どんぐり日記
2MX41
2014-06-18 (水) | 編集
わからん帳行き(2Mx41 ,どんぐり歴2年5ヶ月,小2)
解いた日:2014年6月17日

この問題は、まさかの解き方をしました。
352と235は正しく書けました。

この後、数字を絵図化。
百の位、十の位、一の位とそれぞれ分けて描き、違う部分を赤で囲みました。

赤で囲んだ百の位と十の位の数字を足します。(100+20=120)
このあと、しばらく手が止まっており、なぜか120+3=123と書きました。

答えが違っていることを伝えると、娘が
「えぇっ、じゃあ117???」と言いました。

(ここで、それが合っているとも違っているとも言ってませんが)
恐らく、最後の3をどうするかで手が止まっていたんだと思います。

単純に352-235と筆算で引き算をすればよいのに、なぜこんな考え方をしたんだろう?と、正直言って私としては戸惑ってしまいました。

娘の絵で言うと、最後の120円と3円の差を求めればいいのに、それぞれの位ごとに求めた差の合計を求めると勘違いしたってことなんでしょうか・・・?
なんだか腑に落ちないまま終わってしまった昨日のどんぐりです。

2MX41.jpg
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記