どんぐり日記
3mx08
2015-10-24 (土) | 編集
2015年10月24日(小3, どんぐり歴3年9ヶ月)
(3MX08, 正解)

ある島に2本足モンスターと4本足モンスターが同じ数だけいました。
数えてみると、全部で3600匹でした。
ところが、ある時2本足モンスターと4本足モンスターの間で戦いが起こり、
4本足モンスターの足が全て3本足になってしまいまいした。
今、この島にいるモンスターの足の数はみんなで何本でしょう。

3mx08s.jpg

3600匹の半分は1800匹だ、とすぐに頭に浮かんだそうなのですが、
念のため、右ページ下に1800+1800=3600のたしかめ算(一番左の筆算)をしたとのことです。

その後、1800の3倍、1800の2倍をそれぞれ足し算で出しました。
すぐにできて楽しくお絵かきをしていました。

モンスターの国では、「梨が一番おいしい食べ物だ!」という4本足モンスターに対し、
2本足モンスターは「りんごが一番おいしい食べ物だ!」と言って戦いが起こりました。
モンスターの国には7本足魚も住んでいるそうです(笑)

最近学校で一通りローマ字を習ったのでローマ字が登場しています^^;

2年生の時にキャラクター違いの同じ問題をやっています。
その頃に比べて随分と進化しました^^
3MX37
2015-10-21 (水) | 編集
2015年10月16日(小3, どんぐり歴3年9ヶ月)
(3MX37, 正解)

定規とコンパスを使って次の図形を正確に書いてみましょう。
正三角形    二等辺三角形

3MX37s.jpg

どちらもきちんと書けました^^


この問題をする少し前の日の話。
娘 「今度、授業で定規とコンパスを使って三角形を書くんだって~。どうやって書くのかなあ」

「さあ、どうするんだろうね~
と答えたら、
「ママ、知ってるでしょ!o(`ω´ )o」
と言いながらも定規とコンパスを使って紙に色々書いてはああでもない、こうでもないと言って
結局答えに辿り着かなかったようでした。

その翌日。
学校でやり方を習った娘が、

「三角形の書き方がわかったよ!!」

元気に言うと、紙に書いて見せてくれました(笑)
ワクワクした気持ちで学校の授業を受けられていたらいいな(゚∀゚)
3MX33
2015-10-15 (木) | 編集
2015年10月12日(小3, どんぐり歴3年9ヶ月)
(3MX33, 正解)

ムーリー君はピクニックに行く途中、家から北へ向かって6km400m歩いたところで
忘れ物を取りに家に戻りました。
まず、ムーリー君は、南へ5100m戻って、次に西へ350m進み、
また、南へ1500m進んで東へ350m進みました。
さて、これから最短距離で家に帰るにはどの方向に何m進めばいいでしょう。

3MX33s.jpg

絵図、筆算、単位換算、ばっちりできました♪
東がどっちだったか少し迷っていましたが、正しく答えることができました。
頭の中で地図が描けていますね。

チワワのムーリーくんは、おうちにお弁当を忘れたのだそうです(笑)
お肉のなる木や、ムーリー君とお友達のブー君、うさちゃんとの池で起こったストーリーをたくさん話してくれました。
前作に引き続きチワワが登場しました。
娘はチワワが好きなのだそうです^^
3MX72
2015-10-12 (月) | 編集
2015年10月9日(小3, どんぐり歴3年9ヶ月)
(3MX72, 正解)

6デシリットルと2/5(5分の2)リットルと2リットルを足すと何デシリットルになりますか。

3MX72s.jpg 

今回も危なっかしい場面がありましたが、自分で途中の間違いに気が付き正しく答えることができました。

最初2/5リットルを求めるために10を10個20ずつのかたまりにして、5つに分けています。
うち2つ分(10を4つ)を囲んで40mlと描きました。
これは1リットル=100mlと間違えていたのだと思います。
mlにしたのは単位はそれで答えると思って準備していたのでしょう。

この後dLで答えないといけないとわかり、単位換算表を書き始めました。その時「ん?」と言っていたので先ほどの間違いに気が付いたのだと思います。
そして1Lが何dLかを調べて10dLと出し、2、2、2、2、2に分解して、2を2つ分囲んで
2/5リットルは4dLと出しています。

