どんぐり日記
3MX86
2016-02-24 (水) | 編集
2016年2月22日(小3, どんぐり歴4年1ヶ月)
(3MX86, 正解)

ニョロは、運動会で使うハチマキのお金を全員から集めました。
ハチマキは、1本123円で生徒は36人です。
ところが、ニョロのところに集まったお金は4320円です。
どうも誰かが金額を間違えたようですが、誰が間違えたのか分かりません。
そこで、不足分を全員で出し合う事になりました。
一人何円出せばいいでしょう。

3MX86s.jpg

123円の36人分は筆算で出しました。→4428円
不足分の108円を36人で分けるのは、108÷36をまだ学校で習っていないので
以下のように工夫しました。

・36のかたまり3つを書く。(最初生徒36人をずらっと縦に並ばせようと思ったそうですが、
大変なので36のかたまりにして、一列ずつ並んでいるつもりの絵図にしたとのことです)

・一列36人が1人1円持っているという設定をしたらしく、これが3かたまりで
36x3=108。ちょうど108本になり、1人3円とわかった。



写真中央ですが、4428から4320を引くところを、最初4328と書いていて、
引き算の結果が100となっています
(その横の8は後で4320だと気が付いた時に書いたものだと思います)
おかしいと思ったらしく、再度問題文を聞きなおして4320円だったことに気が付いて
紙を足して初めから描きなおしました。

「(筆算の結果の)4428の”8”という数字につられちゃったんだよね~」と自分で言っていました。
こういうところ、まだまだうっかりミスが多いなあと思います。
でも少しずつ直ってきてはいると思うので、全体を注意深く見ることを気を付けてもらおうと思います。

なんとこの日も娘が自分から「今日どんぐりする気がある」と言ったのですることになりました^^

ニョロはなぜか納豆さんだそうです(笑)
教室でニョロが集金しているようです。
机で寝ている生徒、それを見て注意している生徒、あくびをしている生徒、
おしゃべりしている生徒などが描かれています。
3MX61(わからん帳問題)
2016-02-20 (土) | 編集
2016年2月16日(小3, どんぐり歴4年1ヶ月
3MX61, わからん帳行き (わからん帳問題)

1分間に2個の真丸巨大卵を産む鶏モンスターが5羽います。
この卵を重ねて100cmの卵タワーを作ろうと思います。
卵の半径を5cmとすると、9時50分丁度から産み始めれば
何時何分にタワーを作ることが出来る分の卵を用意できるでしょう。

3MX61w1s.jpg

わけあって、わからん帳からの問題です。
1分→1m
100分→100m
100分=1時間40分
9時から短針をまず1時間進める。
ここまでOK。
が、最後長針を40分進めた時に短針を一時間繰り上げるのを忘れてしまいました

内容はよかったと思います。
1分=1mではなく1分→1mですね。
右ページの卵の絵はイラストとして描いただけで個数は関係ないとのことです。

現在、残っている巨大卵問題が、この問題より少し難しいため、
まずは3MX61の様子を見てから他の類題に取りかかった方がいいと考え、
わからん帳問題ですが入れてみたのでした。
この日は「今日どんぐりやる気があるんだけど・・・」と言われたのですることになりました。
どういうわけか最近どんぐりやりたい、ということが月に2回くらいあります^^



以前の作品
3MX61s.jpg

この時は、1分間に5匹が同時に産むという考えをしていなくて、
5分→10個100cmとなっています。
50分→1000cm
500分→10000cm
500分=8時間20分と出しました。
時計を進めるときに短針を9から10→11→12・・・と進めるところを
長針の絵につられたようで、9の次を11に進めてしまって1時間ずれてしまってます。
3MX56
2016-02-17 (水) | 編集
2016年2月15日(小3, どんぐり歴4年1ヶ月)
(3MX56, 正解)

クジラのマッコウ君の今日の夕飯はプランクトンです。
今、赤プランクトンと青プランクトンと緑プランクトンが合計で2712匹います。
赤プランクトンは青プランクトンの丁度3倍で、
青プランクトンは緑プランクトンの丁度半分います。
では、赤、青、緑のプランクトンは各々何匹いるのでしょうか。

