どんぐり日記
クリスマス
2013-12-25 (水) | 編集
今年のサンタさんからのクリスマスプレゼントは、レゴ フレンズ ラブリーハウスでした!
このレゴ、女の子用でとってもかわいいです。

legofriends.jpg

私たちと、おじいちゃんおばあちゃんたちからは、娘のリクエストで、
リカちゃん おしゃべりキッチン ゆったりさん
くるっとあみゅあみゅ
人生ゲーム アドベンチャー

present.jpg

夕飯を作っている間に、娘が早速設計図見ながらレゴフレンズを作ってました。
気がついたら、ここまで完成してました。
かれこれ長い間やってます。疲れてたので、休憩したら?って言ったら、「しない!!」って。
子供って、本当に好きなことは疲れてでもやるんだなあとつくづく感じます。

lego2.jpg
2MX60
2013-12-21 (土) | 編集
正解(2MX60,どんぐり歴1年11ヶ月)

これはすぐに答えが見えたので、ほとんどがお絵かきの時間でした

恐竜の卵3個を書いたあと、ガメラくんが財布から100円玉と20円玉(←?)を出している絵を描きました。

真ん中あたりに100のかたまりとその上に20のかたまりを描いたあと、「2ー8ー10だから8」といいながら(10の補数のトライアングルナンバーズのこと)80のかたまりを描いた。これで200円になったので、残り100円を描く。

この絵で足りないのがあと180円だとわかったので、上の方に10円を18個描いた。
おこずかいが1日30円なので、10円玉3つずつ丸で囲って6日と出しました。

2MX60-1.jpg

下の方に色々な色で塗っているのは、恐竜の卵屋さんの看板だそうです。
「ガメラ君だから、てんてんをとってカメラくん~!えへへ」って感じでカメラの形のガメラ君を書いて楽しそうでした。あまりに楽しそうだったので、どんぐりやってる間に写真を撮ってみました。大好きなおにぎりせんべいを食べながらやってます。

2MX60desks.jpg
冬休みの宿題
2013-12-20 (金) | 編集
今日、冬休みの宿題が渡されました。

ふゆのワーク(国語10ページ、算数10ページ)
ふゆプリント(全て計算問題50題×5枚)
視写(1枚)
読書(5冊)
作文2日分

だいたい想像していた範囲内でした。
ほとんどがマシーンの冬休みのレクリエーションです。
まさかこの年になっても宿題をするとは思わなかったよ。
あと5年か…。頑張らなくては。

ところで今日娘が学校から持って帰ってきた、算数の100問テストです。↓
右上に”705”と書かれてあるのは、7分5秒のことらしい。
先生がタイムを測っていて、全問できたときの時間を書かないといけないそうです。

全部頭の中のデンタくんでやったよ、って言ってましたが、こんなにたくさんあって本当にデンタ君をきちんと使えてたのか心配。ただ、タイムを測られている割には自分のペースでできたようです。
ちなみにクラスで一番速かった子は2分23秒だったそう。娘以外のクラスの子供たちは、速いのがすごいと思っているようです。
しかし、100問もあるのによく1問も間違えなかったなあ…。マシーンなんか、20問の計算の宿題ですら1問間違えることがあるのにね。

test1.jpg
1MX62
2013-12-18 (水) | 編集
わからん帳行き(1MX62,どんぐり歴1年11ヶ月)

以前やった、1MX65と同じ筋肉豆腐の問題。
あれから3ヶ月経ったので、同じ問題ですがどんな風に描いてくれるかな、と思って入れてみました。

久しぶりにやりましたが「あ~、この問題、苦手なんだよ~」と言って、前と同じ問題だということをよく覚えてました。
今回は、筋肉が筋肉豆腐の1/4になるところまではすんなり描けたのですが、やはり100g、というのが壁となっているようです。

今回は、娘が何をどう考えたのか、よくわかりませんでした
写真1枚目。右ページに、筋肉豆腐1/2の部分に50としたものを2つ書いて、「200グラム」と書きました。その後、間違ったからやっぱり書き直す、と言って次ページに書き直しました。

2枚目の写真には、筋肉豆腐が5個描かれてあり、それぞれになぜか600gと書いていました。そして下の方に30個の○を描いて、答えが「530gたべるといい」となっています。
この600gと30個の○というのは、どこからでてきたのでしょうか

