どんぐり日記
6MX64
2018-06-20 (水) | 編集
2018年6月1日(小6, どんぐり歴6年5ヶ月)
(6MX64, 正解)

どっこい小学校では夏休みを利用して南極へ修学旅行に行きます。
この小学校の生徒は52%が女の子です。
今度の修学旅行には女の子の95%、男の子の98%が参加します。
では、全体では何%の生徒が修学旅行を欠席することになりますか。

6MX64s.jpg

全体が10000人と仮定すると、52%は5200人。
5200人の1%は52人、5%は260人
・・・といった思考で解きました。
一部筆算を計算式にするときに写し間違えているところが注意点ですが、よくできたと思います。
先生が子供たちを引率している様子、南極で過ごすイグルーの中では焚火で肉を焼いている様子や
犬ぞりなどが描かれています。

この記事を書いている時に検索していて気が付いたのですが、
娘の解き方がアンカラママさんのブログのこの記事
子供さんの解き方と同じ方法だったのでびっくりしました!
6MX67
2018-06-15 (金) | 編集
2018年5月31日(小6, どんぐり歴6年4ヶ月)
(6MX67, 正解)

ここアリンコ町3丁目の消防署には、45秒間に1リットルの消火活動ができる
特別部隊の隊員が30名います。
先日、大火事が発生し、この特別部隊が出動して大活躍しました。
火事は消化活動が始まってから30時間で鎮火しました。
この火事では前半の15時間は特別部隊の全員が消火に当たりましたが、
後半の15時間は特別部隊のうちの10人は人名救助に当たったので消火活動はできませんでした。
では、後半に使用した水の量は全体で使った量の何%にあたるでしょうか。

6MX67s.jpg

問題文を一通り絵図にした時点で「あ、2/5だ。」と言いました。
すぐ答えが分かってあっという間に終了。
視考力を使っていてよかったと思います。
6MX80
2018-06-13 (水) | 編集
2018年5月25日(小6, どんぐり歴6年4ヶ月)
(6MX80, 正解)

フンコロガシは7:45に家を出て、弟のウンコロガシを学校の先にある幼稚園へ送ってから
登校するので、学校に8:12に着きます。
家から学校までは1km。
弟と一緒の時はフンコロガシは毎時3km、一人の時は毎時4kmで歩いてるとして、
学校から幼稚園までの距離を求めましょう。

6MX80s.jpg

6MX80-2s.jpg

最終的に3ページ目の絵図で考えています。
家→学校:20分
残り7分を○○○○○○○と絵図化。

次に、
学校→幼稚園: 時速3km ○○○
幼稚園→学校: 時速4km ○○○○
と書いているのですが
この○は最初間違って考えていた形跡だと思います。
というのは、途中バツしている筆算にそのように考えた跡があるからです。
そして途中でおかしいと気が付いたのだと思います。

最終的に、幼稚園→学校は3分とわかり、
(なぜわかったのかは不明ですが
時速4kmなので3分は200mと出しています。

後でどうやったのか娘に聞いてみたのですが、
絵図を見てしばらくの沈黙の後に、 
「ん?・・・なんか忘れちゃったんだけどわかったんだよ。」
と言われました…(^^;)
6MX88
2018-06-12 (火) | 編集
2018年5月22日(小6, どんぐり歴6年4ヶ月)
(6MX88, 正解)

192リットルのミックスジュースを作ります。
ホースAからは2分で1200ミリリットル、ホースBからは3分で2400ミリリットルの
ジュースを入れます。
では、午前11時丁度にホースA2本とホースB1本とを同時に使ってジュースを入れ始めると
何時何分何秒に出来上がりますか。

6MX88s.jpg

6分間で同時に入る量を求め、192リットルでは何分かかるかを考えました。
7200+4800=12000の筆算を式にする時に1200と書き間違えています。
まれにこういうことがあるので、気を付けてもらおうと思います。

ホースAのシャワーヘッドがお花の形、Bは動物の形になっているところが
面白いなと思いました。
ミックスジュースは炭酸入り。氷が入っていておいしそうです(*^-^*)
6MX78
2018-06-11 (月) | 編集
2018年5月18日(小6, どんぐり歴6年4ヶ月)
(6MX78, 正解)

時速30kmで走る駿足河童のアッパ君と分速400mで走る駿足鼠のチュー太郎が、
2人の家の丁度真中に置いてある大好物のバナナアイス饅頭(まんじゅう)5個を食べるために、
真直ぐに突進してきました。
バナナアイス饅頭を食べるには1個30秒かかるとすると、
2人は、各々何個ずつのバナナアイス饅頭を食べることが出来るでしょうか。
2人の家は6km離れているとして考えましょう。

6MX78s.jpg

アッパ君は30km→60分を絵図化。この絵図を見て10等分し、3km→6分とわかる。
チュー太郎は同じ6分で2400m進む。
残り600mは1分30秒。
と考えました。

まだ学校で速さは習っておらず、独自の方法でやっています。
絵図で考えられているから、アッパ君の時速30kmから分速を求めることなく
3km→6分と出せているところがよかったなと思いました。
6MX81
2018-06-05 (火) | 編集
2018年5月16日(小6, どんぐり歴6年4ヶ月)
(6MX81, 正解)

小型宇宙船は4人乗りで火星まで行くのに4千2百万円ですが、
大型宇宙船は5人乗りで4千7百万円です。
22人が火星に行くのに、なるべく安くするにはどのように分かれて乗るとよいでしょう。

6MX81s.jpg

5人乗りの方がお得だからと、まずは5人乗りを多くして考えました。
これではきちんと分けられなかったので、4人乗りを一つ多くしました。
22÷5=3あまり7と書いているのは
絵図で5人乗りを少なくしてわざと人数を余らせて考えたことをそのまま式にしたそうです。
(式としてはこれでよいのかどうか…?)
ここからさらに減らして5人乗りは2機だとわかりました。

最近遊んで帰ってくると疲れている様子で、寂しい絵になっています。
6MX59
2018-06-02 (土) | 編集
2018年5月12日(小6, どんぐり歴6年4ヶ月)
(6MX59, 正解)

昆虫小学校には1周1020mもある広い運動場があります。
ジェットバッタ君は、この運動場を13分36秒で一回りしますが、
ノロノロ亀子さんは1時間42分かかります。
では、二人が同時に反対向きに1周するとしたら、
出発してから何分後に出会うことになるでしょうか。

6MX59s_20180601165830d0d.jpg

各々が6秒で進む距離を出し、その合計が850cm。
102000cmの中に850cmが120個。
6X120=720秒=12分
としました。
最初は少し悩んでいましたが、途中から鉛筆がさらさら動いていって答えが出たという感じでした。
Powered by . / Template by Alice. / Copyright 2012 Alice:どんぐり日記