3MX56s.jpg

赤:青:緑を3:1:2になるように細長い丸で絵図化。
2712匹を分解して3:1:2に分けるのかな・・?と思っていたのですが、
ちょっと意外なやり方をしました。

まず、先ほど絵図化した細長い丸の一つ一つに400ずつ記入しました。
ここまでで2400匹を移動させたので残りは312匹になりました。
この312匹をお金の絵にして分解し3:1:2に分けました。
合計して各々の数を出しました。
確かにこのやり方だと、エネルギーを使わずに楽に分けられる工夫だなと思ったのでした^^

最後、自分で確認していてこんな発見をしています。
細長い丸を描いた絵図を見ると、青は赤の1/3で緑が赤の2/3。
ということは緑+青=赤になるはずだ。
だから904+452が1356になっているか確認した、とのことです。
これは、絵図を描いていないとなかなか見えない部分だと思います。
この発見は今回の収穫だな、と感じました^^



この日、学校では担任が出張の日で2時間ひたすら計算ドリルと漢字ドリルをやらされたそうで、
家庭でできるだけのんびりさせてリセットしました。
正直こんな日にどんぐりできるかちょっと心配だったけど、
「今日はどんぐりやる気がある」とのことですることになりました。

前回のことがあったので、今回は環境設定ばっちりで臨めました。
問題後に、「どうやって解いたか教えてあげようか」と言って説明してくれました。

問題の途中で「キラーン☆」と言っていたのですが、きっとその時に答えが見えたのでしょうね(笑)
4MX05
2016-02-16 (火) | 編集
2016年2月14日(小3, どんぐり歴4年1ヶ月)
(4MX05, わからん帳行き)

サブちゃんは、今日も世界一の金魚鉢を求めて歩き続けています。
今日は、大金魚鉢2個と小金魚鉢2個を2800円で買いました。
大は小の3倍の値段です。さて、大金魚鉢は1個何円だったでしょう。

4MX05s.jpg

小金魚鉢:大金魚鉢が1:3になるようにするつもりだったようですが、
小に400円、大に800円とここを誤って1:2にしてしまいました。
残り400円は、100円と300円に分けて1:3とし、
300円を150円2つに分解してそれぞれを大に、
100円を50円ずつに分けてそれぞれを小に移動しました。

今回のミスの原因は環境設定の失敗です。
最近本を読みたがるので、本は寝る前だけにしよう、ということを話し合って決めていました。
ところが、本があるとつい読んでしまうんですよね。
この日も最初は「15分だけ」と言って、15分経過すると「あと5分だけ」、5分経過後は「あと10分!」
その次は「このページで終わり!」・・という感じで、最近こういうことが多かったこともあって
私も我慢できずに怒ってしまったんです。

こういうことがあった後にどんぐり問題をするのは間違いですね。
原因は全て私です。
部屋に本を置きっぱなしにしていたこと、娘を怒ってしまったことを反省しました。
早速二階の暖房を置いていない寝室に全ての本を移動させました。
バレンタイン
2016-02-16 (火) | 編集
今年の友チョコは去年と同じ型抜きにしました。

土曜はバレンタインパーティをするとのことで
集合時間や持ち物の書いた招待状作りなどお友達と計画して色々やっていました。
3年生になってこうやって自分たちで計画して何かをやる、ということが増えてきたように思います。

以前、集合場所に一人友達が来なくて困ったことがあったらしくて、
今回は"15分待っても来なかったら先に行く”ということも友達と決めていたようです(笑)



現在娘は歯列矯正中なので、ジュースや砂糖の多いおやつはほぼ禁止しているんですよね・・。
ただ先月から床矯正に入り、装置が取り外しできるので、
バレンタインのときくらいは、とチョコOKにしました。

かなり久しぶりに食べたチョコは
「すっごく甘くておいしかった!」そうです。
普段から甘いおやつばかり食べていたら、こんな風には感じなかったかもしれませんね。


9歳
2016-02-13 (土) | 編集
記事が遅れていますが、先日娘は9歳になりました。

どんぐり倶楽部を知ったのは娘が2歳の時。
私が通信で英語を習っていた、けんじ先生(ニューリーフアカデミー・斎藤兼司先生)が
どんぐり教室を始められたのがきっかけでした。
その頃は9歳なんてまだ先だな、なんて思っていたのに早いものです!