進化はなかったですが、前回は、筋肉豆腐の1/4が筋肉だということがわかるのがやっとで、100gをどうしていいかがお手上げ状態だったんです。今回は、100gの筋肉をつけるというのをどうすればいいのか、いろいろと考えていました。
答えは違ってたけど、苦手な問題に最後まで落ち着いてじっくり考えることができてえらかったよ!!と褒めたら、とても嬉しそうにしていました。

次回は夏休みに期待したいと思います。

1MX62-1.jpg

1MX62-2.jpg
孤独。
2013-12-18 (水) | 編集
私が家でやってるどんぐり方針は、周囲に話してもそう簡単には理解してもらえそうにない。天動説を信じている人に地動説を説明するようなものだって言うが、本当にそうだと思う。

友人の旦那さんは小学校の先生。だけどやっぱり読み書き計算が基本で宿題はやるのが当たり前、計算もスピードが大事で手は使ってはいけないと言っているそうだ。娘の学校も同じ考え。同じ学校にどんぐりをされている家庭の方はいなさそう。

いつしか、我が家でやってるどんぐりの方針のことは誰にも言わなくなってしまった。ノミの心臓の私は、学校になんて絶対に言えない。

正直言って、孤独ではある。主人だけでも理解者がいてよかった。。。
計算が遅いしゆっくりさんの娘。我が子も高学年になった時、他のどんぐりっこのような学力の伸びを見せてくれる日が来るだろうか。いや、来ると信じている。
その日を楽しみに、環境設定を頑張っている。
2MX30
2013-12-14 (土) | 編集
正解(2MX30,どんぐり歴1年11ヶ月)

娘の苦手なこのタイプの問題。なんと、今日は何の苦もなく解きました(驚)!

青、赤、黄に1個に1個ずつの○を描き、「赤が黄より4こおおい」で赤に4個の○を付け足した。
「黄は青より2こすくない」で青に2個の○を加えた。
その後、全体を30個にしようとして○を付け加えていったのですが、誤ってそれぞれの宝が全部同じ数になるように増やしてしまいました。後で自分で間違いに気がついたようで、次のページに書き直していました。

次ページも、同様に赤、黄、青に1個ずつ描いたあと、赤に4個、青に2個を加えました。
既に描いた宝の数をまず9個と数えた後に、「10,11,12…」と数えながら赤→黄→青の順に○を加えていって30個でストップ。最後に、○を線でつないで何個ずつ多くなってるかチェックして、「12こ」と答えを出しました。

以前の娘は、例えばこの問題なら30個均等に○を描いた後、黄色の○を少しずつ減らして赤や青に移動して、数があうまでやり続ける…というやり方をやっていました。
いつまでこのやり方でやるんだろう、ってずっと心配していましたが、近ごろは今日のようなやり方で解くようになりました。全く教えてもいないのに。何も言わずに見守り続けてよかったです。

2MX30.jpg
もうすぐ2年!
2013-12-12 (木) | 編集
どんぐり倶楽部をスタートしてもうすぐ丸2年。

正しいやり方でできていなかった最初の1年。
ひたすら過去ログや糸山先生の本を読み続ける日々…。
読み終わった後も細かいやり方で悩んで、そのキーワードを入れては調べ、答えを探していた。
どうしても見つからない疑問点は、糸山先生にも直接、ご相談させていただいたりもした(ありがとうございます)。
色々研究を重ね、たくさんの失敗を繰り返して、ようやくまともにできるようになった2年目。

まだ2年ですが、これまで出来上がったどんぐりノートはどの写真アルバムよりも思い出が深く、昔やった問題を見るとその日のことがよみがえってきます。6年間集まったら、素敵な宝物になりそうです。

だいぶ環境設定もできるようになりましたが、まだまだ私の改善しなければならないところはあります。
なので、もう来年のNew Year's resolutionは、決まっています。

「日常生活で怒らない、命令口調を使わない」

です。
どんぐり倶楽部開始前よりは随分減ったとは思いますが、これがまだまだ…(ただし、どんぐり問題をするときには全く怒っていません)。
来年は頑張りたいです。

そういえば、おもしろ文章題が目的で買った、「スーパーエリート問題集」。どのくらい考える力がついているのか試したかったので、本編の方で一番レベルが高いトップレベルの文章問題を2、3やらせてみたら、どれも絵ですぐに解いてしまいました。簡単だったみたいです。
2MX48
2013-12-11 (水) | 編集
正解(2MX48,どんぐり歴1年11ヶ月)

