どんぐり日記
3MX95
2014-12-27 (土) | 編集
2014年12月24日(小2, どんぐり歴2年11ヶ月)
(3MX95, 正解)

ペンギン村のペンペンは背が低いので何時も厚底靴を履いています。
今日は30cm厚底靴を履いているので身長は131cmです。
では、ペンペンの身長を145cmにするには何cmの厚底靴が必要でしょうか。

3MX95s.jpg

この日も主人が娘に付き合ってやりました。
(「厚底靴」がわからなかったので、言葉の意味を教えたとのことです)
厚底靴を履いているペンペンの絵を描いて、靴の底の厚さを30cmと書く。
靴の底から頭の上までを131cmと書く。

131-30を筆算して、ペンペンの身長101cmを求める。

145cmをお金で描いて、そこから身長の101cm分を丸で囲んで残りを数えて44cmと答えました。

ペンペンは水色の厚底靴を履いています。
お日様が照り照りなので、暑いなあと言っているのだそうです。
2MX29
2014-12-26 (金) | 編集
2014年12月21日(小2, どんぐり歴2年11ヶ月)
(2MX29, 正解)

今日は全校CD飛ばし大会の日です。
50人が一緒に飛ばします。
上位3人の記録を合わせると、下位2人の合計の丁度2倍でした。
5人の記録を合わせると300m になりました。
下位2人の差を4mとすると、最下位は何mになりますか。

2MX29s.jpg

・上位3人と下位2人の絵を描く。

・5人で300mなので、右ページに100、100、100(合計300m)と書く。
100一つを囲んで「下い」、100を2つ囲んで「上い」と書く。この絵図で2倍を確認。

・これで下位の合計は100mとわかる。
差が4mなので左ページに100を4と96に分ける。

・右ページに96を10の固まり9個と、1の固まり6こで表す。
これを半分に分けて、半分の合計を求める。40+3+5=48で48mと答えた。
(最初5を足すのを忘れて43mとしていましたが、答え合わせの前に自分で確認して気が付き訂正しています)

この日は私の体調不良のため、主人が娘を見てくれました。
割り算を習っていないので、96を2つに分けるところだけは少し苦労していますが、他はサクッとできたようです。

主人が、下位の2人はなぜ亀とネズミなのか聞いたら、
「これは亀じゃなくてスッポン。カメはこっちでしょ」と言って、前のページ(2MX54)をめくられたそうです(笑)
「カメは甲羅があみあみしてるけど、スッポンはしていない」そうです。

スッポンがネズミにかみついたので、ネズミさんはCDを投げ損ねたのだそうです(←奥が深い・・・)
スッポンはかみつくのに夢中で、最下位になってしまったとのことでした(笑)

以前の作品→1MX94(1年生11月)

(記事の更新が遅れています。
今日2つ分写真を撮ったのでまた明日もう一つもアップする予定です。)
冬休み。
2014-12-24 (水) | 編集
いよいよ明日から冬休み。
休み中はブログの更新は非常に不定期になると思います。

コメントのお返事が遅れることもあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

先日娘とクリスマスケーキを作りました。



デコレーションは娘です。



生クリーム泡立てすぎてちょっとボソボソになっちゃったけど^_^;
サンタに見えるかな?



それでは皆様も素敵な冬休みをお過ごしくださいね。来年もよろしくお願い致します。
2014年を振り返って。
2014-12-21 (日) | 編集
2014年もいよいよあとわずか。
今年もあっという間に過ぎ去ってしまったような…

去年、2014年の決意として挙げた
「日常生活で怒らない、命令口調を使わない」

ですが、
「怒る」ことはほとんどなくなり、命令口調はこれまでの半分くらいにはなったと自分では思います。

一番大きかったのは、やはり1年生の時に、ピアノを辞めたことでしょう。
私が怒っていたのはほとんどがこのことだったような…。

あれほどピアノを辞めたくない、と言っていた娘でしたが、辞めてみると、一切ピアノを弾かなくなりました。
ピアノは好きではなかったんでしょうね。
遊ぶ時間も増えてのびのびとしてきたようにも思います。

一番スッキリしたのは私だったのかもしれません。もうこれからは練習させなくていいんだ、と思ったら心の中のつかえがとれたような、そんな気持ちになったことだけは間違いありません。
この心の余裕が子育てに対してもプラスに働いたようにも感じました。


