どんぐり日記
初!質問ノート!
2013-11-08 (金) | 編集
先日娘が、算数の宿題で図形の問題(3つの積み木の形を写して乗り物の絵を書いたとき、この3つのつみきだけではかけない図形に○をつける、というもの)を理解できていませんでした。

そこで、一年生になって初めて先生への「質問ノート」を作成することに。
問題を切り取り、ノートに貼って、何がわからないかを文で書き、その後先生に提出、ということをやってもらいました。私からも、連絡帳に質問ノートのことについて先生にお願いしておきました。

そして戻ってきたノートを見ると、なんと先生からの説明が書いておらず、代わりに娘の字で説明が書いてありました。ただ、先生から実物を使って説明してもらったようで、きちんと理解はしてました。

夕方、先生から電話がかかってきて、
「今回は図形でしたし、実物の積み木を使って○○ちゃんに説明しました。そして、本人が分かったかどうか確認したいので、ノートの説明は○○ちゃんに書いてもらいました。ですので今後も説明は私ではなく、○○ちゃんに書いてもらうようにしようと思いますが、どうでしょうか。」
とのことでした。

ですが、説明文は先生にお願いしたい旨伝えてきました。これで先生の力量もわかるし、1年生の子供が説明を書くのは難しく、書くことで精一杯で理解が後回しになってしまっては本末転倒だと思ったんです。

とりあえず今回、質問ノートの第一歩を踏み出しました。
先生は「大変いいことをされていると思います」と好印象だったし、娘にとってもわからないことは先生に質問するんだ、ということと、質問ノートの作り方・書き方を少し理解したと思うので、まずまずの滑り出し、といったところでしょうか。
中学で娘が当たり前のように質問ができるように、親も環境設定頑張りたいと思います。
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL :
コメント: :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記