どんぐり日記
4MX14
2016-10-24 (月) | 編集
2016年10月22日(小4, どんぐり歴4年9ヶ月)
(4MX14, 正解)

巨大カブト3匹と巨大クワガタ4匹をドラム缶に入れて重さを計ったところ14.3kgでした。
ドラム缶はカブトと同じ重さで、カブトの重さは3匹とも同じ重さです。
また、クワガタは一番大きなクワガタ1匹がカブトと同じで、
他の3匹はこのクワガタの丁度半分の重さです。では、小さなクワガタの重さは何gでしょうか。

4MX14s.jpg

4MX14-2s.jpg

今回の作品では進化がみられました。
解いている途中ため息を何度かついていましたが10分休憩を1度挟み、もう一度考え始めました。
私は「絵図をよ~く見て考えよう」とだけ声をかけました。
この後20分ほどしてから、突然、「あっ!!!」と言って嬉しそうな顔をして私の方を振り返り、
そこからすぐに答えを出しました。(下の画像が答えを出した正しい絵図です)
トータル1時間近くかかりましたが、最後まで粘り強く考えることができました^^

最初は、カブトの重さを基準にして考えていたようですね。
「途中で今までと違う解き方でやってみようと思って、最初はカブトの重さに合わせて考えていたけど、
今度は小さいクワガタに合わせてみようと思って絵図を描いたらわかった」と言ってました。
私がマルをするのを忘れていたので、娘が自分でカブトムシの形のマルをつけました。

ちなみに前回やったのは、こちらの類題です。
この時正解はしているのですが、小さいクワガタを基準に考えることが出来なかったんです。
どんぐりをやっている人ならわかる、嬉しい進化の瞬間。
だからどんぐりはやめられません!
3MX63
2016-10-24 (月) | 編集
2016年10月17日(小4, どんぐり歴4年9ヶ月)
(3MX63, わからん帳行き)

30秒で3個の真丸巨大卵を産む鶏モンスターが2匹います。
今日は、この卵を重ねて3kmの卵タワーを作ろうと思っています。
卵の半径を25cmとし、9 時56分15秒から産み始めるとすると、
何時何分何秒にタワーを作ることができる分の卵を用意できるでしょう。

3MX63s.jpg

卵1個の直径50cmの絵図から6個で300cmを筆算で出しました。
ところが、筆算結果を絵図の中に記入するときに300「m」と痛恨の単位記入ミス
このために全ての計算がずれてしまい、このような答えになってしまいました
考え方は正しくできていました。

筆算はメモなので、筆算結果がでたらその横に単位も書くように今度言おうと思います。
リスさんBOX
2016-10-22 (土) | 編集
娘が空き箱で作った、どんぐり問題の抽選箱。
「リスさんBOX」

fc2blog_20161022094345235.jpg

手を入れる部分の紙が破れないように、紙の裏にやわらかいビニールが貼ってあります。

fc2blog_201610220946167f6.jpg

この間引いた時は、本人にとっては難しい問題が当たってしまったからか?
先日は
「チャンスは2回!!!」
と言いながら楽しく引いていました。
最大2問まで引くことができて、そのどちらかで決めるとのことです(笑)

fc2blog_20161022094429e7c.jpg

どんぐり問題だからか、どんぐりを持っているリスの絵が描かれています。

fc2blog_201610220945178a5.jpg

こちらが問題を入れる穴。
こちら側は後ろなので、リスも後ろ姿を描いています。
この完璧ではないつくりが娘らしいところです(笑)


製作費:0円
4MX56
2016-10-18 (火) | 編集
2016年10月15,16日(小4, どんぐり歴4年9ヶ月)
(4MX56, 正解)

売虎君の時計は3分間で針が1周回るウルトラ時計です。
では、この時計の針が20度進む毎にスペシウム光線を3回発射するならば、
3分間ではスペシウム光線を何回発射することが出来るでしょうか。

4MX56-1s.jpg

4MX56-2s.jpg

これまで娘が自由に問題を選んでいたのですが、難しい問題にもチャレンジしてほしくて
娘と話し合い、週に1回はくじ引きで問題を決めることにしました。
今回はそのくじ引きで決めた問題です。

(普通の時計でいう)1分の所が6度であることまではすぐに出来ました。
1分を6つに分割し、1つ一つ数えて20(度)になったときマル(光線)を3つ書くという地道な作戦に出ました。
長い試行錯誤ののちに、時計の針が2を指す時、つまり60度のときに光線が9回になることを発見しました。
きりがよいのであとは数えずに、時計の針を2ずつすすめ、マルを9こずつ描いて
光線9回が6かたまりで54回と答えました。
画像2枚目時計の中の茶色の線で書いたものが正しいとのことです。

