どんぐり日記
3MX11
2015-04-27 (月) | 編集
2015年4月24日(小3, どんぐり歴3年3ヶ月)
(3MX11, 正解)

ダンゴム市の人口は、みんなで72000人です。
今、男の列2列と女の列2列に並んで もらっています。
数えてみると、女が男よりも2000人多いことがわかりました。
では、女の一列には何人が並んでいるでしょう。
ただし、男の2列は同じ人数、女の二列も各々同じ人数と考えてください。

3MX11s.jpg

70000を10000のかたまり7個にわける。うち4個を男女に移動。
(女に1万を移動する前に多い分の2000を1000ずつにして女の列に描きました。)
残りの10000のかたまりをそれぞれ5000のかたまり2つずつに分解。
2つの5000のかたまりを、500のかたまり2個と2000のかたまり2個ずつにそれぞれ分解。
男女に均等に振り分ける。
女の一列を合計。
単位が違いましたがおまけで◯にしました。
だんごむしの絵がもう少し大きく描けるといいなと思いました。

小2の時の作品(百の位までしか習っていなかった頃)に比べ、今回は万の単位をしっかりと理解して解いている印象を受けました。

答えを書き始める時に、女2列分の合計をしていたことに自分で気がつき、訂正して計算し直しました^_^
最近こうやってケアレスミスに自分で気がつくことが増えてきたように感じます^^
おもしろ作品
2015-04-26 (日) | 編集
この間買った、ちゃおの漫画セット。
絵を描くのもそうですが、漫画の吹き出しにセリフを入れるのも楽しそうです^_^
ふと見ると、こんな作品が出来上がっていました。

ふなっしーの漫画テンプレート
fc2blog_20150426161003ff8.jpg


娘の考えたセリフ↓↓↓

fc2blog_20150426161047b86.jpg



ふみちゃんとジバニャンは・・・
youkaizero.jpg



こうなってました(笑)↓↓↓
youkai.jpg

一応本人は、怪傑ゾロリのような漫画も文章も書ける作家を目指しているそうです
3MX42
2015-04-22 (水) | 編集
2015年4月21日(小3, どんぐり歴3年3ヶ月)
(3MX42, 正解)

赤卵と青卵と黄卵5個ずつで位取り遊びをしました。
十の位に付くと10点、一の位に付くと1点ゲットできます。
赤卵の合計は41点、青卵の合計は32点、黄卵の合計は50点でした。
十の位には一の位に付いた卵の何倍の卵が付いたのでしょう。

3MX42s.jpg

これなんですが、3匹の動物たちがそれぞれ赤青黄5個ずつの卵をもっていて、各動物が各点数をゲットしたイメージをしています。
問題文には”何人で遊んだか”は書いていません。娘の考え方だと例えば100人で遊んだとしても比率は変わらないから答えは同じになるし、この考え方もOKなのかな、と私は思ったのですが、どうなんでしょう…?
なぜ3人をイメージしたのかは謎ですが・・・
というわけで、36個は9個のかたまりが4つあるから4倍だ、として答えを出しました。


そして今回は重い重い重~~い腰をようやく上げ、娘のどんぐりの様子をビデオに撮ってみました。

学習机にビデオがどうしてもセットできなくて、和室にある大きな机でどんぐりをやってもらいました。
机の上に三脚を乗せてそこから撮影するという、いかにも撮影してます!って感じなのがちょっといただけなかったかも・・・
やっぱりどっちもクリップが必要かなあ~。

ビデオはリバースできるので、途中数えミスしているところがどのような様子だったのかとか、細かくチェックできるのがよかったです。
ただ、Youtubeについてはまず使い方から調べないといけなくて、今だに二の足を踏んでいます
.たまに撮ってビデオ再生で見直すだけなら続けられそうかな~とか思ったり・・・。
3MX41
2015-04-19 (日) | 編集
2015年4月17日(小3, どんぐり歴3年3ヶ月)
(3MX41, 正解)

イカ君とタコ君が、10枚CD飛ばしをしてい ます。
1枚表が出たら7個お菓子を貰えますが、裏だと2枚返します。
最初は2人ともお菓子を20個ずつ持っています。
ではイカ君が4枚、タコ君が9枚表を出したとすると、どちらが何個少なくなっているでしょう。

