どんぐり日記
2MX72
2013-11-30 (土) | 編集
正解(2MX72,どんぐり歴1年10ヶ月)

2Mの問題を初めて選んでみました。1M残りはセンチやミリの問題ばかりなので
ミリやセンチが生活の中でもう少しわかるようになってきたら1年生の間にやってみようと思ってます。

さて、この2MX72は3倍の絵を描いたあと、30秒と経たずに答えが見えてしまったようです。本当に”一瞬”で理解しました。問題を解いているのではなく、お絵かきを楽しんでいる娘の姿がそこにありました。
「3倍」も正しく絵で描けています。
描き終えてから、絵を指差しながら「に→し→ろ→はっぴゃくでしょ」と言ってました。
赤組の女子と白組の男子で、砂糖の山の争奪戦を繰り広げているようです。応援団の姿も見えます(笑)

2MX72.jpg
1MX94
2013-11-27 (水) | 編集
わからん帳行き(1Mx94,どんぐり歴1年10ヶ月)

11/23,11/27と2日に分けてやりました。
「上位3人の記録を合わせると、下位2人の合計の丁度2倍」がどうしても絵で描けなかったようです。

右ページに、上位3人と下位2人を描いたのですが、一人ずつ何メートル飛ばしたかを考えて数字を書き始めました。合計で300メートルになるように色々な数字を当てはめています↓
1MX94-1.jpg

数字がいっぱいになり、次のページに描き直しました↓
さきほどと同様に、一人ずつに数字を当てはめて考えています。
このとき、「上位3人の記録を合わせると、下位2人の合計の丁度2倍」というのを忘れているのか(?)とにかく全員で300メートルになるようにすることで頭がいっぱいのようでした。
ここで1時間くらい考えたのと雑になってきたので、最後の一行を残し、次週に持ち越すことにしました。
1MX94-2.jpg

11/27にやった分。↓
50人を描いた後、前回と同様に一人ずつ数字を当てはめて考えていました。
ノート右下の方に数字を何度も書いては、合計300メートルになるように考えています。
結果、なぜか「20メートル」と出しました。
1位:90m、2位:70メートル、3位:36メートル、最下位から2番目:24m、最下位:20mとなっています(合計は240mになってるし、2倍も正しく描けていませんでした。)
1MX94-3.jpg

以前、金太郎飴の問題では3倍が正しく絵で描けていたので、今回もあんな感じの絵が描けるかなと期待していたのですが、「合計の丁度2倍」といった問題になると描けなかったようです。数年後に期待したいと思います。
この問題の場合、50人全部描かなくてもいいのですが、今回も描いていました。
写真3枚目右ページに、表彰台に乗っている上位3人がいて、かわいいです。
今回は家に友達3人が遊びに来て、充分に遊んで満足した後に問題をやったからか、自分から「今日どんぐりの日じゃないの?」と言ってやり始め、最後まで落ち着いてすることができました。
七五三
2013-11-25 (月) | 編集
11月初旬、七五三のお参りに行ってきました。
着物を着せてもらって娘は大喜びでした。
子供の成長は早いですね。気がついたらあっという間に9歳を過ぎてしまいそう。
1日1日を大切に大切に過ごしていきたいと思います。

土曜にやったどんぐり問題は本人にとって難しかったようで、途中で終わり、今週に持ち越しました。
途中でも、1時間くらいを目処に終わっているのですが、最後の方が少し雑になりかけたので、もう少し早めに終わればよかったです(反省)。
今度その問題の続きをするときは、本人が楽しくできるような環境設定をしようと思います。

shrine.jpg

1MX56
2013-11-20 (水) | 編集
わからん帳行き(1Mx56,どんぐり歴1年10ヶ月)

写真1枚目。
10歩をひとかたまりにしてそれを10個で100歩として描きました。
「8時30分」で右の大きな時計の絵。(ここで30分の長針の位置を間違えてますが
「25歩 歩いたところで10時」と聞いて10、10の次に5を付け加えて色々考えていたのですが、わかりにくくなったから書き直す、とのこと。
1MX56a.jpg