これは2日に分けてやってます。途中ため息を何度もついて3回も休憩しましたが、
最後まであきらめず、粘り強くできました。
「最初、数え間違いをしていた」のだそうです。

私が思考の後追いをしていると、「あっ、1分が6度っていうことは10秒は1度か!」
と独り言を言っていました。

塾などで教えてもらっている子がこのような娘の考え方を見たら、何と遠回りした考え方だ
と思うことでしょう。
でもこういう自分の力だけで考えた遠回りした考えこそが思考回路を作っていくのです。
今回の作品でも娘は自分で色々なことを発見しています。忍耐力もついてきました。
私はとてもよかったと思いました。
4MX86
2016-10-18 (火) | 編集
2016年10月13日(小4, どんぐり歴4年9ヶ月)
(4MX86, 正解)

隣の増田君が飼っている巨大緑亀の一家は、お父さん亀の体重が70kgで、
お母さん亀の体重の2倍あるそうです。
また、子供の亀は、お母さん亀の体重の5倍もある超巨大亀だそうです。
では、緑亀皆の体重を合わせると何kgになるでしょう。

4MX86s.jpg

すぐにできてしまったので、ほとんどお絵かきの時間でした。
たぶんこれは頭の中でイメージが浮かんでいるからだと思うのですが、
筆算で答えていました。
「わかっても絵図化する」
これをしつこく伝えようと思います。

「体重の5倍もある・・」の所の問題を聞いた時に、
「おすもうさんよりも重いじゃないかー!!」と言っていました(笑)
4MX50
2016-10-16 (日) | 編集
2016年10月11日(小4, どんぐり歴4年9ヶ月)
(4MX50, 正解)

今日のおやつは、体重の重さでお貰える数が違う体重おかしデーです。
今日は体重5kgにつき3個のホッペタオチソーダ飴が貰えます。
クラゲダヨン君は15000g、ゾウガメラ君は365kg、アザラシアン君は42kgでした。
3人が貰える飴を合わせるとみんなで何個のホッペタオチソーダ飴を貰えるでしょう。

4MX50s.jpg

これはすぐに出来ました。
クラゲダヨン君とアザラシアン君の上に描かれている大きいマルが5kgのかたまりで、
その中に3個の飴を描いたそうです。
ゾウガメラ君は、その10倍の飴が30個で絵図化したとのことでした。

他の参加者であるライオンの体重が重くて体重計が壊れてしまい、
さらにお相撲さんが重すぎてもう一つの体重計を壊され、うさぎさんが涙を流しています。
きつねとくまが新しい体重計を運んでいます。
3MX46
2016-10-16 (日) | 編集
2016年10月8日(小4, どんぐり歴4年9ヶ月)
(3MX46, わからん帳行き)

ハムスターのチェリーちゃんがお散歩に出かけました。
まず、お家から950m北にあるお花見公園で沢山のお花を見てから、お昼御飯を食べました。
帰り道は、お花見公園から南へ20m、西に100m、南に80m、東に300m、南に850m歩きました。
では、ここからチェリーちゃんが、一番短い距離で家に帰りつくには、
どちらの方向(東・西・南・北)へ何m歩けばいいでしょう。

3MX46s.jpg

絵図は正しく書けているのですが、東に進んだ「300m」を矢印の右端近くに書いてしまったので、
中央のラインから東が300mと見間違えて答えを書いてしまったような気がします。
最近こういううっかりミスが多いです。
最後の最後まで気を抜かずに丁寧に考える、ということを伝えようと思います。
4MX53
2016-10-13 (木) | 編集
2016年10月5日(小4, どんぐり歴4年9ヶ月)
(4MX53, 正解)

赤卵と青卵と黄卵5個ずつで位取り遊びをしました。十の位に着くと10点、
一の位に着くと1点ゲットできます。赤卵の合計は5点、青卵の合計は32点、
黄卵の合計は23点でした。
十の位には一の位に着いた卵の何倍の卵が着いたでしょう。

4MX53s.jpg

答えまではスラスラできたのですが、最初「2倍少ない」と書いていたようです。
通し読みの時になってから、「えぇっ、何倍??」と言って、ここからが長かった・・・。
たぶんこの後、30分くらい考えていたと思います。
そして、答えはもうこれしか思いつかないからと適当(?)に書いたような気がします。
偶然正解しました。