これは簡単だったみたいで、余裕がありました。そのせいか、絵も丁寧に並べて描かれてありました。
数の少ないフンコロガシのフンを先に数え、忘れないように「16」とメモし、ウンコロガシの方に16個チェックマークをつけて、残りの数を数えて答えを出しました。

「ウンコロガシが8こおおい」の”お”の字の上に16と書かれていますが、先ほどメモしておいたフンの数です。重ねて書いてしまってます。

立て札らしきものに「ウンコロガシvsフンコロガシ」と描いているのは、実際学校でドッジボール対戦するときに”○○ vs ○○ ”と書いたりするそうで、それをイメージして描いたのだそうです。
後でどんぐり倶楽部公式ページの「子供たちの作品集」で2MX48を見てみると、もう1種類の答え方が。確かにこんな答え方もあるなあと参考になりました!

2MX48a.jpg
1MX33
2013-12-07 (土) | 編集
わからん帳行き(1MX33,どんぐり歴1年11ヶ月)

数え間違いでわからん帳へ。
絵も考え方もよかったのですが…。

最初赤、青、緑を1人ずつ書いた後、赤に8人、緑に2人加えました。その後、赤青緑の順に1人ずつ加えていったのはいいのですが、100人加えてしまいました。後で全体が100人になっていないことに自分で気がつきました。
それで、減らそうとしたのですが、わからなくなってやり直すことにしたようです(写真1枚目)。

今度は5の塊などにして、さきほどと同様の考え方で描いていきました。が、100を数える時、何度か数えミスをしていて3人に均等に振り分けられず、5を4の塊に変えたりして調整していました。
数える時に、20の次を26と言ってたり、15の次を17と言ったりしていたため、結局9人足りず答えが違っています単位も書けていませんでした(写真2枚目)。

20の次が26となったのは、紙に書いた5の文字を見て頭の中で5を加えてしまい、さらに1ずつ指折り数えてしまったのが原因だと思います。

数を数えるのに、一つ数字を飛ばしてしまったりすることが、たまにあるんです。前にもありました。
ゆっくり数えられてはいるんです。なのになぜ??
たくさん絵を書いて疲れて雑になったから?まだ100までの数に慣れていないから?

1MX33-a.jpg

1MX33-2.jpg
宿題とテスト
2013-12-05 (木) | 編集
学校のお粗末な宿題は相変わらずです。今日の宿題は、

①教科書にある、くりさがりのある引き算36問を10回(計360問)。
②算数プリント(50問の引き算の計算問題のみ)

①はもちろんやらせず、②は全てマシーンがしました。いつもは一問だけ娘がやりますが、最近学校で計算ばかりやらされているようなので今日はさせませんでした。
宿題を全くやってないのに、テストはほとんどが100点。たまに1問間違えてきますが。
字もゆっくり、丁寧に書けています。

娘のこの状況を見て、どんぐり倶楽部に出会うことができて本当によかったと思う今日この頃です。
2MX57
2013-12-04 (水) | 編集
わからん帳行き(2MX57,どんぐり歴1年11ヶ月)

まず、3匹の子ダンゴ虫に10個ずつの○(お菓子)を描き、最初は1個の○を2円として全部がいくらになるか数えることにしたようです。
一つの○を右の指で指す→左指2本を広げ、1、2と数える→ →次の○を右指で指す→一度左指を閉じ、もう一度2本広げて3、4と数える
これを繰り返していきましたが、全部で60円にしかなりませんでした。

次は1個3円として、今度は○の上に3つの黒丸をつけていきながら数えました。合計90となり、「はっ!」と何かをひらめいた感じ。
そして書いた答えが、

「1こ3円ずつ」

うぅぅ…、おしかった。90になったから900円と勘違いしたのかもしれません。
添削として、900円のところにアンダーラインを引いたら、間違いに気付いていましたが、ここで終わりにしてわからん帳に入れました。
今度する頃にはたぶん、できるでしょう。

2MX57.jpg
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記