どんぐり日記
ハムハムと娘。
2018-02-16 (金) | 編集
娘作、4コマ漫画。
題:「マジックのれんしゅう」
(我が家のハムスター・ハムハムが主人公です)


(copyright:娘)

お正月にこんなことがありました。
娘と甥っ子たちでハムハムを手の上に乗せたり、エサをやったりして長い間遊んでいたのですが
その日の夜、布団の中で娘がなぜかしくしく泣いていたんです。

お昼、ハムハムは本当は寝てる時間なのにみんなでいっぱい触って遊んで疲れたんじゃないか。
弱ってないかな。大丈夫かな。
と言いながら…。
明日はゆっくり休ませてあげるんだ、って言って眠りについた娘です。

fc2blog_201802051113380b4.jpg

娘には兄弟がいないし、本当の妹みたいに思っているのかも。
どんぐり問題でも「ハムハム」が登場すると普段以上にかわいく丁寧にイラストを描いています^^
そんな娘の気持ちを知ってか知らずか、今日もココナッツのおうちで顔だけ出して眠るハムハムです^^
割合の概念
2018-01-24 (水) | 編集
現在、娘は学校で割合を習っています。
そこで先日、こだま先生のブログの中にある問題をやってもらいました。

赤ずきんちゃんはおばあさんのお見舞いに、リンゴとミカンを合わせて21個買いました。
リンゴの数はミカンの数の40%でした。
リンゴを何個買いましたか。


wariai-s.jpg

右上の図で
ミカンが10個の時、リンゴは4個。
ということはミカンが5個の時はリンゴが2個(四角で囲っています)。
下に21個のマルを描き、ミカン5個→リンゴ2個のイラストをマルの中に描いていきます。
ちょうどこれを3回繰り返すとぴったりになり、絵の中のリンゴを数えて6個と答えました。
OK!!

絵だけで解いています。筆算も式もありませんね。
(簡単な絵でいいよ、と私が言ってしまったのでいつもより簡略化された絵になっていますが・・・)

どんぐり問題が解けているので大丈夫だろうとは思いましたが
学校で教えられた解き方に今娘が混乱しているので、この作品を見て少しほっとしました。

このブログの中でとても参考になる記載があるので以下に引用させていただきます。

この問題から、式を次のどちらかにしたお子さんは「公式病」にかかっている可能性があります。

 21×0.4
 21÷0.4

算数において、「公式病」という病が存在すると思うのです。

「意味を考えずに、問題文の中にある数値を丸暗記した公式にあてはめて解く」という病です。
この病にかかると、単純な問題であればすらすら解けますが、応用されると急にわからなくなるという症状が現れます。


道草学習のすすめ 割合の理解度テスト~「公式病」という病にかかっていませんか?~」より一部引用
里山
2018-01-24 (水) | 編集
先日久しぶりの里山へ。
森林の専門家の方の案内で里山をゆっくり歩き、色々な樹木を詳しく観察しました。
タカノツメの落ち葉は子供たち曰く、「わたあめ」の匂いがする!と言っていて
みんなたくさん集めていました。

「里山の自然の音を見つけてみよう」
との専門家の方の一声でみんなで目をつぶってみました。
こうすると鳥の鳴き声や葉っぱの音だけでなくそよ風の動き、
体の温まる部分を感じることで太陽がどの方向にあるか・・・
などなど、いろんなことがわかります。
自然を繊細に感じることができた、とってもいい時間でした。^^

お昼はロケットストーブを使ってみんなで猪汁を作りました。
里山には火をあおぐうちわなどありません。
すると子どもたちは短く切った竹に縦に切り込みを入れ、
そこに段ボールを挟んで自作のうちわを作ったのです。
便利な道具がなければ子供たちは勝手に工夫を始めるのだなと思った出来事です。
里山は寒かったですが、新しい薪ストーブのおかげで暖かく過ごせました。

fc2blog_20180122084934a84.jpg

食後、友達と小屋に行って何かをしていた娘。
その小屋はおじさん達が基礎から手作りしている結構本格的なもの。
ちょうど今建築中で、娘はその構造を自分たちが作っている秘密基地の参考にしようとふと思いついたそうで、そこで設計図を描いていたのでした。

秘密基地作りは里山にとってもいいことがたくさんあります。
子供達が山に入って地面を踏むことで雑草が生えにくくなるし、
不要な木を伐採できて山が若返るし、
将来秘密基地の木が朽ちてもそのまま自然にかえるのでいいことだらけです。
新学期
2018-01-09 (火) | 編集
あけましておめでとうございます。
先月娘が二度にわたり体調を崩し、その後私も体調が悪くそのまま冬休みに入ってしまいました
冬休みはのんびり過ごした娘です。

