どんぐり日記
3MX02
2015-06-28 (日) | 編集
2015年6月27日(小3, どんぐり歴3年5ヶ月)
(3MX02, 正解)

デンデン君は、毎朝公園の周りのお散歩ロードを1周します。
お散歩ロードは1周200mです。
デンデン君は15分で5m進むことができます。
では、デンデン君が朝のお散歩以外に使える時間は1日に何時間何分あるでしょう。

3MX02s.jpg

15分で5m→30分で10m。
10mずつ描いていって、100mのとき5時間とわかる。
ここで一気に200mは5時間の倍、として10時間としました。
24-10=14 で答え14時間。

すぐにできました。
数をまとめる工夫ができたところがよかったと思います!(^^)
デンデン君はデンデン太鼓なのだそうです(笑)
公園にある滑り台は、”こそあどの森”のトワイエさんのお家をアレンジしたそうです。
お散歩ロードが途中で止まっているのは、「ここ、道をつなげるのを忘れてたんだけどね」と言ってました。
3MX14
2015-06-24 (水) | 編集
2015年6月14、23日(小3, どんぐり歴3年5ヶ月)
(3MX14, 正解)

花びらが5枚の赤チューリップと白チューリップがあります。
赤は白より28本多く、赤は全部で32本です。
今、白花びら2枚と赤花びら5枚を1袋に入れて配ります。
最高で何袋できて、花びらは何色が何枚あまりますか。

3MX14-1s.jpg

3MX14-2s.jpg

2日に分けてやっています。
始め(写真1枚目)に赤白の花の絵(葉っぱ付き)を1本ずつ描いて、その下に花の絵を正しい本数描いています。
ところが、白2赤5の1袋を作っていくときに、一番上に描いた花の絵まで含めて数えてしまっています。
そのため、最後確認するときに「赤が白より28本多いのに赤がなぜか33本もある~~」と騒ぎになって何度も数え直していました。
だんだんやる気がなくなってきたのが目に見えてわかったので、ここで強制終了にしました。

日を空けて続きをしました。(写真2枚目)
この日はすんなりと正解。終わってから楽しく絵も描けました。
イラストは、おうちにチューリップ畑があるイメージをしたようです。(チューリップには見えませんが・・・
家に絡みついているのは、つるバラだそうです。まだ花は咲いていないとのことです。



ここ最近、ケアレスミスは少しずつ直ってきているように感じますが、やっぱりまだまだ危なっかしいです(苦笑)

それから、この作品でもわかるのですが、5x10=50(5枚の花びら10個分)で計算していったら早いのに、なぜか娘は5x9をやります。先に5x9を思いつくのだそうです。
4月の終わりくらいに10倍する掛け算も学校で習ったのですが、まだしっかり自分のものになっていないのかもしれませんね。
秋色紫陽花
2015-06-23 (火) | 編集
我が家の秋色紫陽花・シーアン。
秋まで咲き続け、青→アンティークグリーン→赤みがかったアンティークグリーンと、色の変化が楽しめる紫陽花です。
雑貨屋さんに行くと、よくこのシーアンのドライフラワーが飾ってあって、それがとっても素敵なのです

fc2blog_2015062308200572f.jpg


一昨年、一部を切り取って別の場所に挿し木しておいたところ、
大きくなってピンクの花が咲きました!

fc2blog_20150623082125e8a.jpg

紫陽花は土のpHで花色が決まるようなので、今度娘と土のpHを調べてみようかな?
2MX96
2015-06-19 (金) | 編集
2015年6月18日(小3, どんぐり歴3年5ヶ月)
(2MX96, 正解)

ハムスターのチェリーちゃんがお散歩に出かけました。
まず、お家から950m北にあるお花見公園で沢山のお花を見てから、お昼御飯を食べました。
帰り道は、お花見公園から南へ20m、西に100m、南に80m、東に300m、南に850m歩きました。
では、ここからチェリーちゃんが、一番短い距離で家に帰りつくには、
どちらの方向(東・西・南・北)へ何m歩けばいいでしょう。