写真2枚目。
左ページにさきほどと同様の絵を描いた後、こんどは右ページに10,10,5(25歩)をひとかたまりにして、それを4つ分描いた。
次に時計の絵(右ページ左上の小さい時計)を使って、短針を8に描き、30分なので6のところにマルをした。
今度は右側に少し大きめの時計を描き、この上を指でなぞりながら、10時まで何時間かかるかを考えていたようなのですが…
ここでなぜか、「2じかん」とだしました
一番上の10,10,5(25歩)の横に「2じかん」と書き、他も全部25歩で同じだからと、それぞれに「2じかん」と書きました。
8時半から2時間ずつ時計を進めて8時間後の時間を考え、「4じはん」と答えを書きました。
1MX56b.jpg

8時30分から10時までの所要時間を間違えたためのミスでしたが、それ以外は、絵で見えるように描けたし、考え方もよかったのではないかと思います。まだ時計は習っていないし、これだけできれば合格かな。

写真1枚目、季節が秋だからか紅葉した木が描かれていて、かたつむりさんたちが公園でブランコ、シーソー、滑り台、タイヤの跳び箱で遊んでいる姿が見えます。
途中、ふんふん~♪と楽しそうに歌いながら描いているなと思ったら、「あきのえんそっく~♪」という自作?の歌が音符で描かれていました(写真2枚目)。
娘にとって難しい問題だったのに、最後まで楽しくできてよかったです。

余裕が大切。
2013-11-17 (日) | 編集
以前に比べて、娘はどんぐり問題の文章を細かい部分までイメージして絵にできることが多くなってきたように思います。
お花見、という一言でも、楽しそうな顔をした女の子2人が、靴を脱いでレジャーシートの上に座ってお花見をしていて、その上の満開の桜から花びらが舞ってきて…とこれだけのことをイメージしている。
これが、娘のオリジナルの絵なんですよね。
娘の絵を見て、日常生活や自然の中での能動的な体験が重要なんだということもよくわかってきました。
どんぐり問題は、余裕のある日にだけやっています。余裕があると素敵な絵を描いてくれます。

1Mは残り23問。同じ問題や類題を除くと、もう娘にとって難しい問題しか残っていません。
できそうな問題から選んでいたので…。
でも、わからなくても、「見せておく」ことが大事なんですよね。娘が楽しくできるように心がけたいです。
2Mもできそうなものがあれば、たまに挟んでいこうかなと思ってます。
1MX96
2013-11-15 (金) | 編集
正解(1Mx96,どんぐり歴1年10ヶ月)

うまか棒、まずか棒の問題。これはあっという間に解いてしまいました。

うまか棒をまずか棒の3倍の大きさに描き、それぞれを半分にしました。
うまか棒の1倍の部分を100cmにして、2倍の部分は半分になっているから50cmにしました。
そして、まずか棒の半分を50cmにしたらちょうど200cmになりました。それで、うまか棒の2倍の残り部分に50cm、3倍部分に100cmを付け加えました。
うまか棒の全部を数え、300センチと出しました。

うまか棒1倍の部分を最初なぜ100cmにしたのか?聞いてみたら、「残りの長さをあわせたのが200cmだったから、だいたい100cmくらいかなと思った」そうです。
桜が満開なので、花の部分がもこもこしていて、少しの花びらがはらはらと散っている様子が描かれています。

1MX96.jpg
1MX61
2013-11-13 (水) | 編集
わからん帳行き(1Mx61,どんぐり歴1年10ヶ月)

はじめに1時10分の絵(左ページ右側の時計)を描いた。(10分の針の位置が間違ってますが、2の所に描いたつもりだったそうです)
次に、右ページに大~きな時計の絵を描き、時計の2の位置から指さししながら、10ー20ー30ー40ー50ー60ー70ー80と指を使って10分ずつ戻って行った。
ここで、時計の10の数字の部分に長針を書いた。
一周戻ったから1時の一つ前になって12時、として短針を12のところに描いた。(12の位置に向けて書いたので針が長くなってしまってます)

この時計の絵を見て書いた答えが、
なんと、

「12じ10ぷんまえ」(苦笑)!!