来年の目標は、

「娘が行動するより先回りして口出ししない」

です。
娘はゆっくりさんなので、朝の準備でも食事でも全てがゆ~っくり。とにかく時間がかかります。朝の時間がない時は、私がつい口出ししてしまうんですよ…。
環境設定も見直して、口出しをなんとか我慢しようと思います。

来年も、頑張ります。
2MX54
2014-12-16 (火) | 編集
2014年12月16日(小2, どんぐり歴2年11ヶ月)
(2MX54, 正解)

今回また驚かされる出来事が・・・
まずは娘の作品をアップします。

今日は全校CD飛ばし大会の日です。
50人が一緒に飛ばします。
上位3人の記録を合わせると、下位2人の合計の丁度4倍でした。
5人の記録を合わせると50mになりました。
下位2人の差を2mとすると、最下位は何mになりますか。

2MX54s.jpg

・左ページに下位2人と、上位3人の絵を描き、「4ばい」とメモ。

・「5人の記録を合わせると50m」で右ページに10m、10m、10m、10m、10m(計50m)と書く。

・上位3人の合計は下位2人の合計の4倍。
だから、10を1つ囲んで「下い」、残り4つの10を大きく四角で囲んで「上い」と書く。この絵図で4倍を確認した。(この部分を拡大)↓
2MX54z.jpg

・この絵図で、下位2人の合計が10mとわかる。差が2mなので、まず10から2を除いて8m。
8mを2つに分けると4mと4mになる。だから最下位が4m、もう一人が6mとわかり、最下位は4mと答えた。



今回娘が選んだのはCD飛ばしの問題。

正直これを選ぶと思わなかったので、つい「本当にこれでいいの??」と聞いてしまいました
「うん、一回チャレンジしてみたいの」と娘。
この問題は確か、「2MXにある壁」と呼ばれていて、これは無理だろうと思っていました。

・・・が、あっさりと正解!!!
しかも答えが出るまで10分かかっていなかったと思います。

このまさかの出来事に、
「えぇーっ!!!」と思わず叫んでしまった私…

一年生の11月に一度類題をやったことがありますが、その時は手も足も出ませんでした。
その時の記事→1MX94
この時以来、一度もCD飛ばし問題はやっていません。
当たり前ですが、ノーヒントです。

絵の方ですが、下位の2人は、ねずみさんはちびっこだからあまり遠くに飛ばせなくて、かめさんは甲羅にCDを乗せて飛ばすから全然飛ばないのだそうです(笑)

この問題が自力で出来る日が来るなんて…(涙)
本当に嬉しい驚きでした。
解き方も素晴らしいです。
お見事でした。
教育で最も重要なこと
2014-12-16 (火) | 編集
昨日の私の尾木ママについての記事に関して、レオン君から以下のコメントをいただきました。
非常に重要なコメントでしたので、記事の方で公開させていただきます。

両輪でなければいけませんよ   レオン

両輪をバランスよく育てなければいけませんよ。
片輪だとシュタイナーの失敗のようになりますからね。

「どんぐり」はこの失敗も知っていますか、バランス教育の重要性を常に付け加えておきたいんですよねぇ。
感情過多って、結構修正不可能ですから、Total_Balance_Educationをおねがいしますね。理論思考も感情を壊さずに出来る方法を知っていないと出来ない話ですが、どんぐりでできますからね。

幼児・児童期の<必須条件>にすぎないことを十分条件と思って「それだけでもいい」と勘違いすると、幼児・児童期の絶好の新次元の理論思考時期を逃してしまいますので、尾木ママにも少し危うさを感じます。


レオン君、コメントありがとうございました^^
バランス教育の重要性、このことは自分の中でしっかり意識して子育てしていこうと思います。

今、娘の子育てで、一つ気になっていることがあるんです。
それは、娘には自然の中での体験をあまり多くさせてあげられていないように自分では感じているんです。ちょっと気にしすぎなのかもしれませんが・・・

休日に車で自然の中に連れて行くようにはしているつもりなんですが、日常の家事や用事など、やることがたくさんあって行けないこともよくあります。
こんな時に、尾木ママの記事が目について、色々と調べては読んでいました。

こういうときでも理論と感情をバランスよく育てることの重要性は忘れないようにしたいと思います。
娘には、心がやさしくても自分で考えることができない人にはなってほしくないし、その逆もなってほしくないし、両方のバランスのとれた人間になってほしいと願っています。

そのためのどんぐり。
両輪をバランスよく鍛える。
どんぐりでできているんですよね。
どんぐり倶楽部のこの肝となる部分を大切に、これからも子育てをしていこうと思います。
共感するお話。
2014-12-15 (月) | 編集
最近気になっている尾木ママ。
とっても共感できる、いい記事を見つけたので、覚書としてここに残しておくことにしました。

大事なのは早期教育よりも、原体験よ!