シンプルな問題でしたが、この問題からいろいろなことが見えてきました。
まず、1リットルが何ミリリットルかは、あやふやだと感じました。ただこれは換算表が書ければ問題ないと思います。
また、単位換算表を用いたL→dLの換算についてはしっかり理解できていることがわかりました。
そして2/5リットルも理解できていることがわかりました。

娘はいつも問題を終えてから、絵に色を塗ります。
その時にコップに色んな模様を描き加えていました。

右側にいる女の子がコップに水を入れ、
左側の女の子がコップに金色のデザインをしてくれるそうです。
チワワなどの動物たちがそのコップを飾っているとのことでした。
秋。
2015-10-07 (水) | 編集
娘の一番好きな季節は秋。

食欲の秋
読書の秋
紅葉の秋

だからだそうです。

読書の秋
・・・なのですが我が家は読書制限はしています。

そんな中でも、今娘がはまっている本があって、一つはMOVEの星と星座の図鑑。
この図鑑、イラストがと~~っても素敵なのです。
娘が本屋さんでこのイラストに魅了されて、吸い込まれるように(?)買いました。
「本物のしし座流星群を見てみたいなあ」って娘が言うくらい、イラストに引き込まれています。
ギリシャ神話のお話もイメージがわくみたいで興味深く読んでいるし、
娘が珍しく図鑑に夢中になっていました。




そしてこちらは図書館で借りて
「これ、めちゃめちゃおもしろかったから買って!」と言われて買った本。
やっぱり娘は岡田淳さんの本が大好きです。
「おじいちゃんがありえないお話をするところがおもしろい」のだそうです。
一話が短くて、夜の読み聞かせにもぴったりです^^
同シリーズで願いのかなうまがり角 というのもあるようなので、今度読んでみようと思ってます^^



先日の苦行。
2015-10-06 (火) | 編集
先日の宿題。

50÷7=7あまり1
51÷7=7あまり2
52÷7=7あまり3
53÷7=7あまり4
54÷7=7あまり5
55÷7=7あまり6
60÷7=8あまり4
61÷7=8あまり5
62÷7=8あまり6
  ・
  ・
  ・
これが延々と80問。
あまりが1ずつ増えていくので、途中考えることを放棄していたマシーン(泣)

先生側としては、割られる数が1増えるとあまりが1増えるということを
多くの問題数をこなすことで教えたかった(?)のかもしれませんが、
私にとっては無意味な宿題に思えて仕方がありませんでした。
2MX21
2015-10-04 (日) | 編集
2015年6月20日、10月3日(小3, どんぐり歴3年9ヶ月)
(2MX21, 正解)

アリンコのチビチビ君は一歩で3mm、チョビチョビ君は一歩で5mm進む事ができます。
今日は、とても天気がいいので二人はお散歩に出かける事にしました。
目標は家から90cm離れている小高い葉っぱの上です。
二人は同時に出発して、2秒で1歩進みます。
では、どちらが何秒遅く小高い葉っぱの上に辿り着くでしょう。

2MX21as.jpg

気持ちを切り替えて臨んだこの日のどんぐりは、前日とは打ってかわり、なかなかの出来となりました^^

チビチビ君。
3mmずつ3cmまで細かく描き、3cm→20秒がわかる。
ここから3cmずつ30cmまで描き、10倍して30cm→200秒。
残りは30cmずつ描き、3倍して90cm→600秒。

チョビチョビ君。
1cm→4秒
10cm→40秒
を出して、4x9=36の筆算(作品左下)をしてこれを10倍し
90cm→360秒。

二人の差を求めて答えを出しました^^

葉っぱの上にある家具などは、チビチビとチョビチョビの2人分置いてあります。
道中、横道にそれると、道路の上に白いきのこの「フェアリーリング」が生えています。
これが丸く集まって生えると朝早い時間に妖精が来て、そこのきのこに座って会議をするそうです(笑)
山は紅葉している様子が描かれています。

(問題後の説明についてですが、特に正解した場合、私が何も聞いていないのに
これはこういう絵なんだよー!と楽しく娘から説明してくれることがよくあります。
こういう場合は説明を聞くのはOKだと思っています)

今回は、1歩で5mm、2秒などの絵図がきちんと描けたのでほっとしました^^

2MX21aa.jpg



実はこの問題は6/20に始めたものですが、途中終了となり続きは次回、となっていました。
ところが、次は「違う問題がやりたい」とずっと延ばし延ばしになっていて
あまりにも期間が開いたので、そろそろこの問題をやってみないかと勧めてみたのでした。
6月の時点では最初mm単位で細かく区切って描いていきました。
90cmまでまだまだ先で、今度は数をまとめてやろうとしたようなのですが、
集中力が切れてしまいここで終わっています(下写真2枚)。
その時に比べると今回は数をまとめる工夫が出来、スムーズに解けました。