4月からはいよいよ最終学年に入ります。
どんぐりの学年別の注意点で小6は

小6:過不足無く、全体を見通しやすいように(一目で理論展開が理解できるように) 絵図を工夫して描く。
誰が見ても分かるように描く。プレゼンテーション ・表現力をも含め た視考力を活用した思考力養成の仕上げ。


と書かれています。
今年の目標は、この注意点を意識しながら
かつ娘が楽しくどんぐりをできるような環境設定をしていきたいと思います。
ブログは優先順位を下げて、時々の更新になると思います。


ところで体調を崩す少し前に東京&千葉へ行ってきました。
ディズニーではショーレストランを予約。
歩き疲れた頃に観ようと夕方の”ミッキーのレインボールアウ”を予約しました。

fc2blog_201801090901531fc.jpg

ショーレストランは初めてで、座席でゆっくり食事してのんびりショーが観られるのがとってもよかったです。
ハワイの音楽にもとっても癒されてきました。
今年もよろしくお願い致します。
糸山先生講演会
2017-11-20 (月) | 編集
滋賀県であった、糸山先生の講演会に行ってきました。

会場で私の隣の席だった方は、お子さんが娘と同じ5年生でした。
どんぐりの時計問題のことや進め方のこと、学校の事など、
どんぐり倶楽部という共通の話題で色々とお話できたことがとても嬉しかったです。

私の友人にどんぐり倶楽部をしている人はおらず、今までずっと一人でやってきたので
同じ思いを持っている方と出会えたこと、何人かの方とどんぐりの話ができたこと、
初めて糸山先生にお会いできたこと・・・、感無量でした。

講演会後、娘の実際のどんぐり作品を先生に見てもらうことができました。
せっかく先生とお会いできたというのに、緊張で頭の中が真っ白になってしまい
聞きたかったことが完全に飛んでしまいました・・・。
先生に何年生?と聞かれたので5年生です、と答えたくらいしかお話してません
先生は娘の作品の写真を撮りながら他の参加者の方の質問に答えていらっしゃっていて
私はそれを聞いていたのですが、本当に子どもたちのことを真剣に考えていらっしゃる様子が伝わってきました。

fc2blog_20171120195756906.jpg
娘のノートに書いてもらったレオン君^^

講演会では娘以外の子供たちのクロッキー帳も見ることができました。
同じノートで同じ問題を解いている仲間がいる、ということ自体が嬉しくて、
そしてなんだか心強く感じました。
これからまた新鮮な気持ちでどんぐりに取り組めそうな気がします。

最後になりましたが、講演会のスタッフの皆さま、そして糸山先生ありがとうございました。
稲刈り
2017-11-08 (水) | 編集
里山で稲刈り。
台風や長雨の影響でずっと延期になっていて、待ちに待った稲刈りです^^
この日は風もなく、時々顔を出す太陽が体を暖めてくれて気持ちがよく、作業もはかどりました。

fc2blog_2017110810192449b.jpg

稲刈り中に小さなネズミが逃げていくのを見た娘。
その後しばらくしてお友達が稲の中にこんなものを見つけました。
カヤネズミの巣。

fc2blog_2017110810134282a.jpg

ネズミはちょうどこの穴の中にすっぽり入るくらいの大きさだったそうなので
きっとカヤネズミだったのでしょうね。
巣の後ろ側にはカマキリの卵が2つくっついていました^^

燻製作り
2017-11-01 (水) | 編集
週末は台風のおかげで予定していた里山キャンプが2つなくなってしまいました
その代わり、燻製作りだけやりました。
作り方は、段ボールに以下のようにバーベキュー用の串を刺して網を載せるだけ。

fc2blog_20171101114648a71.jpg

2段作って下の段にカシューナッツを、上の段にチーズをのせて完成!
超簡単!

fc2blog_20171101111835c25.jpg

燻製用の箱は2つ作って、りんごの木のチップとナラ材のチップをそれぞれ燻しました。
30分後、蓋を開けてみると・・・・
めっちゃおいしそう!!

fc2blog_2017110111191491f.jpg

娘はナラ材のチップで燻した方があっさりしていて好きとのことです。
私はりんごチップの方が濃厚な味がして好きだったかも。
カシューナッツは、燻しただけでこんなに味が深くなるんだ!という感じで最高においしかった・・・。
こちらはナラ材の方が合うかも?
ダッチオーブンでも燻製はできるんですが、結構鍋に匂いがつくらしいので
段ボールの方がいいなと思いました。
あまりにも簡単すぎたので、今度家でスモークサーモンをやってみたいと思います。
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記