こうやって9歳を迎えましたが、もう子育てに迷いはありません。
どんぐり倶楽部に巡り合えたおかげです。
これからも環境設定をもっとしっかりして、人生を楽しむ力を育てられるように頑張りたいです。

*****
先週末、スケートと雪遊びに行ってきました。
人工雪でしたが、我が家は滅多に雪が降らないところなのでとっても喜んでいました^^



相変わらず、色んなことを想像して書くのが好きな娘。
最近のヒット作。↓

chara.jpg
絵の技術力という面では優れていませんが、こくばんPTA、はなまるくん、チョークこうちょうなど、
こういった想像力が豊かだなあといつも感じます。


mouse.jpg
4コマ漫画もたまに描きます。


ruru.jpg
「ルルのふしぎたんていしゃ」
表紙を描いただけで現在放置中
続きはいつ書くのかわかりませんが、どんなお話になるのか楽しみです^^
いつも不要なA4用紙の裏に書いています。
ちなみにこれは使わなかった漢字塗り絵の裏だったりします^^;

今日はお友達4人と計画して、バレンタインパーティを我が家でやっていました。
友チョコを交換したり、ボードゲームやトランプをやったり、外で遊んだり、とってもにぎやかでした^^


9歳の記録。
身長135センチ、体重25キロ
好きなこと: お菓子作り、絵や本を描くこと、読書、ドッジボール
好きな本: 2分間の冒険、黒魔女さんが通る!
将来の夢: 作家
好きなテレビ: 妖怪ウォッチ、ドラえもん、鉄腕ダッシュ(特にダッシュ島のコーナー)
好きな科目: 図工、体育
好きではない科目: 国語の漢字
3MX50
2016-02-12 (金) | 編集
2016年1月23日、2月2日、10日(小3, どんぐり歴4年1ヶ月)
(3MX50, わからん帳行き)

赤蛇君と青蛇君が、直径1kmの円形をした運動場を2周します。
赤蛇君は1周目を30秒ごとに100m進み、2周目は50秒ごとに150m進みます。
一方、青蛇君は2周とも40秒ごとに120m進みます。
では二人がゴールする時間差はどれくらいになりますか。
円形運動場の1周の距離は直径×3で計算できることにします。
※(本当は×3.14で~す)


この問題は3日に分けてやりました。
1日目
3MX50-1s_20160212104636a1e.jpg

2日目&3日目
3MX50-2s_2016021210463927a.jpg

3日目
3MX50-3s_20160212104652057.jpg

この問題を選んだのはいいのだけれど、思ったより難しかったようで
1日目はやる気が途中でなくなり途中終了。
2日目は1時間ほど考えて、続きは今度やるということで3日目に続きをしました。

この問題は複雑で日を空けると前にどこまで計算したのか、何をやっていたのか
わかりにくかったようです。
3日目は、2日目に描いた絵図の隣に絵図を描きなおしたり、横に筆算を書いたり、
ごちゃごちゃになってしまいました。
また、最初に赤蛇と青蛇の時間と距離の関係を絵図ではなく表にしてしまっています。

1周が3km、2周で6kmはわかっているようです。
赤蛇君1周目180秒→600m
2周目300秒→900m
ここまでの合計480秒→1500m

青蛇君480秒→1440m

までの思考の後追いが出来たのですが、この後どうしたのかはまだ解析中です

色々と工夫の跡は見られるのですが、最後の方は写真2枚目に書かれているように
絵図ではなく筆算に走ってしまっていて、1周目なのか秒なのかmなのかわからなくなって
この辺でミスしたのだと思います。
現在学校では3ケタ×2ケタの筆算ばかりをやっているので、その辺も影響してるのかな・・・。

もう少し、絵図を整理して描くこと、丁寧に計算することも課題です。
最後まで頑張ったけれど、思考の忍耐力もまだまだだなと思いました。
4MX16
2016-02-04 (木) | 編集
2016年1月30日(小3, どんぐり歴4年0ヶ月)
(4MX16, 正解)