3MX41-1s.jpg

今回の私の失敗。
娘の調子が非常に悪かったので、どうしたのかなと思っていたんです。
そしたら問題後に娘に言われてしまいました。
本当は今日はどんぐりやりたくなかった、って。

実は週末どんぐりができそうになかったので、急に金曜日にすることに私が決めたんですね。
それが原因。
なんでそんなこともわからなかったのか…。

この失敗から学んだことは、もっと子供をよく見て、子供の立場に立って考えないといけないなということです。
少し落ち込んでいましたが、たまには失敗もある、今後気をつけようと自分に言い聞かせています。

問題は、タコ、イカ共に正しい数を出しています。
(計算ミスにも自分で気がついて直しています)
ところが最後、
「どちらが何個少なくなっているでしょう」
と聞いて、えっ、どういう意味?とここから長い間悩み始めました。
もう一度問題文を聞き直したりもしてました。
文章の意味はわかる?って聞いたら(←これ、よくなかったです)涙声で、どれだけ少なくなっているでしょうのところがわからないとのこと。
説明のしようがなくてつい、どちらが何個少ないかっていうこと、と言ってしまいました(これも微妙に意味は違うのですが…)
問題の文章そのままじゃん、って言ってて、その後も長い間考えていました。
集中力が切れてきたので一旦休憩。
その後しばらくしてから分かったみたいで引き算をして答えを出しました。

後で聞いた娘の説明。
最初の飴は20個で、それよりも増えているのに、何で問題文が「何個少なくなっているでしょう」なのかがわからなかった。
それは絵図が描き間違えてるのか文章がちゃんと聞けてなくて答え方が間違えているのかどちらかだと思った。
でも絵図を確認したら合っていた。だから今まで通りにしようと思って答えた。
とのことです。
「今まで通り」はどういうことを言っているのかわかりませんでしたが、きっと私の余計な一言もヒントになってしまったのでしょうね。

一つ進化したかな、と思ったのは、筆算の過程もよく確認していて、ミスがあったところを自分で気が付いたことです。
ケアレスミスをなくす努力がこうやって少しずつ見られるようになってきたことは嬉しかったです。


この前に、こちらの絵図を描いているのでそれも載せておきます。
3MX41-2s.jpg

最初絵を描くのに夢中で、CDの枚数を書くのをすっかり忘れてしまってます。
そのため途中で、飴の個数とCDの枚数を取り違えています。
他にも計算ミス、数字の見落とし、タコの裏を計算するべきところをイカの裏を計算したりと、かなり調子が悪いです。
最後に通しで確認する時に気がついて、絵図を無理やり描き直したようで違う絵図になってしまってます。
ここで訳がわからなくなったようです。集中力も切れてしまい、ここで一旦中断しています。
3MX24
2015-04-14 (火) | 編集
2015年4月12日(小3, どんぐり歴3年3ヶ月)
(3MX24, 正解)

今日は全国CD飛ばし大会の日です。
1人5枚ずつの巨大CDを5m先の箱に投げ入れます。
箱に入ったCDの厚さに応じて車を貰えます。
始君は4枚、次野君は3枚、最後君は5枚が入りました。
CD1枚の厚さを6mm、CDの厚さ2mmにつき1台の車をもらえるとすると、
みんなで車は何台必要でしょう。

3MX24s.jpg

この日は娘の解いている様子を見てみました。
娘はおやつを食べるのを忘れて最後まで描き上げました。

6mmを2mmずつに分け、この絵図からCD1枚につき3台の車がもらえることがわかりました。
箱に入ったCDの数をかけて、3人分を合計して答えを出しました。

始君、次野君、最後君は、卵さんです。
絵には、箱に入らなかったCDまで正しく描いています。
最後くんの飛ばしたCDのうち2枚が少し重なっている様子まで描くという細かい設定をしていますf^_^;

2年生で同じ問題をしたときは各々の台数は一台一台数えていましたが、今回は掛け算を使い、非常にスムーズでした。

今回は、箱までの距離「5m」を描きませんでした。問題後に
「答えに関係ないから書かなかった」と言っていました。
問題選びの段階でこのことに気が付いていたようです。