これは1/2倍という言い方を知らなかったからなのですが、正解したことに驚いていました。
「こんな言い方するの~~~?」と言ってました。

10÷2=5となっていますが10÷5=2ですね。
今回はまた読み聞かせ方式に戻しています。
4MX36
2016-10-13 (木) | 編集
2016年10月4日(小4, どんぐり歴4年9ヶ月)
(4MX36, わからん帳行き)

ハム太郎とチュー助は1週間朝のランニングをすることにしました。
最初の計画では1000mから始めて、次の日からは500mずつ増やしていくことにしていました。
ところが、5日目からはチュー助が嫌がったので増やしませんでした。
1週間で2人が走った距離を合わせると何kmになりますか。

4MX36s.jpg

この日は初めて文章を自分で読んで、一人でやってもらいました。
5日目まで500m増やした絵図になっています。
また、2人の合計ができていませんでした。

意味が取れていなかったのと、少し絵を楽しむ方、つまり感情に偏っているということだと思います。
4MX19
2016-10-07 (金) | 編集
2016年9月30日(小4, どんぐり歴4年8ヶ月)
(4MX19, わからん帳行き)

映画館の入り口に35人が並んでいます。
先着50名様にプレゼ(ントを渡します。
しかも、3番目までは普通のプレゼントの5倍の値段がするもので、
4~10番目までは普通のプレゼントの3倍の値段がするものです。
全体の予算を76000円とすると、現時点では何円分のプレゼントが残っているでしょう。

4MX19s.jpg

これは最後の文章の意味がわからないと言われました。
でも、どう説明したらいいのか悩んで、
「今の時点で何円分のプレゼントが残っているか、ということ」と言いました。
全然説明になっていませんが・・・
そして、1つ分のプレゼントの値段を答えてしまいました。

この日は、どんぐりをやる少し前に娘といろいろあったので、娘らしくない作品になってしまっています。
私の日常の声掛け、環境設定、色々反省することが見えた作品となりました。
3MX40
2016-10-03 (月) | 編集
2016年9月28日(小4, どんぐり歴4年8ヶ月)
(3MX40, 正解)

クジラのマッコウ君の今日の朝御飯は小魚プランクトンです。
赤プランクトンと青プランクトンを合わせると12428匹います。
赤プランクトンは青プランクトンの丁度12倍だとすると、
赤プランクトンと青プランクトンは、各々何匹いるでしょう。

3MX40s.jpg

「今日は簡単なのにし~ようっ」と娘が言って選んだ問題。
あっという間に正解。

「この問題は簡単だから残しておいた」と言ってました。
でもこれはやはり割り算を知らない3年生のうちにやってほしかったな、と今となっては思います。

筆算結果を絵図の中に記入するように次回も伝えようと思います。

クジラは背中に鼻があるから背中から空気が出ているところを描いたそうです。
朝ごはんのプランクトンが、赤:青が12:1くらいの比率で描かれていました。
3MX64
2016-10-03 (月) | 編集
2016年9月27日(小4, どんぐり歴4年8ヶ月)
(3MX64, 正解)

マッコウクジラのマッコー君とザトウクジラのザットー君が、
片道50000kmの太平洋往復競争をしました。
マッコー君は1時間に100km、ザットー君は1時間に60km泳げるとすると、
ゴールにたどり着く時間の差はどれくらいになりますか。

3MX64-1s.jpg
3MX64-2s.jpg

正解はしたのですが、「40分」をどうやって出したのかが不明です。
以下の2通りが考えられます。

1. 余りの40を40分と勘違いしてそのまま40分と書いた。
2. 問題の後に、「1時間は60分でしょ。ザットー君は60分で60kmだから1分で1km進むんだよ」
と言っていたため、余りは40kmだから40分とした。
のどちらかだと思います。これは今後の問題で様子を見ていきます。

ザットー君ですが、
1時間→60km から
1時間40分→100km
を導いています。
たぶん最初、同じ100kmにかかる時間の差を求めて、そこから考えようとしていたのだと思います。
なぜか途中でやめているようですが、この考え方はよかったと思いました。

答えを出してから、通しの段階になって
「なんでここで掛け算(1000x100)をしたのかわからない~」
と言い出しました。
そこからため息をつきだして、筆算を計算式に直して書いているのですが、
筆算結果を写し間違えています

何の計算かわからなくなった原因として考えられることは、計算結果を絵図の中に記入していないこと、
計算結果に単位がついていないので、何の数字かわからなくなったのだと思います。
これは今後の注意事項にすることにしました。

今回も絵図が詳しく書けていなかったので、「わかっても絵図化する」ことを徹底しようと思います。
(最初私がマルつけの場所を間違えていますが、右上が答えです)
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記