どんぐり日記
1MX95
2013-11-09 (土) | 編集
正解(1Mx95,どんぐり歴1年10ヶ月)

金太郎飴を銀太郎飴3倍の大きさで描き、それぞれを半分に分けたところで、長い間絵を見て考えていました。そのうち何かひらめいたようで、以下のように一つずつ当てはめてやっていました。

・金太郎飴の1倍の部分に1,2,3,4(センチ)と書いてみる。2倍の部分は半分になっているから、4センチの半分の2センチ分;5,6(センチ)と書こうとしたが、これでは12センチまで足りないことが明らかに分かったので、やり直す。

・今度は金太郎飴1倍の部分に1,2,3,4,5と書いて、2倍の部分にその半分を書こうとした。
が、5が半分に割れないことに気がつく。仕方なく大体半分の(笑)3つ分;6,7,8をとりあえず当てはめてみて、銀太郎飴の半分のところに同様に3つ分;9,10,11と書く。→12センチにならなかったのでやり直し。

・次は金太郎飴1倍の部分に1,2,3,4,5,6と書いて、2倍の部分にその半分3センチ分の7,8,9と書く。銀太郎飴にも3センチ分の10,11,12と書く。ぴったり12センチ!!

あとは金太郎飴2倍部分の残り半分に3センチ分、3倍部分に6センチ分の数字を書き込み、全部で何センチ分あるか数えて、18センチと出しました。

絵には金太郎飴、銀太郎飴の端の断面図らしきものが描かれています。
先日買った、色鉛筆の「金色と銀色が役に立ったよ~」と言ってました(笑)

1MX95.jpg
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記