この中で、尾木ママは、
「8歳までに鍛えるべきは『地頭(じあたま)』。キャンプなどの野外活動で得られる原体験が多ければ多いほど、『人間味豊かな100点』を取ることができるのよ」。
と述べられています。

「人間味豊かな100点」。とてもいい言葉ですね^^
私の子育てでとても重要に感じている部分です。

この記事の続きが会員ではないと読めないのですが、
「子供に積ませてあげたい原体験は8つ」の記事を見つけました↓

早期教育よりもキャンプに行こう!

ここで尾木ママは以下のようにおっしゃられています。

幼い頃から自然とふれ合う“原体験”をしてきた子は、間違いなく伸びます。“原体験”の多い子は、脳のコントロールセンターが鍛えられているから、それが学校の勉強で問題を解くのと同じなんだ!と気づけば、後は強いのです。だから今、成績がイマイチでもママやパパは心配しなくて大丈夫。

 地頭のいい子は、遅咲きでも必ず力を発揮します。特に大人になって、社会に出てからの生きる力がたくましいの。これってすごく大事でしょう?

 さきほど「地頭を鍛えるのは8歳まで」と言いましたが、これは、その頃になると小学校の勉強が抽象思考の分野に入るので、それまでに準備できていればいいな、ということです。


特にこの部分にはとても共感しました。どんぐり倶楽部と同じ考えを持っていらっしゃいますね。

ふと自分の子育てを振り返ってみたのですが、
私はなるべく子供が友達と外で遊べるような環境づくりには心がけてはきました。
けれど、自然の中での体験はそう多くできていないように思います。
我が家の周囲には、子供が自転車で行ける範囲で自然と呼べる場所がなく、車で出かけるしかないんですよね・・・。なるべく休みの日は自然の中に連れて行く努力はしていましたが、それでもやっぱり少ないな、と思います。

娘ももうすぐ8歳。
なるべく外に連れ出して自然の中での体験をこれからも増やしていき、娘が「人間味豊かな100点」に近づけるような子育てを目指していきたいと思います。
3MX84
2014-12-13 (土) | 編集
2014年12月13日(小2, どんぐり歴2年11ヶ月)
(3MX84, 正解)

小学校では、秋の歓迎遠足で16m離れた公園へ行く予定です。
朝の8時丁度に学校を出て、9時に、でんでん虫のろ太君がジュースを飲みながら
「まだ、半分の半分しかあるいていないのか」と言いました。
最後まで、同じ速さで歩くと考えると、公園に着くのは何時何分になるでしょう。

3MX84s.jpg

丁寧に絵図を描き、あっという間に答えが出ました。
半分の半分も正しく理解できています。

・16mまでの線を引き、1mずつ目盛をつける。

・「半分は8x2が16だから8、半分の半分は4x2が8だから4だとわかった」そうです。

・4mで1時間ずつ記入し、12時と答えた。

11じのところで「4分の3」と書いています。
もちろんまだ学校では習っていませんが、普段お菓子作りの時などに「さっきの2/3くらいの水を入れてね」などと言うことがあるので、理解しているようです。
(後で気が付きましたが、目盛が12mの次が14mになっています。また、8m~11mで1時間となっていましたただ、本人は「1時間で4m進む」ことがわかっているし、答えも正解ということで、このまま正解としました。)

絵の方ですが、
季節は秋。でも遠足で「なつのせかい」に来たそうです。
まだ半分の半分しか歩けていないので、のろ太君たちは「疲れたな」と困った顔をしています。
2MX02
2014-12-12 (金) | 編集
2014年12月9日(小2, どんぐり歴2年11ヶ月)
(2MX02, わからん帳行き)

朝早く目覚めたガンバルドンは、どういうわけか、突然もっと筋肉を付けようと思い、
どうしたら筋肉が付くのかを色々と調べました。
その結果、筋肉豆腐の半分が蛋白質で、その蛋白質の半分が筋肉になることをつきとめました。
では、100gの筋肉を付けるには筋肉豆腐を何グラム食べるとよいでしょう。

