どんぐり日記
2MX95
2014-06-30 (月) | 編集
正解(2Mx95 ,どんぐり歴2年5ヶ月,小2)
解いた日:2014年6月29日

今回は初めて「おもしろそうだから」という理由で問題を選びました。

(写真1枚目)
50枚のカードを10枚ずつ5段分描きます。
3枚ずつ囲んで、1段で6枚ゲットできることがわかりました。
右ページに、2段目まででゲットできるカードの合計を筆算。6+6=12
2段で12枚なので4段分は12+12=24を筆算。
ここで、最下段と、各段の一番右側にまだカードが残っています。
残りのカードの交換分を考えているうちに、絵図がぐちゃぐちゃになってしまい、何の絵かわからなくなったと泣き出してしまいました。
こういう時、私が何を言ってもどうにもならないことは経験上わかっているので、ひたすら無視して自分の問題に集中していると、「ちょっと休憩する」と言って遊んでいました。

2MX95-1.jpg

ちょうど10分後。
「ママ、そろそろやろう」 と娘に声をかけられ、どんぐり再開。

今度は3枚のカードに対し2枚のカードの絵をきちんと描きこんでいきました。
そして、ゲットできるカードを一枚一枚数えていき、「32まい」と答えました。(写真2枚目)

2MX95-2.jpg

トレード大会には応援団の姿が見えます。
応援団は、夏に関係するものを描いたそうです。
向かって左の上から、スイカさん、クーラーさん、麦わら帽子さん、ソフトクリームさん、プールバッグさん、
右の上から、うちわさん、せんぷうきさん、かき氷さん、シャーベットさん、風鈴さんが応援している様子が描かれています。
(娘が風鈴さんの体に自分の名前を書いたので、黄色の紙で隠しました)

どんぐり問題で泣いたのはかなり久しぶりでした。
でも、自分で休憩することも再開するタイミングも決めたことは、以前に比べて成長したなと感じます。
このことは、親がどこまで我慢できるかにかかっているように思います。

夜ベッドに入ったときに、娘が「カード3枚を2枚と交換するなんて変だよね。減るじゃん」というので、「なんでだと思う?」って聞いてみると、
「あ!3枚を3枚に交換だったら問題がおもしろくないから!」
という意外な返事が返ってきました(笑)
他に、「2枚のカードがすごいカードだから、3枚だしてでもほしいから!」と言っていました。

あと、「トレード」という言葉がわからなかったようです。
娘はお友達とシール交換をよくするので、それを例えに説明しました。
2MX28
2014-06-25 (水) | 編集
正解(2Mx28 ,どんぐり歴2年5ヶ月,小2)
解いた日:2014年6月24日

1. クモ5匹、ミミズ8匹を描く。

2. 「クモはミミズの4倍の値段」のところは指を使って考えた。
 クモ一匹は80円。8は4と4に分けられるから、親指以外の4本(40円のつもり)を右手、左手それぞれ出す。
この(4本ずつの)両指をそれぞれくっつける。

3. 人差し指同志の1セット分(指2本)をミミズの値段と仮定すると、人差し指のセットが1倍、中指のセットが2倍、薬指のセットが3倍、小指のセットが4倍となり、4倍を確認。

4. ということはミミズ一匹の値段は指2本なので20円とわかった。

5. あとは一つ一つ値段を記入して合計額を筆算して出した。

2MX28_20140706201324360.jpg

実はこの問題、昨日新たに問題の束に加えたばかりで、漢字に振り仮名をふるのを忘れていたんです(問題を解いた後で気が付きました
なのに、娘は数ある中から「これ簡単じゃん」と言ってこの問題を選びました。

難しい漢字が入っていたのになぜ読めたのか??

「知らない漢字の前と後ろの文章を見て、だいたいこんな意味かな~と思って読んだ」
のだそうです。

それと、ミミズ1匹の値段だけは、問題選びの段階でわかったと言っていました。
娘は上に記した2~4のように、体感計算でミミズ1匹の値段を求めているので、もしかしたら問題選びの段階でそれをやっていたのか、頭の中で浮かんだのもしれません。