ある日、タレパンダ君は巨大パンダになりたくて30kgの体重増加を目指しました。
ケーキ1個で500g、ジュース1本で200gの体重が増え ます。
食事はケーキ2個とジュース5本がセットになっているとすると、
目標までにはジュースを何本飲むことになるでしょう。

4MX16s.jpg

1セットで2kg増えることがわかりました。
5x2=10 (←正しくは2X5ですが)
→5セット分で10kg。
1セットがジュース5本なので、5と書いたジュースの絵を5セット分描く。

10X3=30  → 5セットの3倍が30kgとわかる。
さきほどの絵図で5セットでジュース25本ということがわかったので、
25と書いたジュースの絵を3セット分描く。
25X3=75 75本と答えた。



この問題は、色々ありました
大きな数の問題はやっぱり苦手のようで、途中で
「はあ~」とため息を何度かつきはじめて、20分ほど経ったところで10分休憩しました。

休憩後、しばらくして急に「あっ!ママ~、なんかできそう!」とひらめいた様子。
ここからすんなりと答えがでました。

ところが、最後の通しの段階で異変が・・・

せっかく描いた絵図をバツしたり、やっぱりマルにしたりして、
「合ってるのか間違ってるのかわからない~~~~」
と言ってごろんと横になりだしたんです
この後も長い間考えていたのですが、もうこれで答え合わせにすると言いました。

答えを見ると、正解。考え方もOK。
何を悩んでいたのか???と後で考えていたのですが
最後の通しでわからなくなった原因は2つあると思いました。

まず一つ目。
筆算コーナーは作っているものの、
順番通りでなく空いているスペースのあっちこっちに書いていること。
だから自分がどういう順に計算したのか、
なぜここでこの計算をしたのかわからなくなったのだと思います

二つ目は絵図に単位が添えられていなかったりしてわかりにくいこと。
こういう複雑な問題は特にわかりやすい絵図を描く、という工夫が必要なのでしょうね。
これらのことは次回の注意事項にすることにしました。

”ささのはベーカリー”で出されるジュースのストローは、
竹の節を抜いてつくった竹筒なのだそうです。
マフィンケーキが、ピザ窯で焼かれている様子が描かれています。
時々行く里山での実体験が、こういう風にイメージ再現の引き出しを
たくさんつくってくれているように感じます。
蕎麦打ち
2016-02-02 (火) | 編集
夏に種まきをし、秋に収穫&脱穀したそばの実。
いよいよ最後の作業、蕎麦打ちをすることになりました!
子供達が作りやすいようにと、蕎麦粉7:強力粉3の、七割蕎麦にすることになりました。

soba1.jpg

挽いてもらった蕎麦粉がやけに白いなあと思っていたら、
これは殻を取り除き、蕎麦の実の中心部分を挽いているからで、
こういう白い粉の方が実は上等なのだそうです。

あのいかにも蕎麦っぽい黒い粉の方は殻が入っているからなんですね。
なので黒い蕎麦粉の方が香りは強くなるそうです。

soba2.jpg

少しずつお湯を入れて、自然にダマになっていくようにして混ぜていきます。
パン生地と違ってかなり固いので、最後の捏ねるところは
全体重をかけながら捏ねなければいけないほどで、大変な作業でした。

soba3.jpg

生地の向きを変えながら中心から上に伸ばしていきます。
ここまでくると、蕎麦になってきたな~という感じですね。

soba4.jpg

そば切り包丁は包丁の上げ下ろしだけで、子供でも数ミリ単位で均等に切ることができて簡単。
包丁を上げたまま切り終わりの蕎麦を手で取ろうとするヒヤリとしたアクシデントはありましたが^^;、
この切る作業が一番楽しかったみたいです。

soba5.jpg

捏ねるのに時間がかかったためか(?)、折り目で切れて出来上がりが短くなってしまってました^^;
最後にゆがいていただきました^^

蕎麦の種まきから蕎麦打ちまでほぼ一通りの作業を経験してみて、
脱穀にしても昔の人の苦労が身に染みてわかったし
蕎麦打ちもこんな大変な作業をして作られているんだ、ということが体で理解できたと思います。
この体験を、どこまで娘が感じ、吸収してくれているかはわかりませんが、
これからもこのような経験を大事にしていきたいなと思っています。
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記