題は、早々に終えて、娘も自由に好きなことをして過ごしています。
ただ、読書感想文にマシーンが手こずりました
来年は夏休み前に稼働させておかないと・・・

さて、夏進化計画も3年目となり、わからん帳の年長、小1、小2の作品を比べてみて感じたことが大きく2つあります。

一つ目は、以前に比べて想像力が豊かになったこと。
りんこちゃんの問題では、長くつらい旅を様々なイメージをして描いていたり、
くらげのうみの問題は、「くらげざくら」という珍しい花をつける木を見るためにクラゲが集まってくるという絵を描いており、こういう想像力は以前よりも豊かになったな、と感じるところです。

2つ目は、問題文の言葉の意味でわからないものが随分減ったことです。
年長の頃は、これが多かった・・・。
娘に聞かれた言葉の意味が、自分にとってはあまりにも当たり前すぎて、しかも年長の娘が理解できる言葉でどう説明したらよいのかわからず、結局説明できずに終わってしまったこともあります。
昔の作品を見ていて、このことで真剣に悩んでいた自分を懐かしく思い出しました。

私の方は失敗も多いので、これからも気がついたことは一つ一つ改善していきながらやっていきたいです。

夏休みもあとわずか。
海に川にプールにと水遊びが多かった我が家ですが、最後にもうひとつイベントが残っています。いいお天気だといいのですが・・・
夏休みの最後まで楽しみたいと思います!
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記