今回筆算をたくさんしたけれど、間違えずに答えることができました。(最近ケアレスミスが多かったのでちょっと嬉しい
計算の方法も工夫できたと思います。

ちなみにクモは、様々な色があって、変わった形をしているので高級なんだそうです。
モグラの右下に見えるポストに誕生会の招待状を入れるのだと教えてくれました。

1年生の9月に同じ問題をやっています。
この時の記事を見てもわかると思いますが、前は全くわかっていない状態だったんです。
そのまま放っておいただけの問題でしたが、素晴らしい進化を見せてくれました。
くつをきれいにぬぎましょう週間
2014-06-24 (火) | 編集
昨日の朝、玄関に行くとこんな張り紙が

shoes1.jpg

先日、毎日のお手伝いに靴並べをお願いしたのですが、
気が付くとすぐにバラバラになっているので、結構大変だなと感じたようです

でも確かに、まずは各自が気を付けるようにするのが基本ですね・・・

そんなわけで、今週の我が家は、
「くつをきれいにぬぎましょう週間」
となっています(笑)
水遊び
2014-06-23 (月) | 編集
今月になって暑くなってきたので、ようやく川へ行くことができました。
こちらは先週末、沢ガニを捕まえに行った時の様子。
山の中は涼しくてほんと気持ちがよかったです。
カニは10匹ほど捕まえることができたよ。

もう少し上流に行けば川幅も広くなっていて、キャンプ場があるのですが、まだ行ったことがありません。ロッジにも泊まれたりするみたい。

今年はキャンプ用品を揃えてキャンプをやりたいな、と考えています。まずはキャンプ用品を買わなくては・・・。
キャンプ用品ってたくさんあってどれを買えばよいのやら、
まだ???状態です。
色々と今、キャンプについて勉強中なのです。

forest.jpg


昨日は水遊びができる公園で遊んできました。
子供にとって、水遊びは至福のひとときのようです(笑)

swim.jpg

もうすぐ夏本番。
夏休みは我が家では毎年恒例となっている沖縄に行きます!今からとっても楽しみです。
今年の夏も真っ黒になりそうな予感・・・。
2MX18
2014-06-21 (土) | 編集
正解(2Mx18 ,どんぐり歴2年5ヶ月,小2)
解いた日:2014年6月20日

一の位、十の位にそれぞれの色の卵を正しい数ずつ入れ、筆算も正しく書けました。
位取り遊びの問題は何度かやっていますが、だんだん絵図が整理できるようになっているなと感じます。

ところで、絵には女の子が二人描かれていて、最初2人がそれぞれ赤青黄の卵を5つずつ持っています。
これでもいいような、なんとなく違うような。。。
遊びだから2人で遊んでいるんだよ、と娘は言っていました。

一の位はフライパンで、ここに卵を入れると目玉焼きができ、十の位は鍋なのでこちらはゆで卵ができる遊びなのだそうです。

今回よっぽど自分の答えに自信があったのか?私のつけた花丸を見ても興味なさそうにして立ち去っていきました(笑)

2MX18.jpg
2MX41
2014-06-18 (水) | 編集
わからん帳行き(2Mx41 ,どんぐり歴2年5ヶ月,小2)
解いた日:2014年6月17日

この問題は、まさかの解き方をしました。
352と235は正しく書けました。

この後、数字を絵図化。
百の位、十の位、一の位とそれぞれ分けて描き、違う部分を赤で囲みました。

赤で囲んだ百の位と十の位の数字を足します。(100+20=120)
このあと、しばらく手が止まっており、なぜか120+3=123と書きました。

答えが違っていることを伝えると、娘が
「えぇっ、じゃあ117???」と言いました。

(ここで、それが合っているとも違っているとも言ってませんが)
恐らく、最後の3をどうするかで手が止まっていたんだと思います。

単純に352-235と筆算で引き算をすればよいのに、なぜこんな考え方をしたんだろう?と、正直言って私としては戸惑ってしまいました。

娘の絵で言うと、最後の120円と3円の差を求めればいいのに、それぞれの位ごとに求めた差の合計を求めると勘違いしたってことなんでしょうか・・・?
なんだか腑に落ちないまま終わってしまった昨日のどんぐりです。

2MX41.jpg
エクセルでどんぐり文章題を管理
2014-06-18 (水) | 編集
娘のどんぐり問題の記録はずっとエクセルで管理しています。
その一部↓

エクセルデータ
(↑画像クリックで拡大)

ちなみにこれは、「朝な夕な」のminamoさんが作られているものを、勝手に真似させてもらったものです(ありがとうございます)。

同じように、シート1は日付順、シート2はソートをかけて問題順に並べたものにしています。
この表を作ると、今が何問目なのか、子供がどんなミスが多いのか、どの問題がわからん帳に入っているのか、どれがいつ再挑戦した問題か・・・などなど一目瞭然です!