2MX96s.jpg

2MX96-2s.jpg

初めてこのタイプの問題を選びました。
最初に写真1枚目向かって右ページの絵図を描いています。
正しく描けているのですが、この時「南北」の距離にだけ意識が集中していたようで、850m戻ったら計算結果が0になるため、
「あれ・・・?、0になって家に戻ってきた。おかしい。。。。」
と思ったそうです。

それで絵図をもう一度描き直しました(写真1枚目左ページ)。
今度も同じ絵図を描いたのですが、絵図全体を見ることができたようで、東に200mの位置にいることに気が付き、正しく答えられました。
300-100の筆算が欲しかったですが、目で見てすぐわかったとのことです。

今回も絵図全体を見ることができたことがよかったです!!(ちょっと危なっかしい場面はありましたが・・・)
ただ、もう少し複雑な問題の時にもこうやって全体を見られるかどうか・・・。
それが出来たときに初めて喜ぶことができそうです^_^;

日常生活でも学校に行く前、寝る前などに一度振り返って部屋全体を見て忘れていることがないかチェックしてもらうようにしています。このことも効果があるような気がします。

最初に描いた絵図には、北→南→西→・・・・とチェリーちゃんが歩いていく各場面での表情も描いています。
公園に着いた時の表情は楽しそうですが、歩いていくにつれて表情が変わり、汗の量が増えてチェリーちゃんが疲れていく様子がよくわかるんですよね。

2MX95zooms.jpg

チェリーちゃんの感情の変化を上手に表現しているなと思いました。
ノートの端っこの方に小さくですが、東西南北も記入して方位も理解できているし、絵図も正しく描けたし、よかったと思います。

問題後にフードコートのイラストを描きました。(英語のスペルは聞かれたので教えました)
ハムスターたちの家は狭いので、このフードコートにみんなが集まって食事をするのだそうです(笑)
ショーケースにある金色と銀色のひまわりの種が「とくべつメニュー」なのだそうです。
3MX44
2015-06-13 (土) | 編集
2015年6月11, 12日(小3, どんぐり歴3年5ヶ月)
(3MX44, 正解)

赤亀と青亀と黄亀を1匹ずつ持ったタヌキが日本海を南下しています。
亀は全部で63匹いるのですが、赤亀は青亀より18匹多く、青亀は黄亀の丁度2倍います。
では、赤亀は何匹いることになりますか。

3MX44-1s.jpg

3MX44-2s.jpg

・赤18→黄1→青2を描いたあと、全体の数を揃えるため赤に2匹追加。(赤20、青2、黄1の計23匹)。
・63-23=40。赤→青→黄の順に1匹ずつ40匹分加えていこうとします。39匹まで加えました。
 (このやり方だと、青が黄の2倍にならないことに途中で気が付いています)
・次に一旦、黄2匹をバツしました。
・今度は青を黄の倍にするために黄を青に移動→青と黄の数を数字で書く・・・・といった感じで合わせていきました。
 (途中一度、黄2匹を青に移動したあと黄2をバツするのを忘れていますが、数字の方は正しく書いています)
・最後に残っている3匹を赤に加えると正しい数になりました。
・問題文の通りになっているか筆算で全体を確認しました



もう少し進化した考え方ができるようになるのは、まだ少し先なのかな・・・?
その日を楽しみに待っていようと思います。
「日本海」、「南下」の意味はばっちり理解していました^m^

今回、最後に筆算で全体を確認することができたところがよかったと思います(嬉)!!
細かいケアレスミスはあるので、まだ大いには喜べないのですが、「全体を見よう」と長らく伝え続けてきた努力が少しだけ実ったような気がして嬉しかったです

