どんぐり日記
3MX77(わからん帳問題)
2016-08-30 (火) | 編集
2016年8月18日(小4, どんぐり歴4年7ヶ月)
3MX77, 正解 (わからん帳問題)

サンタさんが、子ども8人に、それぞれ同じ値段のお菓子を3個ずつと
そのお菓子1個の2倍の値段がする玩具を2つずつ買ってあげようと思っています。
ただし、サンタさんが使えるお金を全部で7000円とすると、
1個何円のお菓子と1つ何円の玩具を買ってあげればいいでしょう。

3MX77ws.jpg

初めて命の縦線を書きました^^
筆算コーナーもこれまでより大きくスペースがとれました。

子ども8人は野菜さん達です。
サンタさんはブロッコリー。大きくなりすぎて顔に花が咲いているのだそうです(笑)
1MX73(わからん帳問題)
2016-08-30 (火) | 編集
2016年8月17日(小4, どんぐり歴4年7ヶ月)
1MX73, 正解 (わからん帳問題)

5分で2枚のカードを作ることができるカード製造機があります。
できたカードは順番に積み重ねます。
1枚のカードの厚さは3mmです。
では、作り始めて30分後にはカードの厚さは全部で何cm何mmになるでしょう。

1MX73ws_20160828200306879.jpg

10mm=1cm
一枚のカードが3mm→絵図化&拡大表示

こういうところもきちんと書けてよかったと思いました。

カード製造機問題はこれまでにたくさんやりましたが、私の記憶が正しければ一つとして同じ機械を書いていないと思います。
今度はどんな製造機なのだろうと、作品の出来上がりが楽しみだったりします^^
2MX75(わからん帳問題)
2016-08-30 (火) | 編集
2016年8月16日(小4, どんぐり歴4年7ヶ月)
2MX75, 正解 (わからん帳問題)

今日はクラス対抗牛乳速飲大会の日です。
カブト君は5分で10本、カメ君は5分で8本、タツノオトシゴ君は5分で6本の牛乳を飲みます。
牛乳1本を100ミリリットルとすると、この3人が30分でのむ牛乳の総量はどれくらいになるでしょう。

2MX75ws.jpg

それぞれが30分で飲む牛乳の本数を求めてから100倍しました。
今回は筆算スペースを広くできました^^

以前よりも随分進化しましたねぇ・・・小2の時の作品
1MX75(わからん帳問題)
2016-08-30 (火) | 編集
2016年8月14日(小4, どんぐり歴4年7ヶ月)
1MX75, わからん帳行き (わからん帳問題)

5分で2枚の巨大カードを作ることができるカード製造機があります。
できたカードは順番に積み重ねます。カードの厚さは20mmです。
この機械は、積み重ねたカードの厚さが16cmになると自動的に止まってしまいます。
では、11時45分から機械を動かしはじめると、何時何分に機械は自動的に止まるでしょう。

1MX75ws.jpg

これも12時間制で考えており、解答は12時5分の前を「午前」としてしまいました。

娘がなぜこんなことを書いたかというと、学校のテストのわからん帳です。
夏休み直前、算数のテストの間違いをわからん帳に貼っていた時に
一日の気温の変化のグラフを読み取る問題があり、これは正午の表記が「午前12時」となっていました。

ところが2年生の時のテストで、正午は「午前12時」を×にされて「午後0時」に直されていたんです。
(『午前11時半の30分後の時刻は何時でしょう』という問題で、わからん帳に入っていました)

それで正午は午前12時なのか午後0時なのか混乱して、
その時に娘と一緒に調べたんです。
その結果、

・1872年に発令された太政官達第337号の時刻制度: 「正午=午前12時」と記載
・国立天文台: 「午前12時」か「午後0時」と表すことができる、と記載
・新聞社・テレビ放送: 原則として「正午」
・鉄道や飛行機の時刻表: 混乱を避けるため、24時間制で時刻の表記をしている

また、国立天文台にはこんな記載もありました。
『正午を「午後0時」と呼ぶのは誤解の少ない言い方ではあるのですが、定義上は存在しないという、なんとも歯切れの悪い状況であると言わなければなりません』

とのことでした。
結局はっきり決まっていない、というのが現状なのでしょう。
学校の先生もこのことをわかっていないのかもしれません。

このことと、先日の1MX74で「午後」をつけたことで保留にしたこともあって、
正午は午前12時だから、12時5分は午前12時5分だ、となってしまったものと思われます。

娘の間違いによってこのカード製造機問題、今頃になって様々なことが見えてきました。
24時間制や時刻のことを、日常生活で娘と気を付けてみようと思います。
2MX12(わからん帳問題)
2016-08-28 (日) | 編集
2016年8月13日(小4, どんぐり歴4年7ヶ月)
2MX12, 正解 (わからん帳問題)