2Mに入って、ケアレスミスが多いこともこの表を作ったおかげでよくわかります。
どんぐりノートが少しずつ貯まっていくのと同時に、この表に1つずつ入力していくのも、私の楽しみの一つになっています
2MX27
2014-06-16 (月) | 編集
わからん帳行き(2Mx27 ,どんぐり歴2年5ヶ月,小2)
解いた日:2014年6月14日

「かんた~ん」 と言いながら、またまたケアレスミスをしました

最初なぜか、「ケーキ1個とジュース2本」なのに、「ケーキ1個とジュース1本」のセットを描いてしまいました。
そのため4セットで6メートルになってしまいました。
その絵だとジュース4本なので1+1+1+1として答えを4本と描きました。

答えを書いた後に、ジュースが1セットにつき2本だと自分で気が付き、ジュースを1本ずつ絵の中に加えていったようです。
すると1セット分が余分になってしまったので、それを省くために、一番下の1セットを「しょくひんサンプル」ということに変えました。
残りの3セット分を赤の色鉛筆で囲みます。
せっかくこれで絵図が正しくなって、ジュースの本数がそこに見えているのに、なぜか答えを4本のままにしており、わからん帳行きとなりました。

2MX27.jpg


ところで、どんぐりを始めて2年5ヶ月、初めて計算式を書きました。
でも、もしかしたら6/2のように、筆算を書くつもりが計算式を書いてしまったのかもしれませんが・・。
とりあえず放置しています。

絵図の方は、余裕があると、こうやって素敵な絵を描いてくれるんですよね。
難しい問題でも今回のように楽しく描けるように環境設定するのが私の当面の目標かな。。。

7か月前にやった1MX87はこちら
ホタル
2014-06-12 (木) | 編集
先週、ホタルを見るために、とある大型の公園へ。
その日はホタルの講座があるとのこと。
平日の19時半過ぎからだったのですが、思い切って娘を連れていきました。

はじめに、虫かごの中の本物のホタルを見ながら、ホタルの一生や特徴などの解説を聞きました。
ホタルは飛ぶ時間のピークというのが何度か訪れるそうで、そのピークの時間帯を狙って公園内へ見に行く・・という風になっていました。

講座の後、いよいよ公園のホタル見学へ。
・・・が、ほんの少ししか飛んでいません
この日の暑さと明るい月の影響なのか?一生懸命探さないと見つからないほどの数でした。
それでもふわりふわり飛んでいるホタルを見つけると、なんだかとっても癒されてきました。

私が子供の頃、実家近くの田んぼに無数にいたホタル。
そこでホタルを捕まえて虫かごで飼っていたのですが、その虫かごのホタルの数の方が多かったです
子供の頃に田んぼでみたあの光景が今でも忘れられなくて、できることならあのたくさんのホタルを娘に見せてあげたい!と思ってしまいました。

我が家には、娘のお気に入りの「とべないホタル」という本があります。
ホタル鑑賞から帰ってきた翌日、この本を取り出してまた読んでいた娘。
本物のホタルを見て、またこの本のイメージが新鮮なものになったのかもしれませんね。

firefly.jpg
2MX26
2014-06-11 (水) | 編集
わからん帳行き(2Mx26 ,どんぐり歴2年5ヶ月,小2)
解いた日:2014年6月7日、10日

これは2日間に分けてやりました。7日にやったものから。
・2mmずつの線を60mmまで引く。なぜかここでバツします
 ↓
2MX26-1a.jpg

今度は描き方を変えました。
・3歩の線を引く→1(時間)、3歩の線→2(時間)と繰り返し描いていきます。
なぜか右上に60-30の筆算をしています。
この後、どう考えたのかよくわからなかったのですが、バツしています。
・またやり方を変え、右ページに3歩の線を引く→2(mm)、3歩の線→2(mm)を描き始めたのですが、「続きは今度にする」と言ったので、ここで終了しました。
 ↓
2MX26-2a.jpg

10日に続きをやった分です。
・6cmまでの線を引いた後、2mmずつ半円のような線を描いていきました。
すると1cmは2mmが5個あることがわかり、続きは5個ずつ2mmの半円のような線を引いていきます。
ですが、3歩の絵が描けていませんでした。
そして、この絵図を見て、なぜか30歩で60時間と答えました。
 ↓
2MX26-3a.jpg

