どんぐり日記
1MX72 &ケアレスミス
2014-01-22 (水) | 編集
わからん帳行き(1MX72,どんぐり歴2年0ヶ月)
解いた日:2014年1月21日

5分で2枚なのに、なぜか2分と書いてしまったケアレスミスでした。前回類題をしていますが、そのときはきちんと5分と書いて正しく答えられているんですよね…。

左のカード製造機の絵には、5ふんで2枚の赤いカードが描かれています。
下のほうには1枚が3ミリも書けています。
右側に積み重ねたカードを書いて、1枚につき3ずつ数字を記入していき30でストップ。
ここで「5分で」2枚ずつのところを、間違って2,2,2,2,2(分)と書いていってしまい、わからん帳へ。

最初右下のほうに、カードを積み重ねた小さい絵を描いていましたが、小さすぎたのと3ずつ書いていって途中数えミスをしたようで、途中から上の方にカードを描き直しています。このとき、数字を一つ一つ書き、カードを大きく描くという工夫ができたことはよかったと思います。

1MX72.jpg

後でどのように考えたか説明してもらった時に、自分で間違いに気がついてました。2枚の2という数字が頭に残ってしまった、と言ってましたが、そうなのかなあ…。
ケアレスミス、ちょっと最近多いのでまたまた過去ログの旅へ。

>>「答えられるはずの問題を間違える。これを何回の見直しでも見つけられない。」この状態を少しでも改善するには一体、どう教えてやればいいのでしょうか?
●いくらでもありますよ。でも、しないほうが伸びます。どうしますか?私ならアドバイスは逆です「100点はとりすぎだなぁ。80点位にしておかないと勉強するものがなくなっちゃうからなぁ。」ですね。ケアレスミスと呼ばれているものの第一原因は「嫌だから」です。嫌なことをさせると確実に伸びなくなります。低学年で100点でも高学年で20点では困りますね。逆に低学年では20点でも高学年で100点ならいいでしょ?どちらも100点というのは非常に危険です。
>>大泣き
●大泣きしても<絶対に>させればケアレスミスはなくなります。が才能は破壊されます。これが最も簡単で危険な方法です。他にもありますが、どうしますか?

●間違いは「分からん帳」に入れる。コレだけですよ。全く問題ありません。書き写すのではなく必ず「切り貼り(コピー可)」でね。コレが一番です。間違いを記録しておくことで点数は関係なくなります。また「嫌な思い」も無くなります。

どんぐり倶楽部オンラインでは以下の記載が。

お子様の「ケアレスミス」には、「もう、いっぱい、いっぱいだ」「これ以上、やりたくないよ」という、無言のメッセージが込められている場合が、少なくないのです。
もちろん、ケースバイケースではありますが、相談されたお母さまが、お子様と話あいながらやるべきことを減らし、日常生活そのものを「じっくり・ゆっくり・丁寧に」と心掛けることで、「目に見えてケアレスミスが減りました」という、嬉しいご報告をいただくこともあります。
もちろん、ケースバイケースではありますが、相談されたお母さまが、お子様と話あいながらやるべきことを減らし、日常生活そのものを「じっくり・ゆっくり・丁寧に」と心掛けることで、「目に見えてケアレスミスが減りました」という、嬉しいご報告をいただくこともあります。


やはり気持ちよくわからん帳へ入れて、日常生活をじっくりゆっくり丁寧に心がける…かな。

<2014.02.15追記>
過去ログよりもう一つ追記。↓
難しい問題は、一発で正解できないようです。それが、私からみても、おしい!という間違い方で、本人も大変くやしがっております。間違える原因は、●いくつかの条件のうち、ひとつを見落としていた。●数字を見まちがえて、違う数字で計算していた。(例:1MX76で、アリンコのチビ君は1歩で3mm進むというところ、なぜか2mm進むとして絵を書き、計算していた。)●長さが関係する問題で、現寸で絵を書いたつもりだったが、定規の使い方が不正確だった。(例:1MX75で、積み重ねたカードの長さ16cmのところ、なぜか14cmの線を定規でひいてやっていた。)絵や考え方は、良いのでは?と思うだけに、残念です。本人も、『むずかしかったけど、頑張って最後までやったつもり…。やっとできたと思ったら、またやり直しか~ガックリ~」という感じで机につっぷしてしまうのでした。このような間違いをなくすためには、どのようにすれば良いでしょうか?
●いくつか方法はありますが、お勧めはコレです。
1.終わったら間違っていても気にしないで、1週間後に再挑戦する。
※ポイントはその場でやり直さないことです。嫌な思いは残さない!サッと切り換えて遊びにでも行きましょう。
2.一度文章を絵にしたら絶対に文章は見ないことにすること。
※自然と丁寧に読むようになります。
3.楽しく絵を描くこと。
以上です。
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記