どんぐり日記
5MX50
2017-07-12 (水) | 編集
2017年7月8日(小5, どんぐり歴5年6ヶ月)
(5MX50, 正解)

ハムハムとチュー助の家は0.0012km離れています。
ハムハムはチュー助にゲームソフトを借りようと思い、午前9時5分に家を出ましたが、
屋根から落ちて右足を骨折しており思うように歩けません。
それでも、ハムハムはがんばって1分間に0.01mずつ歩いてチュー助の家に向かいました。
ハムハムがチュー助の家に着く時刻を計算して出してみましょう。

5MX50s.jpg

この問題のハムハムはうちで飼っているハムスターと同じ名前。
だからうちのハムスターを思い浮かべながら、かわいく描いたそうです。
実はうちのハムスターはココナッツの家に住んでいるので、お家もそれを描いています。

今回、こんなことがありました。
問題の途中で、”1分間に0.01mずつ”というのを読んだときに娘が、
「えっ、そんなちょっとずつ・・? おそっ」 と驚いた様子で言いました。

また、「そこまでしてゲームソフトが借りたいかー?(笑)」
とツッコミを入れていました^^;

こういうこと、どんぐり問題をやっているとよくあるんです。
イメージ再現しただけではなく、さらにその奥に体感を伴っていて、
文章の意味を「分かっている」のではなく、「”深く”分かっている」んだろうなと思います。
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記