景品の車は、前から見た絵を描いています。
いつも横向きの車の絵を描いていたのに、正面向きの絵は初めて見たような気がします。
大自然の中で。
2015-04-13 (月) | 編集
週末実家に帰り、祖母の住んでいる所にも行ってきました。
ちなみに祖母は102歳。
山奥のこんなに環境のいい場所に住んでいます。

fc2blog_2015041223513930e.jpg

川が水色に見えますよね。
ちなみにこの写真、そのままの色です。修正などしてません。
祖母にとっては普通の景色なのでしょうが…。

ここはかなり上流にあり、川の水は雪解け水。
水は氷水ほどの冷たさで、触るとキーンとしてきます。
あと少し上流に行くと湧水が出ているところが見られるらしいです。
ここに来ると、必ず娘と一緒にこの川で遊んでから帰ります。

fc2blog_20150415141414710.jpg


山の中の気温は低くて桜はまだ満開。
青色に見える川とのコントラストがとても綺麗でした。



写真からこの川の透明度がわかるでしょうか。

川のせせらぎ、鳥の声、風の音…、体に心地よく響いてなんだか安心するんですよね。
子供の頃に従妹と山や川で遊んだ体験を思い出していたのでした。



娘も、こういう大自然の中での体験が大きくなってもずっと心の中に残っているといいなと思います。
2MX68
2015-04-09 (木) | 編集
2015年4月7日(小3, どんぐり歴3年3ヶ月)
(2MX68, わからん帳行き)

ガンバルドンの学校の庭には噴水が2つあり、2つとも42秒間に50デシリットルの水を出しています。
今日はこの2つの噴水がある池の水を取り替えます。
この池は300リットルでいっぱいになります。
今日は、午前11時23分丁度からからっぽの池に噴水を使って水を入れ始めました。
では、この池の水がいっぱいになるのは、何時何分何秒でしょうか。


またまた計算ミスなど細かいミスが出てしまいました。考え方はOKでした。
2回に分けてやっています。
2MX68-1s.jpg

2MX68-2s.jpg
50dLずつ20個書く。
50dLは5L。なのでその上に5-10-15-・・・・・・100(L)と累積を書いていきました。

100Lになったところでこれを3倍したら300Lになる→秒も3倍すればいいと思ったそうです。
ところが、42秒の数字を書くのを忘れていたからか(?)、50dLと書いた数(20個)を数えて20×3=60の計算をしています。
ですがこれは間違いだと自分で気づいたようです。お風呂のあとにやると言いました。


今度はまた新しく書き始めました。
2MX68-4s.jpg

2MX68-5s.jpg 2MX68-3s.jpg
同様に50dLずつ20個書きます。
最初また間違えて20x3をし始めましたが違うとわかって、今度は50の上に42(秒)と書きました(なぜか一つだけですが・・・)。
時間を計算。最初間違えて50を足してましたが、自分で間違いに気づき、42秒を20回足しました。
ところが最後378+378+84が計算ミスして836秒になってしまいました。

ここで、この100Lまでの所要時間を3倍することを忘れてしまいました
(問題後に「あっ、3倍するの忘れてた・・・」と言ってました

そして次に、噴水は2つあるから、所要時間はこの半分になる、と考えました(^O^)/
836秒を絵図にして2つに分け、418秒と出しました。(池の絵の右上)

この418秒を横のページに細かい数字のかたまりに分解して、これが何分何秒なのかを考えました。
ところがこの時に400秒だけ移動して、18秒分を移動するのを忘れてしまいました
絵図から、400秒は6分40秒と出す。
スタート時間に6分40秒を足して11時29分40秒と答えた。



むむむむ・・・。
計算ミスに数字の移動忘れ・・・・ケアレスミスはなかなか直りませんね・・・

単位換算もできてるし、100Lまでにかかった時間を3倍する工夫もわかっている。
噴水2つだからその所要時間が半分になるということも理解している。
分かっているだけに、このケアレスミスが非常に惜しく感じられます。

もう少し、絵図全体を見ること、そして単位を書き込むなどの絵図を見やすくする工夫も必要なんでしょうね。
3年生もこのことが大きな課題となりそうです。
添削として、ミスの箇所に赤丸をしておきました。

一回目の絵図では集中力が切れていましたが、二回目は1度首が痛くなって休憩を挟んだだけで最後まで頑張ることができました。
計算の所はやはり疲れていましたが、答えを出した時に「できた!」と達成感を味わっているような様子が見られました。