5分で2枚のカードを作る事ができるカード製造機があります。
できたカードは順番に積み重ねます。
1枚のカードの厚さは3mmです。
では、このカードの厚さが3cmになるには作り始めて何分後でしょうか。

2MX12ws_20160828165306b59.jpg

OKです^^
今回の製造機は作業服を着たクマさんが、
製造ラインで見つけた不良品をさっと取り出しているのだそうです^^
2MX63(わからん帳問題)
2016-08-28 (日) | 編集
2016年8月12日(小4, どんぐり歴4年7ヶ月)
2MX63, わからん帳行き (わからん帳問題)

ダンゴム市の人口は、みんなで64100人です。
今、男の列1列と女の列1列に並んでもらっています。
数えてみると、女が男よりも2000人多いことがわかりました。
では、女の列には何人が並んでいるでしょう。

2MX63ws_20160828165318a93.jpg

これは計算ミスでした。
62100÷2をするときに1と0をおろすのを忘れています。
わからん帳問題2MX67と同じような計算ミスでした。
このミスには2つの原因があると思いました。

1.命の縦線を書いていない
2.計算コーナーのスペースが小さすぎる

これらは問題の前に注意事項として言うことで解決すると思います。

きのこ公園の、きのこブランコときのこシーソーがかわいいです^^
1MX74(わからん帳問題)
2016-08-28 (日) | 編集
2016年8月8日(小4, どんぐり歴4年7ヶ月)
1MX74, 保留 (わからん帳問題)

5分で3枚の巨大カードを作ることができるカード製造機があります。
できたカードは順番に積み重ねます。
1枚のカードの厚さは10mmです。
この機械は、積み重ねたカードの厚さが15cmになると自動的に止まってしまいます。
では、11時45分から機械を動かし始めると、何時何分に機械は自動的に止まるでしょう。

1MX74ws_20160828165303095.jpg

昨日まで旅行に行っていたため、久しぶりの更新になります。

これは最初正解にしてしまったのですが、後でよく考えてみると12時10分に「午後」をつけているんですよね・・・
娘は11時45分は午前11時45分で考えた、とのことでした。
ということは、「午後」をつけるなら、午後0時10分が正答だと思うのです。

今まではこの問題に午前や午後をつけたことがなかったので、
そのことを今まで考えたことがありませんでした。

一度マルにしてしまったこともあって、保留にしています。
今のところ来年もう一度やってもらおうかなとは考えています。
清流へ
2016-08-17 (水) | 編集
先日、祖母の住んでいた所の近くにある清流へ行ってきました。
この間のキャンプした場所の川も綺麗だったけど、こちらはもっと綺麗!
町の気温より5度ほど低く、ここちよい風が吹き抜けていました^^
娘は途中から水着に着替え、思いっきり走り回っていました。

fc2blog_20160815221025d2d.jpg

私の母はここではないのですが、この山で育ちました。
通っていた小学校までは片道徒歩1時間。
冬は大雪が降るので、それ以上に通学に時間がかかったのだそう。
でもそれが普通だったし、遊びながら歩いていたからつらいなんて思ったことは一度もなかったそうです。
同じ地区の子供達は、人数が非常に少ないので学年に関係なく1年生~6年生まで全員が一緒に遊んでいたそうです。

fc2blog_20160815221149ff6.jpg

母に当時どんなことをして遊んでいたか聞いてみると、

休日には友達と山で遊び、イワナシの実を採ってよく食べた。(とても甘いそうです)
周囲にはカブトムシやクワガタなどたくさんいるのが当たり前の世界。
だからそれらをつかまえて飼おうと考えたことがなかった。
田んぼにはホタルがたくさんいて、菜種から実を落としたものをほうきのように束ねてそれで蛍を捕まえていた。
プールなんてなかったので夏は川に石を積んで水をせき止め、そこで泳いでいた。
秋になると山栗を拾いに行った。
当時は落ち葉や枝を燃料にしたため山が綺麗で松茸がたくさん採れたから、秋は松茸を使った料理ばかりで嫌だった。
冬は大雪が降り雪合戦したり、ソリを作ってもらって滑って遊んでいた。

