どんぐり日記
5MX67
2017-07-21 (金) | 編集
2017年7月14日(小5, どんぐり歴5年6ヶ月)
(5MX67, 正解)

ある日、ウルウル誠君は、迷子になったピッカリ輝君を捜しに、銀河系を飛び回りました。
誠君は、7秒で15銀河の宇宙空間を捜索できます。
輝君の航続距離を考えると、8265銀河内に輝君はいるはずです。
誠君が捜索を始めてから1時間3分28秒後に輝君を見つけたとすると、
誠君が捜索し残した範囲は何銀河になるでしょうか。

5MX67-1s.jpg

5MX67-2s.jpg

はじめに7秒で15銀河の絵図を描きました。
これをひとかたまりとして赤で囲み、これが544個分ある絵図(8160銀河)を下に描いて
残りを求めました。

始めるときに、銀河系と銀河の違いは何か?と、”航続距離”の意味について聞かれたので説明しました。
最初28秒を足すのを忘れていたようですが、通しのときに気が付き訂正しています。

ウルウル誠くんの目がウルウルしているのがかわいいです。
1つの銀河の中の小さく黒点で示したところの一部分にピッカリ輝くんがいるようで
そこを拡大して描いています。
ウルウル誠くんも同様に描いています。

問題終了後に
「輝くんは本当は燃料があるうちに帰れるように途中で引き返すつもりだったんだと思うよ。でもその途中で迷子になっちゃったんだと思う」
と言ってました(笑)
5MX23
2017-07-19 (水) | 編集
2017年7月13、17日(小5, どんぐり歴5年6ヶ月)
(5MX23, 正解)

今日はカタツムリのムーリー君の誕生日です。
今年は大好きな紫陽花の葉2枚と、輝く雨の滴6滴が買える516円の商品券3枚と、
同じ紫陽花の葉4枚と輝く雨の滴5滴が買える717円の商品券2枚をもらいました。
この商品券の金額から紫陽花の葉1枚と輝く雨の滴1滴の値段を考えてみましょう。

5MX23-1as_2017071907580738a.jpg

5MX23-2s_20170718154321989.jpg

面白い解き方をしたと思います。
最終的に解いた方法は、
始めからいきなり717円-516円=201円をしていたんです。
でもこれ、普通に考えたら滴1つだけが引けないんですよ・・。
だからどうやって解いたのかなと思って教えてもらいました。
以下、娘の説明です。

その滴1つは、717円の商品券の中の紫陽花の葉1枚だけ滴1つ分を欠けさせた(下の写真青色部分)。
すると、「紫陽花の葉1枚」+「滴1つ分が欠けている紫陽花の葉1枚」(赤で囲った部分)=201円になる。

5MX23z.jpg

これを516円の商品券に当てはめてみる(下の写真)

5MX23z-2.jpg

紫陽花の葉1枚+滴1つ分が欠けている紫陽花の葉1枚で201円なので、全体からこれを引く。
516-201=315円
残りは欠けている部分の滴を含め合計滴が7つ(緑で囲った部分)。
これが315円なので、滴1つは45円。
あとは当てはめて紫陽花の葉1枚の値段を求めた。

とのことでした。
なるほど…。

そのまま2つの商品券の差から求める、というこの娘のやった方法ですが、
滴1つ分が引けないからできないと私は思いこんでいました(苦笑)
こういう自分には思いつかない発想を見ると、子供の頭って柔らかいなあと感じます。
5MX61
2017-07-18 (火) | 編集
2017年7月12日(小5, どんぐり歴5年6ヶ月)
(5MX61, 正解)

飲むと体を浮(う)かせることができる「ふわふわサイダー」が発売されました。
このサイダーを250g飲む度に3秒間体を浮かせることができます。
サイダーは2リットル用の専用コップに500g入れることができます。
では、1時間体を浮かせるには、専用コップで何リットルのサイダーを飲めばいいでしょうか。

5MX61s_2017071808151707f.jpg

8分で終了。
以前の類題では、思考に役立つ絵図が小さすぎたことで、うっかりミスが発生していました。
今回の方が複雑な問題でしたが、さらりと答えられたのは
そこが大きく描けたことも一因なのではないかなと考えています。
でもまだ少し絵図が小さめだと思うので、これは徐々に改善できればと思います。

どんぐり問題が終わったら、私と一緒に人生ゲームがやりたかったみたいで
そそくさとボードやお金の準備をしてました
なんとなく、その気持ちが絵にも表れているような・・・。
こういう時は、先にやりたいことをやってからどんぐりをしないといけないな、と思いました。
5MX50
2017-07-12 (水) | 編集
2017年7月8日(小5, どんぐり歴5年6ヶ月)
(5MX50, 正解)