池の中には、お風呂の栓のような穴があり、水を抜いている様子が描かれています。
ガンバルドンは噴水の水を入れるスイッチを押そうと、池がカラッポになるのを待っているそうです(笑)
学校の絵の1は低学年、2は中学年、3は高学年が勉強している建物を表しているそうです。
お花見&新クラス
2015-04-08 (水) | 編集
昨日は学校がお休みでした。
「あ~~、休みなのは嬉しいけど、今日は学校に行きたいくらいだよ~~~~」
なんていう娘。

今年の担任は他の学校から来られた男の先生でした。
おもしろくて優しいらしく、今度は男の先生がいいと言っていた娘の願いが叶い、とっても喜んでいました。
仲良しのお友達が何人か同じクラスになったようです。

同じ通学班のYちゃんが、
「○○ちゃん(←娘)と一緒のクラスになりたかった~~~。何で違うの~?自分でクラス決められたらいいのに!」
って言ってたそうです(笑)


そしてずっと雨続きでお花見ができていなかったので、せっかくのお休みだし、ということで車を15分走らせて大きな公園にお花見に行ってきました。
とはいっても、1/3くらいは散っていましたが・・・(苦笑)
散った花びらが、ピンクの絨毯のようになっていたのもまた綺麗でした^^
花びらを集めている娘↓

fc2blog_201504081026275eb.jpg

新しいクラスに新しい先生。
この新鮮な雰囲気がとってもわくわくするらしくて、学校をとても楽しみにしている娘です。
一年間この気持ちが続くといいなあと思います。
遊びの工夫
2015-04-07 (火) | 編集
我が家の近くに緑のある場所はありません。
公園はいくつかあるのですが、小さな木が少し植えられているのと、
ただ芝生が広がっているだけで遊具は滑り台だけ。
何にもありません。

そんな中でいつも何をして遊んでいるのかな、と思っていたんですね。
3学期終わりの土曜日、半日外で遊んで帰ってきた娘に何をしていたのか具体的に聞いてみました。
すると、こんなことを話してくれました。

お友達の網を借りて、みんなでカナヘビを捕まえてたの。
でもカナヘビはあんまり人間が触りすぎるとストレスがたまってきて死んじゃうんだって。
アリの巣も見つけて観察してたんだ。
死んでいるアリがいたから埋めてお墓を作ってあげたの。
ナナホシテントウが公園にい~っぱいいて、捕まえて虫かごに入れてたの。
人差し指の爪くらいの大きいのもいたんだよ。
お友達がカメノコテントウを捕まえたら赤い汁が手について、草で拭いてもとれなかったの。
あとちっちゃい茶色のバッタも捕まえてたんだ。
大縄跳びもしたし、ドッジボールをして、友達の家のお庭で紙コップの工作もしたんだ。

(カメノコテントウの名前は友達のお父さんが教えてくれたのだそうです。)

公園に遊具がないこと、緑がないことをずっと気にしていたのですが、
なければない中で子供たちは工夫して遊んでいるんだなと思いました。
逆に遊具がないからこそ、こういう遊びができるのかもしれません。
幸いにも娘の友達でゲームを持ってくる子がほとんどいないので助かっています。

来年もこうやって外でたくさん遊んでほしいな、と思います。
3MX76
2015-04-06 (月) | 編集
2015年4月4日(小3, どんぐり歴3年3ヶ月)
(3MX76, 正解)

11個の篭があります。
この篭に48個の林檎(りんご)を、篭1個につき8個ずつ入れていくと、
林檎の入っていない篭は、幾つ残るでしょう。
また、全ての篭に出来るだけ沢山の林檎を同じ数になるように入れると
林檎は何個余るでしょうか。

3MX76s.jpg

・左ページ下に48個のりんごを10のかたまり4つと1を8つで表して、10のかたまりを分解。これを8個ずつに分けると、6個のかごに入ることが分かった。
残りの籠を数えて5こと答えた。
(右ページ下に筆算の跡があります。籠1個につき8個ずつ配ると、何個のりんごが足りないかということを求めていたようです。途中で間違いに自分で気が付いてバツしたそうです。「籠1個につき8個ずつ」と聞いて、全ての籠の絵の下に8という数字を描いてしまったところに原因があると思います。)

・48個を1つずつ配っていくと4個余った。
(それぞれの籠の下に数字を変えて色々試した跡がありました。最終的に1つずつ配ったほうがわかりやすかったようです)

