どんぐり日記
どんぐり問題の計算式
2014-02-19 (水) | 編集
計算式を全く書かない娘。
問題を終えた後に説明してもらうと、頭の中のデンタ君で足し算や引き算もやっているようです。1年生でこんな感じでよかったかな、と思って糸山先生のHPやブログでもう一度確認してみました。

1年生ーーーーーーーーーーーーーー
「どんぐり倶楽部」の「良質の算数文章問題」
絵図・計算式・筆算・答えの4種類を書けるようにする。(式や答えはなくてもいいが、絵図だけは必ず描くようにする)
※解けなくても絵図は描ける:計算等を習熟させる必要はない。筆算の構造が理解できればスピードも不要!


8.答えは計算式とは別に単位に注意して書き出す。
※答案用紙には「絵図・筆算・計算式・答え」がなければいけません。
(計算式は小3~4まではなくてもOKです)


●論より証拠と申します。思考力養成方法を見るのが一番です。
 もちろん、ノーヒントです。受験勉強とは無縁です。
 小2くらいまでは、式は(書けても)書かないほうが伸びるようです。
*完璧主義の予防にもなりますので、一石二鳥ですね。


→(低学年では、不要なら式は書かないほうが伸びる:全てを書かせるのは、完璧主義につながる点でも良くない)

まだこのままでもいいようですね。
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記