ハムハムとチュー助の家は0.0012km離れています。
ハムハムはチュー助にゲームソフトを借りようと思い、午前9時5分に家を出ましたが、
屋根から落ちて右足を骨折しており思うように歩けません。
それでも、ハムハムはがんばって1分間に0.01mずつ歩いてチュー助の家に向かいました。
ハムハムがチュー助の家に着く時刻を計算して出してみましょう。

5MX50s.jpg

この問題のハムハムはうちで飼っているハムスターと同じ名前。
だからうちのハムスターを思い浮かべながら、かわいく描いたそうです。
実はうちのハムスターはココナッツの家に住んでいるので、お家もそれを描いています。

今回、こんなことがありました。
問題の途中で、”1分間に0.01mずつ”というのを読んだときに娘が、
「えっ、そんなちょっとずつ・・? おそっ」 と驚いた様子で言いました。

また、「そこまでしてゲームソフトが借りたいかー?(笑)」
とツッコミを入れていました^^;

こういうこと、どんぐり問題をやっているとよくあるんです。
イメージ再現しただけではなく、さらにその奥に体感を伴っていて、
文章の意味を「分かっている」のではなく、「”深く”分かっている」んだろうなと思います。
6MX62
2017-07-10 (月) | 編集
2017年7月3日(小5, どんぐり歴5年6ヶ月)
(6MX62, 正解) 

今年のペンギンクラスはフンボルト族とマゼラン族でできています。
フンボルト族は23匹で、マゼラン族はクラス全体の1/3より5匹多いそうです。
では、マゼラン族は何匹いるのでしょう。

6MX62s.jpg

23+5匹が全体の2/3。だからそれを2つに分けた匹数は1/3・・・
という流れで解きました。
あっという間に終了。
問題後にクマの絵を描き足して色塗りを楽しみました^^

絵は、北極からホッキョクグマが南極旅行にやって来たところを描いたそうです。
大陸の右側がマゼラン族、左側がフンボルト族の所、と分かれています。
下のペンギンは流氷の上に乗ってやってきたのですが、
長い旅の間に氷がくるくる回って流れて来たので目を回しているのだそうです。

この問題は「絶対に教えてはいけない問題」だそうです。
でも、そもそもどんぐり問題は700題全て、
教えてはいけないどころか、ヒントすらダメなのに
”絶対に教えてはいけない”というのはどういことを意味しているのでしょうか?

追記:本物のフンボルトペンギンやマゼランペンギンは南米に住んでいるようです…(笑)
6MX11
2017-07-06 (木) | 編集
2017年7月5日(小5, どんぐり歴5年6ヶ月)
(6MX11, 正解) 

今日は全校CD飛ばし大会の日です。
50人が一緒に飛ばします。
上位3人の記録を合わせると、下位2人の合計の丁度2倍でした。
5人の記録を合わせると108mになりました。
下位2人の差を4mとすると最下位は何mになりますか。

6MX11s.jpg

むむむ・・・
正解ですが、絵図を描かずに解いています
頭の中ではもう展開が見えていたのだと思いますが、これはいけません!
今度またきちんと話してみようと思います。
あと、答えと関係ない上位の合計やブービーの記録まで求めていました。

今回の大会の出場者は妖怪たち。
上位の中に、どんぐり問題に登場するアッパ君がいます。
最下位の”青足”(→「もののけ屋」という本に出てくる登場人物らしい)は
手がないので足でCDを蹴って最下位になってしまったそうです笑)
4MX60
2017-06-30 (金) | 編集
2017年6月28日(小5, どんぐり歴5年5ヶ月)
(4MX60, 正解) 

蟻塚小学校では毎朝、1時間30分かけて蟻探しをします。
茜組は35人、椿組は42人、向日葵組は38人です。
茜組は全員6秒で1匹、椿組は9秒で1匹、向日葵組は8秒で1匹の蟻を探すことができます。
蟻50匹につき角砂糖7個と交換できるとすると、
みんなで何個の角砂糖を手に入れることができますか。

4MX60s.jpg

蟻塚小学校問題、実はこれが初めての挑戦です。
各組が1時間30分で探した蟻の数をそれぞれ出してからそれらを合計し、
最後に角砂糖の数を求めました。

蟻50匹→角砂糖7個の絵図だけが抜けていたところが注意点です。
恐らく問題文を読んだ後そのまま筆算に入ってしまったのではないかと思います。
正解はしましたが、こういう所がミスの原因となるので今後注意しなければならないところです。

作品には、茜、椿、向日葵の花をつけた妖精の絵が描かれています^^

答えが出るまで55分かかりました。
複雑で忍耐力の必要なこの問題ができたことで、少し自信にはなったかなと思います。

これまで娘のどんぐり作品を見てきて、
答えまで最短距離である必要はなく、遠回りしてこそ思考回路は作られていくのだな、
ということを感じてきたのですが、
最近は、その思考回路が整理されつつあるような気がしています。
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記