問題を終えてから、右ページ下の食材の絵を付け足していて、
「あとどんな野菜があったかなあ」と言いながら、家の冷蔵庫の中を覗いていました(笑)

きつねさんの自宅には、階段を下りたところに野菜や果物置き場があります。
きつねさんは「誰にりんごを持っていこうかな」と考えているそうです。
いよいよ3年生!
2015-04-05 (日) | 編集
わーいわーい 明日は楽しみだなあ
どんなクラスになるのかなあ
どんな先生になるのかなあ
どんなお友達が増えるかな
楽しみだなあ


踊りながら言う娘。

春休みが終わるのは嫌だけど、新しい学年は楽しみらしいです^_^

春休みの宿題、よく見たら学校に提出しなくていいと書いていたのでしませんでした♩

桜もちょうど今が満開。
お庭にも色々な芽が出てきたり、花が咲き始めてきて、春だなあと感じます。
このイオノプシジューム、こぼれ種で咲きました!



いよいよ明日から新学年。
今年もたくさんお友達と遊んでほしいと思います。
2MX65
2015-04-03 (金) | 編集
2015年4月1日(小3, どんぐり歴3年3ヶ月)
(2MX65, わからん帳行き)

カタツムリのマイマイが子供を産むことにしました。
今日はガンバって3分毎に2匹ずつ産みます。
午前11時56分から産みはじめると、丁度100匹 産むには何時何分までガンバればいいでしょうか。

2MX65s.jpg

旅行に出かけていたため9日ぶりのどんぐり問題です。
娘が「久しぶりに鉛筆握った~」なんて言ってました。
他に簡単な問題もあったのに、「これなら楽しくできそうな気がする」と、この問題を選びました。
考え方はバッチリでしたが、一つだけ数えミスをしてわからん帳行きとなっています。

まずは丸を50個描く。丸一つが2匹を表しています。
これを50個書いたら100匹になる、と考えたそうです。
ところが数えミスをしていて49個になっています
丸の上にそれぞれ3(分)と書く。

所要時間を合計。
3を9つづつ囲み、27と書く。
27の固まり毎に筆算して合計し147分。
(先ほど丸一つを数え間違えたため、合計が3分少なくなっています

右ページ下に、147分が何時間何分かを調べるため、10の固まり14個と1の固まりを7個を書く。
60ずつ2つ分を囲む(計2時間)。
(まず時と分に分けて、時から考えたようです)

産み始めの時刻の11時とメモしたところをバツして2時間進め、1時に書きかえた。
2MX65c.jpg

残り27分。産み始めの時刻の56分と合わせる。
27+56=83
83分は10を8つ、1を3つで表す。(左ページ中央)
10を6つ分囲む(1時間)。

先ほど書いた「1時」をバツして1時間進め、2時に書き変える。
さらにメモしておいた「56分」をバツして23分と書き換えた。
最後に午後2時23分と答えた。
2MX65c.jpg 2MX65e.jpg



娘は、「最初は難しいなあと思ってたけど、途中でポンって頭から考え方が出てきた」と言っていました。
意外にすんなり答えを出しています。

以前、 2MX98をやった時に、時間筆算のようなやり方を自分で編み出しています。
今回それとは違うタイプの問題でしたが、その時と同じような方法で解きました。
それを見ていて、自分で作った思考回路がこの問題でさらにしっかりと根付いてきたような、そんな印象を受けました。
これも、どんぐりの仕掛けなのかもしれませんね。

今回も数えミスが出てしまったことは惜しかったですが、考え方には花丸をあげたいと思います^_^
春休み
2015-04-02 (木) | 編集
久しぶりの更新となります。
春休み前半、ボルネオ島・コタキナバルへ一週間の旅行に行ってきました。

fc2blog_201504011556566f0.jpg

ボルネオは山と海、両方の大自然が味わえる上に、時差も1時間。
治安もよくて、子連れの旅行にはぴったりの場所でした^_^

娘は日本との文化の違いに、色々と驚いていました。
大人なら見過ごしてしまうようなことを、子供って気が付くんですよね。
大自然の中では様々なことを吸収することができ、充実した旅となりました。

fc2blog_20150401164833208.jpg

落ち着いたら旅行の様子をブログに書きたいと思っています。
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記