(ちなみに本来の回答は11時50分です)
まあ、一応は合ってます(笑)
わからん帳へ入れましたが…。

ハム次郎がチュー助の家に行くまでには、橋がかかった池、お花畑と草原があり、クモやヘビに遭遇する危険な森を過ぎて立て札の前を通り越すと、ようやくチュー助の家にたどり着くようです。
ちなみに私はこんな素敵な絵は書けませんでした(泣)

1MX61-1.jpg
漢字テスト
2013-11-12 (火) | 編集
漢字テストが返ってきました。95点。
テスト対策はしてません。
家ではこのやり方でやってるだけです。
△の5つは、漢字自体は書けていたのに、止め、はらいが不十分か、端の線がはみでてしまったとかばかりでした。



1MX95
2013-11-09 (土) | 編集
正解(1Mx95,どんぐり歴1年10ヶ月)

金太郎飴を銀太郎飴3倍の大きさで描き、それぞれを半分に分けたところで、長い間絵を見て考えていました。そのうち何かひらめいたようで、以下のように一つずつ当てはめてやっていました。

・金太郎飴の1倍の部分に1,2,3,4(センチ)と書いてみる。2倍の部分は半分になっているから、4センチの半分の2センチ分;5,6(センチ)と書こうとしたが、これでは12センチまで足りないことが明らかに分かったので、やり直す。

・今度は金太郎飴1倍の部分に1,2,3,4,5と書いて、2倍の部分にその半分を書こうとした。
が、5が半分に割れないことに気がつく。仕方なく大体半分の(笑)3つ分;6,7,8をとりあえず当てはめてみて、銀太郎飴の半分のところに同様に3つ分;9,10,11と書く。→12センチにならなかったのでやり直し。

・次は金太郎飴1倍の部分に1,2,3,4,5,6と書いて、2倍の部分にその半分3センチ分の7,8,9と書く。銀太郎飴にも3センチ分の10,11,12と書く。ぴったり12センチ!!

あとは金太郎飴2倍部分の残り半分に3センチ分、3倍部分に6センチ分の数字を書き込み、全部で何センチ分あるか数えて、18センチと出しました。

絵には金太郎飴、銀太郎飴の端の断面図らしきものが描かれています。
先日買った、色鉛筆の「金色と銀色が役に立ったよ~」と言ってました(笑)

1MX95.jpg
1MX87
2013-11-08 (金) | 編集
わからん帳行き(1Mx87,どんぐり歴1年10ヶ月)

日常生活の中で、1mが100cmであることをわかっているので、この問題を選んでみました。
ケーキ1個:1m、ジュース2本:1mと描き、1セットで2mと出しました。
これを3セット分描き、全部で6mになったことに気がつきました。

が。ここでなぜかケーキ1個の上にジュースを2本ずつ描いて、答えを「12本」としてしまいました。
1mは50cmと50cmだからケーキ1個はジュース2本と同じと思って描いたようなんです。
「もう一つ迷った答えがあって、それは6本なの」と言ってましたが、わからん帳行きです。
おおよその絵は正しく描けていたので次回は簡単に解けるのではないかと思います。

タレパンダ君は以前横浜中華街で買った、パンダの財布のイラストを描いたようです。
まだ習っていないメートルをアルファベットの”M"と書いているのには驚きました。以前部屋のサイズをメジャーで測るのに、手伝ってもらったことがあって、そのときに知ったのかもしれません。

1MX87.jpg
初!質問ノート!
2013-11-08 (金) | 編集
先日娘が、算数の宿題で図形の問題(3つの積み木の形を写して乗り物の絵を書いたとき、この3つのつみきだけではかけない図形に○をつける、というもの)を理解できていませんでした。

そこで、一年生になって初めて先生への「質問ノート」を作成することに。
問題を切り取り、ノートに貼って、何がわからないかを文で書き、その後先生に提出、ということをやってもらいました。私からも、連絡帳に質問ノートのことについて先生にお願いしておきました。

そして戻ってきたノートを見ると、なんと先生からの説明が書いておらず、代わりに娘の字で説明が書いてありました。ただ、先生から実物を使って説明してもらったようで、きちんと理解はしてました。