絵の方ですが、こんなイメージをしました。

狸がこれから船で日本海に出発しようと準備しているところを描いたそうです。
大きな籠の中に亀が63匹入っていて、狸がその中の赤、青、黄亀を一匹ずつ鞄に入れて持っていこうとしているとのことです。
狸は心配症なので、海の上は寒いだろうと思って厚着をしています。
それを見た友達のウサギとネコが呆れています。
お日様と反対側に動物たちの影を描いていますね。

この問題は2日に分けてやっています。
1日目は50分ほど考えたところで集中力が切れてきたので途中終了しました。
1日目の絵図も載せておきます↓

3MX44-3s.jpg
紫陽花
2015-06-11 (木) | 編集
我が家の紫陽花、アナベルとピンクアナベルです。
梅雨の季節にはやっぱりアジサイが似合います(^^)

一般的なアジサイと違って、このあじさいは新枝に花が付きます。
だから、花後早く剪定しなくても、翌年には地面から生えてきた枝にどんどん花が咲いてくれるのでとっても楽。
グリーンから白になり、またグリーンに色が変化していきます。
このグリーンの色がアンティークっぽくてとっても素敵なのです。

fc2blog_20150611084016ca4.jpg

こちらはピンクアナベル。
一昨年に植えたばかりでまだまだ小さいですが、とってもかわいいアジサイで、私のお気に入りです。

fc2blog_20150611084050c50.jpg

もうすぐ秋色紫陽花が咲きそうで楽しみです^^
3MX21
2015-06-09 (火) | 編集
2015年6月6日(小3, どんぐり歴3年5ヶ月)
(3MX21, 正解)

朝早く目覚めたハム太郎は、どういうわけか、突然もっと筋肉をつけようと思い、
どうしたら筋肉がつくのか色々と調べました。
その結果、筋肉豆腐の半分がたんぱく質で、そのたんぱく質の半分が筋肉になることをつきとめました。
では、100gの筋肉をつけるには筋肉豆腐を何グラム食べるとよいでしょう。

3MX21s.jpg

なぜか娘の苦手な筋肉豆腐問題。
これまでの作品で、「100gの筋肉」が筋肉豆腐の中の筋肉の部分だ、という発想にどうしてもならないんですよね・・・。(筋肉が1/4ということも、逆算もわかっているのですが)
そして今回は正解したのですが、変わった(?)考え方をしました。

1. 最初なぜか筋肉豆腐をまず100gとして考えています。(問題文にある100gがどこを指しているのかわからなかったので、筋肉豆腐1つを100gにしてみたと言ってました)

2. 筋肉が1/4の絵図を描きます。この絵図から筋肉の部分が25gと理解しました。(100をまず半分に分け50と50、それぞれの50をさらに半分に分けて25gを導き出しています)

3. 一つの筋肉豆腐の中の筋肉の部分が25gなので、筋肉を100gにするためには筋肉豆腐が4つ必要だ、と考えて筋肉豆腐を4つ描きました。(25+25+25=75, 75+25=100としています)

4. 絵図を見ると筋肉豆腐1つは筋肉(25g)の4倍の大きさだからと、4倍して100gだと考えました。(ここで逆算しています。最初の1.の考えはこの時点で忘れている??)

5. 筋肉豆腐1つが100g。絵図から4つ分必要で4倍だ、とわかり400gと答えました。(100+100+100=300, 300+100=400としています)



これなんですが、比率の4:1がわかっているので最終的に答えは合ってくるのですが、1.で100gを「筋肉豆腐が100g」としてみたところは間違っていると思うのは私の固定観念でしょうか・・・?
(これが”30gの筋肉をつけるには筋肉豆腐を何グラム食べるとよいでしょう”、という問題なら正しい答えは120gですが、娘の考え方でも120gと出てしまいます。何グラムであろうと同じです)

1.以外の2~5の思考はとてもよいと思います。
ですが、1.の「筋肉豆腐が100g」という設定をしたことがどうしても腑に落ちないんですよね・・・

このまま正解のままにしておくと、次からの筋肉豆腐問題もこれと同じ考え方をしてしまいそうな気がします。
かと言って最初の「筋肉豆腐が100g」のところは違う(?)、と伝えていいのか・・・?
どう添削してあげればよいのか・・・?悩んでいるところです