6/20作品-1
2MX21-1s.jpg

6/20作品-2
2MX21-2s.jpg

これまでの問題でも、このような工夫は少しずつ見られるようにはなっていましたが、
今回のように、
3cm→20秒
30cm→200秒
90cm→600秒
のように数字のまとめ方が段階を踏んでいったのは今回が初めてのような気がします。

これで大きな数字の問題のハードルが随分下がったんじゃないかなと思います。
なんだか今後が楽しみになってきました^^
3MX03
2015-10-03 (土) | 編集
2015年10月2日(小3, どんぐり歴3年9ヶ月)
(3MX03, わからん帳行き)

デンデン君は、毎朝公園の周りのお散歩ロードを1周します。
お散歩ロードは1周3km200mです。
デンデン君は15分で400m進むことができます。
では、デンデン君が 朝のお散歩以外に使える時間は1日に何時間何分あるでしょう。

3MX03s.jpg

今回、ちょっといろいろとありました

最初、半端な200mの時間から求めました。
200mは7分30秒、と(合ってますが)いきなり暗算で出してます

次に400+400+400+400を2000(m)と計算ミス
次に15+15+15+15=60(分)をして道路の絵に「2km 1時間」と赤で書きました(画像左下の方)

2kmで1時間、200mで7分30秒だからと(残り1kmのことをすっかり忘れていて
24時間から引いて22時間52分30秒と最初に出しました。

ですが、通しの時に間違いに自分で気が付きました。

今度は左ページ右上に、青色で7分30秒と書き、その下に「1km 37分30秒」と書いています。
(問題後に聞いたところ、これは400mで15分だから800mは倍で30分、
残り200mは400mの半分だから7分30秒、
足して1000mは37分30秒だ、とこれも暗算したそうです

1km→37分30秒
200m→7分30秒

まず分を計算。37+7=44(分) (一番右のページ下の筆算)
秒を計算30+30=60(秒)

1日の残りの時間を調べるために以下の計算をしました。
24(時間)-1(時間)=23(時間)
1時間は引き過ぎだから、
60(分)−44(分)=16(分) (→この時点で23時間16分になる)

秒の合計が60秒なので
16-1(分)=15 (この時点で23時間15分)

私が思考の後追いができたのはここまでで
残り2km分の計算のところはどうやったのか、どうしてもわかりませんでした。
ここで何かを間違ったのだと思います。

問題を終えてから、「あぁ、やっぱりこの15分はあったんだー」と言ってました。
(確かにあと15分足せば正答になるんですが・・・。もちろん答えは娘に教えていません。)



今回気になった点ですが、
「15分で400m」は、こんなストップウォッチを描いたところです。
 ↓↓
3MX02watch.jpg
1週間ほど前に、学校でストップウォッチの秒の読み方を習っていたのでこれが浮かんだのか、
たまたまだったのかはわかりません。

そしてこの絵は描いただけで、計算で出そうとしています。
途中計算ミスをしていたり、暗算でしてしまっていたりと、非常に内容が悪かったです。

だから問題の後娘の作品を見た時、我慢できずに、
「これ(37分30秒)はどうやって出したの?」
「暗算じゃなくて筆算を書かないとダメでしょ」とちょっと怒った口調で言ってしまい、
久しぶりに娘を泣かせてしまいました・・・(大反省です

問題後に説明させてはいけないのに、
こんな対応をしてはいけないのに、
私の反応を見て娘がどう感じるかなんて今までの経験でよくわかっていたのに、
どうしても今回我慢できなかったんです
本当に娘に悪いことをしてしまいました。

どんぐりを4年近くもやっているのに・・、と自分の我慢のできなさに丸1日落ち込みました。

でも大事なのはこの失敗で学んだことを生かして改善していくこと。
娘には謝って、また気持ちを改めて頑張ることにしました。

ただ一つ、よかった点もありました。
”400mで15分だから800mは倍で30分、残り200mは400mの半分だから7分30秒、
足して1000mは37分30秒”
とした箇所です。
(暗算したのはよくなかったですが、)これが頭の中でイメージできるくらい
比が理解できるようになってきた、ということなのかな、と思います。
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記