2MX02ss.jpg

なぜか筋肉豆腐の半分が蛋白質、残り半分が筋肉という絵にしてしまい、答えが200gとなってしまいました

問題を終えた後で、「あっ、蛋白質の半分だった・・・」と言っていて、筋肉は1/4だということに気が付いたようですが、もちろんこのまま終了です。

下の方に指の絵を描いています。指の先に、
10、20、30、40、 ・・・・・、100と書き、その下に
20、40、60、80、・・・・・、200と書いて2倍を確認している(?)ような絵があるのですが、なぜわざわざこんなことを描いたのかよくわかりませんでした
もしかしたら難しく考えすぎたのでしょうか・・・。
(上記以外の数字(長い横線の上下に書いた数字)は間違えたものだそうです)

前回までは100gの筋肉を体につける、という考えしかなかったのですが、今回ようやく、100gの筋肉が、筋肉豆腐の中の筋肉の部分だ、ということを発見しました^^
(追記:発見した、と思ったのですが、後でよくよく絵図を見てみると発見していないように思うのでこの文章は訂正します)

逆算は以前スパエリのこの問題ではすんなりできているので、筋肉豆腐問題も1/4を勘違いしなければ次はできるかなと思います。
この問題は、本当に1歩1歩、という感じです。
忘れた頃に、またこの問題を入れてみようと思います。

左ページの椅子に座っているガンバルドンは、ひらがなの「が」の形をしています。
弟のガンバルくまが、何を調べているのだろう、と覗き込んでいます。

右ページは、問題を終えてから描いたもので、”かりんとこりんの筋肉豆腐の店”だそうです。
(「なんでも魔女商会」という本の「かりんとこりんのオムライスの店」をもじったようです(笑))
シマペンギン、目玉おやじ、鬼太郎、猫娘がお店に来ています。
好きなことを。
2014-12-10 (水) | 編集
私は料理作りはあまり好きではなく、苦手です。
ところが娘はお菓子やパン作りが大好きなのです。なぜなんでしょう。
そんな娘のために、時々一緒に作ってます。

bred1.jpg

パンは普段はホームベーカリーにおまかせなのですが、時間があるときは娘にこねてもらいます。
こねる作業は、子供にとっては粘土遊びみたいなもの。
いや、粘土より楽しいかな・・・。
こねている間もレーズンや生地を味見したり忙しい娘です

bred2.jpg

材料をはかりで量ったり、発酵する前と後の生地を触ってみたり、ガス抜きをしたり・・・、
最初から計量済みの材料が用意されている料理教室なんかより、家で作る料理の方が色んなことを学べますね。

こちらはガトーショコラ作り。
ケーキの敷紙を型に合うように切ってもらうのも、娘にとってはちょっとした工作。
立体の展開図の勉強にもなってるかも・・・。



角のところをこんな感じでカットするときに、なんでここだけこんな切り方ー?って聞いていた娘。
型にはめてみて、なるほど~!なんて言ってました。

fc2blog_20141204221531df3.jpg

このガトーショコラはホットケーキミックスを使って作るクックパッドレシピで超簡単。
私は一切手伝うことなく娘一人でできました。

fc2blog_20141204222701a26.jpg

最近店頭からバターが消えていて貴重なので、この前クッキーを作った時は材料にマーガリンを使いました^^;

cookie1.jpg

この型抜き作業がとても楽しい様子。

cookie2.jpg

まだ簡単なものばかりですが、だんだん難しいものもチャレンジしてみたいです。
子供の好きなことをとことん追求できる、そんな環境作りに心がけていこうと思います。

cookie3.jpg
0MX62
2014-12-09 (火) | 編集
今日は娘が年中時代の作品を紹介します。
ブログには年中・年長時代の作品がほとんど載せられていないので、時間があるときにアップしていきたいと思います。

正解(0MX62 ,どんぐり歴0ヶ月)
2012年1月22日(年中)

ぼくがすきな あかいぼたんが 4こ なくなってしまいました。
のこりは 13こです。 さいしょは なんこ あったのでしょう。

0MX62s_20141208133929168.jpg

あかいぼたんの問題。
4個のぼたんを描くのに、一番左上の一個は書き間違えたので音符の形に変えています。

「のこり」と書いて13個の小さなマルを描き、線で繋げだしたのですが、だんだんごちゃごちゃになり、最後の5個は大きなマルで囲みました。
それから最後に全部数えて17と書きました。