問題を終えた段階では左ページしか描かれておらず、どのように思考したのかわからなかったので、娘に説明してもらいました。
右ページはその説明時に描いてくれた筆算です。
里山探検
2015-06-08 (月) | 編集
我が家から車でしばらく行ったところに山があります。
長い間手つかずで人が足を踏み入れることすらできなかったその山を再生しようと、今、いろいろな団体が活動しています。
ここ数年で、ようやく少しずつ里山として利用できるようになってきています。
その中の団体の一つに加入しているのですが、先日里山でその活動がありました。

bird.jpg

15分ほど山の中を歩くと、突然ひらけた場所に出ます。
そこは鉄○ダッシュというテレビ番組のダッシュ村の世界によく似ています。
田んぼや畑、ビニールハウス、竹で作った小屋、ウッドデッキ、土器を焼く窯にピザ窯、バイオトイレ・・・全てが手作りです。 
(追記:バイオトイレは市が設置したものでした)

ミツバチの巣箱もあらゆるところに設置されていました。

bee.jpg

この日の活動は、自然観察指導員さんを迎え、里山の探検と水生生物の観察です。
まずは子供達が思い思いの場所で生き物を捕まえて、それを種類別に分けます。
後で採った生き物を指導員さんが詳しく説明してくれます^^

まずはビオトープ池で。
めだか、やご、アメンボ、よこえび、おたまじゃくし、カエル、ザリガニ、どじょう、カワニナ、カワゲラ、ガガンボ・・・などなど
、子供達みんな合わせると、たくさんの生き物が集まりました!
さすが指導員さん、めっちゃ詳しくてとても勉強になりました。
自分たちだけだったら、小さすぎる生き物には普段気にも留めていないでしょうね~。

pond.jpg

お昼になり、ここでお弁当を食べました。
山の中で食べるお弁当は最高です。
家だとご飯を食べ終わるのに40分以上かかる娘ですが、ここでは何と10分ほどで食べ終わりました
もう川で遊ぶのが待ちきれないといった感じです。
食べ終わるとすぐに生き物を捕まえに川へ飛び込んでいきました。
初めてのお友達ともすっかりうちとけて仲良くなり、一緒に協力して生き物を捕まえたりしていました。

river1_20150608094853331.jpg

今度は川へ移動。
山はだいぶ整備はされてきていますが、このあたりはまだまだ自然そのままの姿です。
長靴を履いてきたけど、靴の中までもうびしょ濡れの状態に。
こちらでは、オニヤンマのやご、うず虫、ガガンボの幼虫、カゲロウなどが採れました。
他にも色々知らない名前の生き物もたくさん。

river2_20150608094902267.jpg

来月は里山で採れた野菜を使ったピザ作りと、陸上生物の観察です。
我が家の周囲には緑がないので、月に1~2度ですがこうやって里山に遊びに行けるのがとっても楽しみです。
2MX97
2015-06-05 (金) | 編集
2015年6月4日(小3, どんぐり歴3年5ヶ月)
(2MX97, 正解)

ムゲンドラモンが今までに戦った相手は、今までにピノッキモンが戦った相手の11倍です。
また、ピノッキモンとムゲンドラモンが戦った相手の数の差は30匹だそう です。
では、ムゲンドラモンは何匹の相手と戦ったのでしょう。

2MX97s.jpg

今回のはなぜか2年生の時に選ばなかった問題です。

1. ピノッキモンの絵の下の方に四角一つ、ムゲンドラモンの絵の下に縦に長い四角を描き、11ばいと書く(11倍の長さになるように考えて描いているようです)。

2. ピノッキモンからムゲンドラモンのところまで横の点線を引き、差の部分を30ぴきと書く。

3. 下の方に横向きのテープ図のような図を描いて11等分し、左から順に数字の1を30個書いていく。
このときに、なぜか1番右の1倍の部分まで数字の1を書いてしまいました。(ですのでこの時点では3行目の右側3個が空いている状態になっています)