…と羨ましいエピソードが次から次へと出てきました。

fc2blog_20160815221357aa4.jpg

今は環境も変わり雪の降る量も随分減り、蛍も少なくなり、松茸も採れなくなってしまいました。
でもまだまだ当時と同じ風景を残すこの辺りの大自然。
一年に1~2度しか行けないけれど、ここで昔の子供たちと同じような体験を娘にも少しでもさせてあげられたらいいな、と考えています。
夏キャンプ
2016-08-15 (月) | 編集
久しぶりの家族キャンプで、とある所へ!
今回は林間サイトに泊まりました。
真夏だけど山の中はとっても涼しかったです!
夕方は肌寒くて長袖を着ていたほど。
サイトの地面が固くてペグダウンが大変でしたが、なんとか設営完了。

fc2blog_20160813114534c8b.jpg

キャンプサイトの目の前を綺麗な川が流れています。
山の中なので冷たくて気持ちがいい!
娘はこういうところに来ると、必ず素敵な形の石を探して持って帰ります。
今回は水に浸すと水色になる石を見つけた!と喜んでいました(笑)

fc2blog_2016081311403349f.jpg

里山キャンプで学んだことが、家族キャンプでも役立っています。
牛乳パックまな板を使ったり、
里山で作ったフルーツポンチも少しアレンジしてここで作りました。

fc2blog_201608131144426ff.jpg

夜になってクヌギの樹液に集まってくるカブトムシを探しに行きました。
ふと空を見上げると、満天の星空!
空がプラネタリウムのようにドーム型に見えて感動・・・。
しばらくうっとり見とれていました。
娘は学校で習った夏の大三角を見つけていました^^ 

fc2blog_2016081311462429c.jpg

早朝のすがすがしい空気、満天の星空、綺麗な川のせせらぎ、せみや鳥の鳴き声…
キャンプに来ると私の子供時代に戻ったような、なんだか懐かしいような、そんな気分になるのです。
子供の頃、山の中にある従妹の家の裏の川で泳いだり、川でスイカを冷やしたり、
森の中に虫を捕まえに行ったりした夏の思い出がよみがえってきたのでした。

最近里山キャンプが多かったので、家族キャンプも月1くらいで行きたいな、と考えています。
1MX56(わからん帳問題)
2016-08-06 (土) | 編集
2016年8月5日(小4, どんぐり歴4年7ヶ月)
1MX56, 正解 (わからん帳問題)

デンデン小学校では秋の歓迎遠足で100歩離れた公園へ行きました。
朝の8時30分に学校を出て、25歩歩いたところで10時になりました。
歩く速さが同じだったとすると、公園には何時何分に着いたでしょう。

1MX56ws_20160806194347db4.jpg

デンデン小学校の生徒は宇宙人。
小学校のある惑星から、公園のある惑星へ遠足に行くのだそうです(笑)

以前の作品はこちら



***お知らせ***
明日からブログの更新が不定期になります。
みなさんも楽しい夏休みをお過ごしくださいね^^
2MX67(わからん帳問題)
2016-08-06 (土) | 編集
2016年8月4日(小4, どんぐり歴4年7ヶ月)
2MX67, わからん帳行き (わからん帳問題)

サンタさんが、子ども4人に、それぞれ同じ値段のお菓子を2個ずつと、
そのお菓子1個の丁度3倍の値段がする玩具を1つずつ買ってあげようと思っています。
ただし、サンタさんが使えるお金を全部で8800円とすると、
1個何円のお菓子と1つ何円の玩具を買ってあげればいいでしょう。

2MX67ws.jpg

これは計算ミスでした。
2200÷5=の筆算時に0をおろしてくるのを忘れたため、このような答えになってしまいました。
赤でそこだけ添削しておきました。
命の縦線を書いてくれるようにまた声掛けしようと思います。

一番右側の子供は寝相が悪くて寝返りをうちすぎ、布団が体に巻きついている
ところを描いたそうです。
これ、実は娘が布団に入るとよくする遊びです。
わざとコロコロ転がって布団を体に巻きつけています(笑)
娘の実体験から感情が再現されていることがよくわかる作品です。
2MX27(わからん帳問題)
2016-08-06 (土) | 編集
2016年8月3日(小4, どんぐり歴4年7ヶ月)
2MX27, 正解 (わからん帳問題)

ある日、タレパンダ君は巨大タレパンダになりたくて6mの身長伸ばしを目指しました。
ケーキ1個で1m、ジュース1本で50cmの身長が伸びます。
食事はケーキ1個とジュース2本がセットになっているとすると、
目標までに、ジュースを何本飲むことになるでしょう。

2MX27ws.jpg

タレパンダ君の下に描いたケーキとジュースのセットを、右側に赤マルで簡単に示しています。
そしてジュースの本数だけを具体的に描きました。
3X2=6となっていますが、2X3=6ですね。
「ケーキ1個だけで1mも身長が伸びるんだったら、○○(娘)はがぶがぶ食べてるよ」
と言ってました(笑)

ちなみにブタさんは食いしん坊だからたくさん食べていて、
ワニさんは大きな口だからたくさん口に入るのだそうです。
ぶたさんはお菓子の持ち帰りの袋を両手に持っているそうです(笑)
2MX20(わからん帳問題)
2016-08-04 (木) | 編集
2016年8月2日(小4, どんぐり歴4年7ヶ月)
2MX20, 正解 (わからん帳問題)

