どんぐり日記
4MX45
2017-05-08 (月) | 編集
2017年5月5日(小5, どんぐり歴5年4ヶ月)
(4MX45, 正解)

問題
fc2blog_20170507195211f0a.jpg

娘の作品
4MX45s.jpg

(3)を見ると、90+15=105と書かれてありました。
90+15って、何・・・?(^^;)
と頭を抱えこんでいる私に、娘が教えてくれました(^^;;;;

娘の話を元にブログで説明しやすいよう、私なりに以下に図を書き起こしてみました。
(A、B等の文字も私が勝手につけています)

4MX45z.jpg
この図をもとに娘の思考をまとめると、

・最初に1の角度15度を求めた。
・辺ACと平行になるように斜めの線(辺EG)を引いてみた。
・三角形ABCを、辺ACが辺EGと重なる位置まで移動したとすると、
角Hは90度だということがわかった。
・あとは角Kがわかれば、角3が出る。
・次に、辺GCと平行に辺EFを引いてみた。(こうすれば三角形EGCと同じ大きさの三角形(ECF)が
上側にできると思ったそうです)
・図を見ると、真ん中に平行四辺形EGCFができている。
辺ECはこの平行四辺形を半分に分けていて、その上と下は同じ大きさの三角形だから
角1と角Kの角度が同じだと思った。
だから90度と15度を足して角3を出した。

とのことです。
面白い考え方で、これらを自力で考えついたところがよかったと思いました。

実はこの日は最初4MX89をやり始めていて、BとDの角度を求めるのに非常に苦労していました。
Dの角度を求めるときに何やら色々線を引いて考えていたんです。
途中で娘が4MX45に変えたがったので、この問題をすることになったのですが、
4Mx89で色々と考えていたことも、この問題を解くことに繋がったような気がします。
(4Mx89はまだ途中のままですが…
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記