4. この後、1.と3.で描いた2つの絵図を見比べて何やら考えていました。
しばらくして、3.の絵図の中の間違いに気がつきました。
絵図を訂正します。
3.の絵図の中に3個数字の1を加えて右3個を縦に赤で囲み、ここが1.の絵図でいう1倍の部分だとわかるように矢印を引いています。
これで残りの部分が差の30匹となり、正しい絵図になりました。

5. 最後に筆算して33匹と答えました。


難しいかなと思ってたけど、やってみたら簡単だったー、と言ってました。

今回は絵図全体を見る、ということが出来ていました^_^
いつもミクロに意識が行きすぎて全体を見ていないことがよくあるので、今回のはよかったと思います。

早く終わったので後で絵を描き加えていました。
ムゲンドラモン: 武器はこんにゃく。 たてがみの中に予備の目があり、付け替えることができる。
ピノッキモン: 武器は爪。ピノキオのような鼻をしている。

右ページのゴーゴンって誰かと思ったら、怪傑ゾロリに出てくる妖怪だそうです。
このゴーゴンの目を見た人間は石になってしまうので、普段は仲間を石にしないためにサングラスをしているそうです(笑)
この問題からなぜゴーゴンを思いついたのかは謎ですが、戦いなので妖怪がいて、ドラえもんとのび太は見学に来ているとのことでした(笑)

4MX91
2015-06-01 (月) | 編集
2015年5月30日(小3, どんぐり歴3年4ヶ月)
(4MX91, 正解)

ここは何でも屋さんです。ここでは、お星様と黄金タコ焼きがよく売れます。
お星様1個と黄金タコ焼き1個では50億円、
お星様1個と黄金タコ焼き2個では80億円です。
では、黄金タコ焼き1個は何円でしょうか。

4MX91s.jpg

現在4Mもほんの少しだけ問題の束に入れています。今回、この問題を選びました。

最初にお星様と黄金たい焼きの絵を50億円、80億円それぞれ描きます。
(タコ焼きがたい焼きの絵になっています途中で、「あれママ、タコ焼きって言ってるな・・」と思ったけれどそのまま進めたとのことでした)
この後、この絵を見てしばらく考えていました。
少ししてわかったみたいで、お菓子を食べてゆっくりのんびりしていました(笑)

次に絵図化したのが下の写真の部分。
(これを描く前に頭の中でお星様が20億、黄金たい焼きが30億と答えがでていたので、最初からそのつもりで絵図を描いています)

4MX91z.jpg

問題後に頭の中で考えたことを聞いてみたところ、先に下の80億の絵図の方で考えたとのことでした。
80億を10億ずつ8つのかたまりにして、これをお星様1個とたい焼き2個になるように分けた。
するとお星様が20億円で、たい焼き1個目30億円、2個目30億円でちょうど80億になった。
上の50億の絵図に、それらの金額を当てはめてみるとぴったり50億になったので、答えがわかったとのことです。

この解き方でも悪くはないけれど、もっと複雑な問題になった場合は厳しいでしょうね。

どんぐり倶楽部HPの添削例を参考にして、自分なりに添削してみました。
と言っても、娘の作品に書き込む勇気はないので、以下の写真のように赤鉛筆を置いただけです。
添削したから見てみてね、の一言以外言ってません。
これを見た娘、「ああ~~~~!ここが一緒~~~~!だから30億円だ~~~~!」
添削、こんな感じでいいかな?
(追記:このような添削をしたのはこの問題が最初で最後です。というのは後になって、やはりこの添削はしないほうがよかったな、と思ったからです。)

fc2blog_20150601091324a11.jpg

絵は、クイズさんが経営するなんでも屋さんに、子供のかいじゅうさんが買い物に来ています。
このクイズさんは、娘の学校用の自由ノートに出てくる娘オリジナルのキャラクターです(笑)
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記