先日の記事にも書きましたが、娘はこのように絵図の中に単位を書かないことがよくあります。
この問題は次回の進化に期待します。

5か月前にやった1MX86はこちら
この時はかなり原始的なやり方でやっていますが、こちらの方が絵図としては正しく描けています。

実は、今回用意しておいた問題の中では、一番難しい問題を娘が選びました。
「これが一番簡単そうだったから」と言っていました。
簡単な問題を選ぶ、という傾向は変わっていないのですが、「難しい」と思う基準が私と娘とでは違うようですね・・・。
2MX24
2014-06-06 (金) | 編集
正解(2Mx24 ,どんぐり歴2年5ヶ月,小2)
解いた日:2014年6月3日、5日

赤、青、黄のヒマワリの種を一つづつ描く。
赤に6人加え、黄に3人加える。
赤青黄の順に全体が42人になるまで加える。
前から8番目、後ろから6番目をそれぞれ記入。
間の人数を囲って、人数を記入。上に3+1の筆算をして4人と回答。

いつもなら、数字のメモがなかったり、絵の中の数字に単位がついているといいのになあ…と思ったりすることが多いのですが、今回は絵図、筆算、大切な数字のメモ、答え、全てパーフェクトです!

「前から何番目」のマークのつけ方も工夫できました。以前の類題の時とはやり方を変えています。
黄色のひまわりはひまわり組の先生だそうです。

2MX24-2.jpg


実はこの問題は火曜に始めています。
この時、絵を描くのに夢中で、黄に3人加えるつもりが青に加えてしまい、そのままどんどん続いて描いてしまいました。途中で自分で間違いに気が付き、日を開けて最初から描き直す、とのことで、昨日続きをしたのでした。
今回は簡単なヒマワリの種に絵を変更しています。前回細かく絵を描きすぎたから工夫したのでしょう(笑)
火曜に途中まで描いた絵も以下にアップしておきます。

2MX24-1.jpg
気になる記事
2014-06-04 (水) | 編集
Yahoo ニュースより。

5歳児から義務教育 文科省方針、 小中一貫校を制度化

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140604-00000087-san-pol
昨日の出来事
2014-06-03 (火) | 編集
昨日娘が持ち帰った、学校でやったというプリント。

娘:「この文章題ね、私とS君だけが正解で、他の全員が間違いでお直しだったんだー」

30人中28人が間違ったというその問題
  ↓
test11.jpg


(?????)


これのどこをみんなは間違えたの?

娘「近くの席の3人はみんな答えのところを「18」と数字だけ書いてたよ。
 他のみんなのは知らないけど、先生が『問題文をきちんと読みましょう』って注意してた。」

これは一体・・・。

ちなみに学校では”朝のプリント”といって、30問の計算問題を毎日時間を測ってやらされているそうです。
宿題もいまだに計算カード5回が出ています(我が家では無視)。

子供たちにこんなに計算をやらせているのに、あの文章問題(というほどの問題?)を正確に答えられる子がほとんどいないという現実。
この結果を見ても、学校の先生は今の教育でどんな子供たちをを育てているかということがわからないのでしょうか。
2MX12
2014-06-02 (月) | 編集
わからん帳行き(2Mx12 ,どんぐり歴2年5ヶ月,小2)
解いた日:2014年6月1日

またまたケアレスミスでした。絵図、筆算は合っていました。

・積み重ねたカードを適当な枚数描き、2枚ずつで「5分」、「6」を書いていく。

・カード厚さが合計何ミリになっているかを確認するため右ページに筆算しようとして、誤って6+6+6+6+6+6と計算式を書いてしまったので、バツした。
 (↑間違ったとはいえ、どんぐり問題で初めて計算式を見ました・・・)

・その下に筆算を書いたものの、このようなたくさんの数を並べた筆算をしたことがないので、自分なりに工夫。2つずつに区切ることにする。上から2番目の6の下に線を引き、右横に6+6の答え12を書く。これを3つ書く。

・上2つの12と12で24とわかる。30ミリまではあと6だとわかったので、一番下に書いた「+6」と「12」をバツする。
・筆算の答えを30と書く。

・これをさらに確認。筆算で書いた12+12で24だから、⑩⑩①①①①と書く。残り+6だから①①①①①①を加え、数えると30ミリが確認できた。

・せっかく筆算で確認したのですが、左ページの絵図も合っていると思ったのか(?)、積み重ねたカードの「5分」を全て指さしで数えてしまい、「30分」と答えました。

5か月前に1Mの同じ問題をしています。

カード製造機の問題はもうきちんと理解しているのですが、どうもケアレスミスをしますね…。
まあ前回より進化は見られたのでOKでしょう。

2MX12a.jpg
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記