夕方、先生から電話がかかってきて、
「今回は図形でしたし、実物の積み木を使って○○ちゃんに説明しました。そして、本人が分かったかどうか確認したいので、ノートの説明は○○ちゃんに書いてもらいました。ですので今後も説明は私ではなく、○○ちゃんに書いてもらうようにしようと思いますが、どうでしょうか。」
とのことでした。

ですが、説明文は先生にお願いしたい旨伝えてきました。これで先生の力量もわかるし、1年生の子供が説明を書くのは難しく、書くことで精一杯で理解が後回しになってしまっては本末転倒だと思ったんです。

とりあえず今回、質問ノートの第一歩を踏み出しました。
先生は「大変いいことをされていると思います」と好印象だったし、娘にとってもわからないことは先生に質問するんだ、ということと、質問ノートの作り方・書き方を少し理解したと思うので、まずまずの滑り出し、といったところでしょうか。
中学で娘が当たり前のように質問ができるように、親も環境設定頑張りたいと思います。
鉄棒とイメージ再現
2013-11-08 (金) | 編集
月曜日、体育の授業で突然逆上がりができるようになった、と娘が喜んで帰ってきました。
練習はほとんどやっていません。2回だけ、学校に練習に行ったのみ。そのときも5分程度やったくらいでしょうか?

「逆上がりのコツ、池谷先生」というYoutubeの動画で、元体操の池谷幸雄選手指導による逆上がり練習法があったので、その方法を取り入れてみたんです。
特に、動画の5分40秒あたりから始まるタオルを使った練習方法が、どんぐり倶楽部の過去ログにあった、”お手本となる理想的な姿勢の体感イメージを頭の中で再現”するというのにぴったりだと思ったんです。

タオルだと簡単に逆上がりができるので、娘の場合、タオル練習で理想のイメージが”わかった”ことで”できた”に繋がった部分が大きいと私は思っています。
親にとっても大変嬉しい出来事でした。

(以下、どんぐり倶楽部から引用;逆立ちの例)
※例えば、逆立ちが分かっていれば(お手本となる理想的な姿勢の体感イメージを頭の中で再現できるのであれば)90点で逆立ちが出来れば10点です。子供を見るとは出来ることを見るのではありません。分かっていることを見るのです。表面だけでは見えません。
1MX57
2013-11-03 (日) | 編集
正解(1Mx57,どんぐり歴1年10ヶ月)

写真一枚目。
最初、巨大向日葵の”花”を描き、それぞれに4つの種をつけて、25りんと花の数を書きました。が、確認するというので、一通り通して文章を読むと、自分で間違いに気がつきました。
それで4つの種を”花”ということに変更し、もう一輪付け加えて5輪にしました。さらにその中を4つの種にして数え始めたのですが…、
小さすぎてわからなくなり、もう一度書き直すことにしました。
1MX57-1.jpg

写真二枚目。
今度は一本に5輪の花を描き、それぞれの花に4つずつの種を描いています。
一つの花につき、それぞれ20と数字を書いて、20-40-60-80-100と数えて5本と答えを書きました。
左ページに、種がどうしたら手に入るかパソコンで調べているハム次郎の姿が見えます(笑)
1MX57-2.jpg
ハロウィン
2013-11-01 (金) | 編集
昨日はハロウィン。
大きなかぼちゃをカービングして作ったジャックオランタンに、夜、火を灯しました。
それをじっとみつめていた娘が、急に何かを思い立ったようで、紙に何かを書き始めました。
 ↓
letter.jpg

なぜこんなことを書き始めたのかよくわかりませんでしたが、素直な気持ちが書けているような。
作文の書き方はまだ習ってないし、教えてもいませんから上手ではありませんが…。(最後の一文の両端は括弧「」を書いたみたいですが、国語の授業で縦書きしか習っていないため、そのような書き方になったようです

途中で「ちょっとかびてましたが」と書いています。
そうなんです。実は、4日前に作ったのでカビが少し生えてきたんです!(毎日乾燥させていたのですが、やはり4日もたせるのはきびしかったです
部屋に飾るのは若干抵抗がありましたが、少しの時間だし、OKとしました(笑)
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記