クジラのマッコ君、ザット君、シロナガ君が宝探しをしています。
どの宝箱にも2個の宝が入っています。
今回は3個の宝箱を見つけたら1度ゴールに戻ります。
今、マッコ君が4回、ザット君が4回、シロナガ君が7回ゴールに来ました。
では、3人みんなでは何個の宝を探したことになりますか。

2MX20ws.jpg

ザット君はマッコ君と同じなので計算せずに2人の合計は2倍しています。
3匹はみんな、宝さがしをするためのスコップとハケを持っているそうです^^

現在わからん帳に入っている1Mと2Mの問題は、2問を除いた全てが別番号の同じ問題で正解しているものばかりです。
そのためか、非常に余裕があります。
だからこそ、「答えがわかっても絵図化する」こと、「丁寧に考える」ことをくどく、問題の前に伝えるようにしています。
1MX63(わからん帳問題)
2016-08-04 (木) | 編集
2016年8月1日(小4, どんぐり歴4年7ヶ月)
1MX63, 正解 (わからん帳問題)

ボールのコロコロとゴロゴロは、100m転がりっこ競争で、今日のお掃除当番を決める事にしました。
コロコロは10分で20cm、ゴロゴロは15分で25cm進みます。
どちらが何分早くゴールできるでしょう。

1MX53w1s.jpg

1MX53w2s.jpg

この絵図は学校の中の通路で、そこで転がりっこ競争をしているそうです。
ゴールの場所でゴールテープを持って待ち構えているお友達(プスプスとヘニョヘニョだそうです)がいます。
コロコロ達が進んだ距離のところに、地面にチョークで線を引いているとのことです。
問題をやりながら、「じゃんけんでお掃除当番を決めればいいのに」と言っていました(笑)
同じ距離のところを揃えているところがGOODです^^

以前の作品はこちら
1年生の時はこんなに苦労していたのに、今はあっさりと解けるようになりました。
別番号の同じ問題では正解しています。
2MX62(わからん帳問題)
2016-08-01 (月) | 編集
2016年7月30日(小4, どんぐり歴4年6ヶ月)
2MX62, 正解 (わからん帳問題)

今日は満開の桜の下で、お花見です。御馳走は、クジラの活き造りとアザラシの姿煮です。
クジラの活き造りはアザラシの姿煮の3倍の重さがあります。
午前中に半分のクジラとアザラシを食べたところ、残りの重さは、あわせて120kgでした。
では、クジラの活き造りはもともと何kgだったのでしょうか。

2MX62ws.jpg

これは秒殺でした。
前回の反省を踏まえ、今回は環境設定ばっちりで臨みました。
非常に丁寧にできました。

以前の作品はこちら
別番号の同じ問題(こちらは正解)。この頃は頑張って数を分解していました。
3MX38(わからん帳問題)
2016-08-01 (月) | 編集
2016年7月29日(小4, どんぐり歴4年6ヶ月)
3MX38, 正解 (わからん帳問題)

ある日、タレパンダ君は巨大パンダになりたくて300kgの体重増加を目指しました。
ケーキ1個で500g、ジュース1本で200gの体重が増えます。
食事はケーキ2個とジュース1本がセットになっているとすると、
目標までにジュースを何本飲むことになるでしょう。

3MX38-1ws.jpg

3MX38-2ws.jpg

最初300kgを30kgと聞き間違えていたのですが、通しの時に気が付き計算で10倍しました。
その様子を娘の後ろから見ていて明らかに絵図を描いていないな、と思ったので
「絵図は描いたの?」と余計なひと言を言ってしまい・・・
それで計算後に3枚目を書き加え、その絵図が間違っています
左ページの30kg分を右ページでは1つのセットとして表した、とのことですが、
3セット分が多くなってしまっています(間違いの部分は添削の時に赤で斜線を引いておきました)

実はこれは環境設定が非常に悪い中でやってしまった作品です。
正解はしましたが、作品に環境設定の悪さが表れていると思います。
反省しきりの一日でした。

以前の作品はこちら
ケアレスミスでわからん帳に入っていました。
3MX29(わからん帳問題)
2016-08-01 (月) | 編集
2016年7月27日(小4, どんぐり歴4年6ヶ月)
3MX29, 正解 (わからん帳問題)

ダンゴ虫のお母さんが、1440円で子ダンゴ虫3匹に、
同じお菓子を8個ずつ買ってあげようと思っています。
お釣りがでないように買うとすると、1個何円のお菓子を買えばいいのでしょう。

3MX29ws.jpg

すぐにできました。

以前の作品はこちら
この時の記事に、最後の方で私は
「1440円をなぜか8つに分けようとしていたようです。」
と書いています。
これを読んで思ったのですが、私の方が凝り固まった考え方をしていたことがわかります。
娘の思考の方が自由で多様な考え方を持っているなと今になって思いました。
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記