どんぐり日記
2MX95
2014-06-30 (月) | 編集
正解(2Mx95 ,どんぐり歴2年5ヶ月,小2)
解いた日:2014年6月29日

今回は初めて「おもしろそうだから」という理由で問題を選びました。

(写真1枚目)
50枚のカードを10枚ずつ5段分描きます。
3枚ずつ囲んで、1段で6枚ゲットできることがわかりました。
右ページに、2段目まででゲットできるカードの合計を筆算。6+6=12
2段で12枚なので4段分は12+12=24を筆算。
ここで、最下段と、各段の一番右側にまだカードが残っています。
残りのカードの交換分を考えているうちに、絵図がぐちゃぐちゃになってしまい、何の絵かわからなくなったと泣き出してしまいました。
こういう時、私が何を言ってもどうにもならないことは経験上わかっているので、ひたすら無視して自分の問題に集中していると、「ちょっと休憩する」と言って遊んでいました。

2MX95-1.jpg

ちょうど10分後。
「ママ、そろそろやろう」 と娘に声をかけられ、どんぐり再開。

今度は3枚のカードに対し2枚のカードの絵をきちんと描きこんでいきました。
そして、ゲットできるカードを一枚一枚数えていき、「32まい」と答えました。(写真2枚目)

2MX95-2.jpg

トレード大会には応援団の姿が見えます。
応援団は、夏に関係するものを描いたそうです。
向かって左の上から、スイカさん、クーラーさん、麦わら帽子さん、ソフトクリームさん、プールバッグさん、
右の上から、うちわさん、せんぷうきさん、かき氷さん、シャーベットさん、風鈴さんが応援している様子が描かれています。
(娘が風鈴さんの体に自分の名前を書いたので、黄色の紙で隠しました)

どんぐり問題で泣いたのはかなり久しぶりでした。
でも、自分で休憩することも再開するタイミングも決めたことは、以前に比べて成長したなと感じます。
このことは、親がどこまで我慢できるかにかかっているように思います。

夜ベッドに入ったときに、娘が「カード3枚を2枚と交換するなんて変だよね。減るじゃん」というので、「なんでだと思う?」って聞いてみると、
「あ!3枚を3枚に交換だったら問題がおもしろくないから!」
という意外な返事が返ってきました(笑)
他に、「2枚のカードがすごいカードだから、3枚だしてでもほしいから!」と言っていました。

あと、「トレード」という言葉がわからなかったようです。
娘はお友達とシール交換をよくするので、それを例えに説明しました。
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記