年中の娘にとっては17個を数えるのは大変で、一生懸命数えていたことを覚えています。
反転文字や、「ん」の文字がミミズみたいでとてもかわいいです^^
3MX06
2014-12-07 (日) | 編集
わからん帳行き(3MX06 ,どんぐり歴2年11ヶ月)
2014年12月6日(小2)

連立方程式の問題。
絵図が正しく描けたのに、なんと最後の最後で計算ミスをしてわからん帳行きとなりました。
…が、絵図をよく見ると驚かされる出来事が・・・。

<3MX06>
メエメエさんが、メソメソ君に同じ値段のお菓子2個と、そのお菓子1個の 丁度3倍の値段のするアイスクリーム1個を買ってあげます。 皆で400円だそうです。 では、お菓子1個の値段とアイスクリーム1個の値段を考えてみましょう。

3MX06s.jpg

・まずは、400円を50円玉に両替。

・2つずつ囲ってお菓子1個を100 円とすると、お菓子2個分の100円と100円、そして残りが100円の固まり2つで2倍となり違うということがわかった。
(アイスクリームはお菓子の3倍の金額なので、400 円をまず均等に分けた後に、
1:1:3 (お菓子1個目:お菓子2個目:アイスクリーム)を確かめようとしています。)

ここで思考が止まってしまったのか(?)、なんとダラダラし始めましたまだ20 分ほどしか経っていなかったのでそのまま放置していたのですが、しばらくして休憩したい、とのことでお風呂に入りました。

お風呂の後に再開。
・50円ずつだと1:1:3にならないことがわかったので、さらにお金を細かく分け始めました。
15分ほど色々試していたようですが、80円ずつ5つの固まりにすると、1:1:3になることを発見したようです!
この部分を拡大↓
3MX06zoom.jpg
急に私の方を振り返り、すっごく嬉しそうな笑顔を見せました^^;

・この絵図がごちゃごちゃしていたので、これを右ページ一番上に分かりやすく書き直す。
400円を5つに均等に分け、ひとかたまり分を80円(25円,25円,25円,5円のかたまり)にしています。(一番右の25は、25円3つの固まりの上に5円ずつ振り分けていった後にバツするのを忘れたとのこと)
  ↓
3MX06zoom2.jpg

・一番左の80円分のかたまりと、左から二つめの80円分のかたまりがそれぞれお菓子、その隣の80円3つ分がアイスクリーム、として大きくマルで囲いました。

・これで答えが見えました。お菓子は一個80円でOK。
最後にアイスクリームの値段を求めようと筆算。
80+80+80 の一の位は0。ところがなぜか十の位に1繰り上げてしまうという痛恨のミス
このためアイスクリームが250 円になってしまいました

一年生の時に同じ問題の2MX56をしています。
この頃は、お菓子一個の値段に当たりをつけて全体が400円になるように調整していました。
今回は、400円をはじめに5つに均等に分けて、これを1:1:3に囲って答えを出しています。

これは…
進化といっていいかな?

ケアレスミスは癖だそうです。本当になかなか直りませんね・・・。
学校のテストでも同様で、間違いのほとんどがケアレスミス。
ただ、これはそんなに早く直るものではないのでしょう。私が長い目で見てあげられていないんだと思います。
もっとゆったりと焦らず見守っていかなければいけません。
3MX12
2014-12-03 (水) | 編集
正解(3MX12 ,どんぐり歴2年11ヶ月)
2014年12月2日(小2)

今日は、満開の桜の下で、お花見です。
ご馳走は、クジラの活き造りとアザラシの姿煮です。
クジラの活き造りはアザラシの姿煮の3倍の重さがあります。
午前中に、半分のクジラとアザラシを食べたところ、残りの重さは、あわせて120㎏でした。
では、クジラの活き造りはもともと何㎏だったのでしょうか。

3MX12s.jpg

120㎏を10円玉12個で表す。

「クジラはアザラシの3倍だから、この120を4つに分けたらいいとわかった」とのこと。

アザラシに30kg、クジラに90kgを移動。

クジラの残り半分が90㎏だから、もともとはそれの倍。だからさらに90㎏分をクジラに描き、合計して180㎏と出した。

右ページ下ですが、30が3つある絵図を見て本当は30x3としたかったそうなのですが、この筆算をどのように書けばいいかわからなかったらしく、十の位を先に計算したと言ってました。

120を4つに分けることはすぐにわかったそうで、簡単だった、とのこと。
この作品から、イメージの再現、移動、複写ができていることがわかります。
あっという間に終了しました。お見事。
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記